ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

不食関係

不食について。

空腹は食料の摂取量では決まらず、心の持ち方というか、魂のレベルで決まると感じるようになっています。

腹が減らない時の状態も明確にわかっていて、ひたいがムズムズし、ひたいが目のような感覚になる。

体が光になったような気持ちになる。

宇宙との一体感を感じ、愛に包まれる感覚になる。

この状態の時は腹が減りません。

体調は絶好調になり、呼吸が異様に長く深くなります。

しかし、俺の場合は食べた途端この感覚は消えます。

すぐに体調を悪くし、動けなくなります。

空腹ではなく習慣で食べる。タバコをやめたくてもやめれない状態と似ています。

ブログは最近書いてませんが、以前書いたように、自分の日記は今までにないくらい書いてます。

反省文も最近は同じ言葉が並びます。

もう食べるな。もう勘弁だ。何もいい事がない。

体調が悪くなる。眠くなる。集中力がなくなる。とにかくいい事がない。

今日も空腹もなく朝昼を過ごした。

とても体の調子が良い。光の感覚の時は今までに感じた事がない程調子が良くなる。

今日こそ晩飯を食わないで過ごせる。食べたいとは微塵も思わない。

いつも母には料理を作るなと言ってるのですが、今日は父と母の分の食事が並んでいました。

おお、珍しく俺の分を用意していない。

食べないなんてバカな事を言ってないで食え、と 問答無用で並べるスタイルが終わったのかと安堵。

食事風景を見ると食べたくなるかもしれないので席を外す。

食べ終わった頃に団欒の時を過ごそうかと、茶の間に行く。

ん?なんかオカズが手つかずで残ってる。。。。

これ 母のだよね?なんで残ってるの?と言うと、お前のために作ったから残してるんだとの事。

ああ、やっぱり理解してもらえてなかったのか。

そう思うと同時に、その気持ちはとてもありがたいと感じる。

ありがたく頂いたが、ご飯食べるのキツイ。もう食べたくない。

心の中で感じる更なる高みに行くには、不食は通過点でしかない。

太陽凝視をするようになり、自然と感じれるようになったメッセージ。人間の可能性。

それらを自分の体で証明するためには、やはり俗世間から離れないといけないと再確認。

今のまま世間を離れたら親が悲しむだけなので、財をなして 息子の金の心配はいらない。と 経済的に自立をした姿を見せた後、山にしばらくこもりたい。

金銭欲皆無だったが、それも克服して最近は金が欲しいと思っているし、もう貰ってる気になって感謝してるが、その金は俺にではなくまず親に渡したい.。

金を渡した後、俺は山にこもり、今より質素な暮らしをして自分を高めたい。

広告を非表示にする