ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

不食ギブアップ!?

最近は不食の感覚が復活していて

腹が減らない。

呼吸が異様に長くなる。一呼吸30~50秒。

つばに力を感じるようになる。

光が液体のようなものに感じる。

酸素や水が異様にうまく感じる。

疲れにくくなる。

光に包まれ優しい気持ちになる。

宇宙との一体感を感じる。

ひたいが触られたかのようにムズムズする。

肉が死体の細切れに見え、飯はプラスチックのようなものに見える。

何より食べない時のほうが、エネルギーに満ちて活発に行動できる。

などなどがあるのだが、不食達成無理!

何回も書いてるが、我が家の親の理解を得るのは不可能だ。

食べないと言うと、馬鹿な事言うなコラー!みたいな勢いになる。

何度も食事に誘うなと念を押してから部屋にこもっても、飯の時間だと声をかけられる。

携帯にも飯だと電話がくる。

断ると親に心配されるか、ものすごい不機嫌にさせてしまう。

うちの親はオカルトちっく?なものは一切信じない。

不食の動画を見せてもやらせだと言うし、ゴリラが手を支点に回転してる動画を見た時も、作り物だと言われてしまう。

まあ、こんな懐疑的な親でなくても、子供がご飯を食べないなら、体を壊したか、これから壊すのではないかと思って心配するのはわかる。

そもそも、飯をもう食べないと言う事自体が、ネジが飛んでる発言なのだ。

それは重々理解している。

成功哲学に良く書いてあるが、家族や周囲の理解を得る事がないままでは、成功は難しいと書いてある。

まさに今の状況である。

朝と昼は絶対に食べないのだが、それは仕事に行ってるため、周囲からの誘惑がないのだ。

職場の人は俺が朝昼食べない人だと知ってるので、もう不思議がる人もいなくなり、そんなものだと思っている。

でも、我が家では絶対にそうならない。

今も食事は誘わないでくれ、せめて三日だけでも食事をとらないと言ったのだが、無理無理、野菜だけでも食えと言われる始末。

心配して言ってるので強く言えないが、ここで挫折しては意味がない。

一人暮らしをするようにして、不食を追及するようにする。

その為にも、やはりお金にピントを合わせないといけない。

しかし、お金にピントと言っても、お金そのものにピントは合わせない。

相手が喜ぶ事、自分が喜ぶ事をして、その結果お金がついてくるようにする。

その為の計画は出来ている。

あとは行動あるのみだ。

だめだめ男と言っていた以前と違い、今はちょっとは行動できるだめ男になっている。

行動し、楽しみ、相手も喜ばせ、その結果お金になればいい。

お金や結果よりも、自分の行動に注目してこなすようにする事。

ニート日記 ブログランキングへ

クリックして頂けると喜びます。

今の俺の原動力になってる言葉

・目標をやりきる事を決意しろ

・自分は出来ると信じて動け

・今の小さな積み重ねが未来を作る、故に小さな今も大事にせよ。

・昨日の自分に負けるな

・不可能を可能にする気持ちを持て

誰か似てるような事言ってると思うが、自分で自分を励まし動かす事を日々考えていて、浮かんできた言葉。

特に響いたものをノートに書いて眺めるようにしている。

広告を非表示にする