ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

雑記

日記は三日坊主日記だと見にくかったので、以前の形に戻します。

震災から1年という事で、TVでバンバン当時の映像が出るのですが、俺は正直見ていられません。

文字通り街が火の海になり、水浸しになり、建物を壊していった光景をその場で見ていたのですが、父や親戚は雑誌を買って見たり、TVを見たりしていますが、あれを見てどうするんだといった感じです。

俺はブルーな気持ちになるだけです。

震災を食らってない人には、教訓として活かすべき事が沢山あるとは思うのですが(個人だけでなく国にも生かして欲しいが。。。)当時のぶっ壊れた建物や多くの死者が出た惨状を改めて見てどうするんだろう。

不思議に思い聞いてみました。

あの時何が起こっていたのかを知りたいからだ。

現地にいた俺らが一番それを知ってるじゃないかとツッコミを入れたくなりましたが、確かにボランティア目線、自衛隊目線から見たものは、新たな刺激になるのかもしれません。

その目線重視のものなら俺も見れるのですが、彼らはそうでないものも普通に見ています。

見たくないものが沢山出てくるので俺は見たくないなあ。

石巻の津波

これはうちからそんなに離れてないところの津波の映像なのだが、生きてる事が奇跡のようだ。

生きていて良かった。

拾った命だと思ってるので、この命を大事にしつつ、もっと大事に人生を送るようにしないと。

それを考えると、ブルーな気持ちになりつつも、どこか感謝の念で一杯になります。

だめ男から抜けるようにせねば。

広告を非表示にする