ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

修行148日目

簡易版

両親が遠方に数日行くとの事で、おお これは絶食できるチャンスと思い決意を固める。

肉は道路でひかれた動物のものを食べてる感覚になり、逆に果物などは生命をもらう感覚になってきた。



肉を食べると、なんか無念やら怨念までもらってるような変な感覚になる。
※何度も書いてるが俺は無宗教だし、動物肉否定派ではない


しかし、逆に果物は物凄い力を感じるようになった。

リンゴは種も含めて全部食べたくなるほど。


この小さな種が木になるほどの生命力を持つのかあと、芯も含めて普段なら食べない部分まで食べる。


進化の過程で、植物は食べられる事を自ら望む事で子孫を増やしたりしてきたから、食べられるのを良しとしているかも。

しかし、動物は生きれなかった無念のようなものがあるから、怨念みたいなのが感じられるのかも。


霊感とかないのであくまで感覚だけどそんな感じがする。


何にしても冴える感覚も戻ってきたので、断食してみようと思ったが、やっぱり不可能。

親戚が様子を見に来てくれて、親がいないなら寿司でも買ってくるよ。食べてよと言う。

いやいや、その気持ちだけでありがたいので何もいらないと言うと、きちんと三食食べないとだめだと言う。



さすが母の妹だけあって、食事の考えは母と全く同じ。

三食食べるのがよく、それ以外は体に悪い。

食べてもらうのが喜びである。




しかし、毎度思うが俺は色々な人におごってもらったり、ご馳走してもらえる。

そして食事は相手の気持ちも頂くものだと思ってるので、あまり強く断らず頂く。


今日はソーセージにチキンのフライを持ってきた。

ああ チキンは今の俺にはキツイ。

生き物そのものに見える。



何度も書いてるが、不食は空腹より周りとの関わり方のほうが難しい。

一人暮らしか自営業にでもならない限りは相当難しいんじゃないだろうか。



この流れだと食欲戻ってリバウンド必須になるかも。


ニート日記 ブログランキングへ




 

広告を非表示にする