ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

雑記 金について

金について。

不食というか、太陽凝視をふとしたきっかけではじめるようになり、今までの世界観ががらりと変わった。

宗教に入ってないし、神はいないと思ってて、いたとしたら何でこんな世界にしたんだと、憎しみを持ってたほどなのに、神がいるのを実感できるようになった。

全てのものはひとつであり、全ては神であり、我々自身も神の一部である。

地球も生きていて、我々を愛している。

宇宙規模で見ても、我々は偉大な愛の波長の中で生きている。

宇宙との一体感を味わうと、波動?が勝手に色々と教えてくれる。

証明のしようがないので、そんな勘違いをしてるおかしい人と思って見てくれればいいです。

実際おかしいです。

それらがわかるようになると、金に関する価値観も劇変してしまった。

全てとは言わないが、現在の金のシステムは効率よく悪を生む仕組みになっている。

心よりも金が重視され、金のために戦争も起こる。

震災時が一番神と繋がる感覚が強かったので、震災を経てから金への欲望もふっとんでしまった。

株も副業も、仕事も止まってしまった。

でも、さすがにこれではいけない。

ついに貯金もなくなったし、お金を作らないといけない。

副業時代に出来た人脈から、ジェームススキナー氏の、金に関するセミナーの資料を頂いていたのを思い出す。

スキナー氏の本を読んだときの正直な感想は、目新しい事もないし、考えることが似ていて、さらに運動の仕方まで似てるので、なんか妙にライバル心が出てしまった。

でも圧倒的に違うのは、向こうは行動力もあり、実績もある。

俺はそんな気になるだけの、だめ男なのだ。

その金のセミナーの資料を印刷し、書いていく。

お金持ちになったら欲しいもの。したい事。

自分に対する欲がほとんど出てこない。

自分がほしいと思ったものは、サンドバックくらい。

例え億あったとしても、高級車はいらないし、豪華な家も興味ない。

物欲が皆無に近いし、理想の暮らしが自然豊かな場所で質素な家に住み、格闘技を習いながら、たまに美人とイチャイチャできればいいかなって思ってるので、それが維持できるほどの金があればいいや。

自分が欲しいと思ってるものは、ほとんどが自分の心の問題で、理想の自分になる事に一番の意味がある。

でも、欲の対象を勝手に自分以外に変えて書くと欄が埋まる。

日本を良くしたい。日本が思いやりのある国になってほしい。

親孝行のため、金がガッツリほしい。

自分の欲求だけど、対象が自分ではなく国だったり、親孝行の視点で考えると、活動のために金も必要になってくる。

だめ男という名前を使ってるが、だめと思えばだめが引き寄せられる。

できると思えば、出来るようになる。

あなたが稼げると思ってる額を書く欄があるが、俺は漠然と億はいくと思ってるので、○億と書く。

俺の妄想なので、何億書こうが大丈夫だ。

しかし、宇宙さんが困っている。

俺は億って書いてるのに、俺の理想の暮らしでは億が入る隙がない。

理想の家は今よりボロいくらいでもいいと思ってるし、贅沢に興味がないので、このまま金が入ったとしても俺の心がパンクしてしまう。

金が負だと思ってるから、負が入ってくる。

それがわかってるから、金が入らない。

それを変え、感謝と愛を持って受け取る気持ちを持ち、自分は出来ると思えた時に、新たな豊かさがくる。

考えを柔らかくし、稼げると思い、それを楽しむようにする。

俺が負に流されなければ大丈夫だ。

もっと欲を出していい。

そんな気がした。

山で瞑想だけの日々でもいいと思ってるが、これでは親が泣いてしまう。

金作りも頑張ろう。

広告を非表示にする