ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

3日目 小食 不食強化期間(21日間の予定)

簡易版

今日の飯

朝 なし

昼 回転寿司13皿 デザート3個

夜 なし

反省 対策 感想

昼間は結構しつこく誘いを断ったんだが、おごりなんだから頼む寿司付き合ってくれと何度も言われ行きました。

しばらく食わないで見てたのですが、おごりなんだから食えとせかされるのと、目の前で皿がバンバン流れるのみて、まあ いいかと思って食べました。

※断れない外食のみ可のルールでやってます。

どこでもそうだと思いますが、不食や極端な小食をしてると良い思いは絶対にしません。

人間関係で絶対にひずみが生まれます。

食べる行為は娯楽であり、付き合いであり、話し合いの場でもあるからです。

事実、俺は未だに理解を得られず、食べないというと、馬鹿なの死ぬのばりにボロクソに言われます。

これは会社に勤めても同じだと思うので、そういったものを叶える場所を探すのは難しい。

超金欠になりましたが、金作って独立するしか不食の道はないのではないだろうか。

山にこもろうものなら、家族からついに気が狂ったと言われ、家族のほうが狂うほど反対するのが目に見えます。

俺はエロなので性者だが、聖者は自然豊かで人が少ないところを選ぶイメージがあります。

その理由も今ならはっきりわかります。

自然はあらゆる面で澄んでいて、未知なるエネルギーが多く感じられます。

自然さんあざっす。

さて、寿司を食った感想ですが、空腹を感じないクリアな状態になると異様に鼻が効くようになり、体に毒だと思うものも、体が自然と反応するようになります。

寿司を一口入れるとくせええええええ!と思いましたが、これはクリア状態の場合はよくあることで、妙な違和感を感じますが、そのまま食い続ければそれは消えます。

どんどん通常状態に戻ったので結局食いましたが、全盛期は一人で30皿は食ってたので、食べる量は相当減りました。

しかし、食べたあとはだるくなるし、感覚もにぶくなるし、眠くなるし、いい事がない。

これが何時間も続くのもめんどくさい。

何も食べず、体が冴え、空腹を感じない時は、サンドバックをずっと叩きたいほど力が満ちるのに、

食べることが大変苦痛になってきた。

太陽、空気、宇宙からのエネルギー、あと地球内部にも光に満ちたエネルギーを感じる。

これらがあれば生きれる気がしてるが、食事量も超減ってきてるので、不食までいかなくても小食にはなれそう。

頑張ろう。

追記

眠気がずうううっと続くので寝る。22時に寝るのは久しぶりだ。

二時か三時には起きて作業をしたい。