ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

修行167日目

簡易版

今日も朝から腹が減らず絶好調。

このまま運動後のプロテインだけで生きれるんじゃね?と思うくらいに調子が良い。

空気もうまく水もうまい。

ここまで感覚が冴えるのは久しぶりだなあと思っていたら、ご飯食わないのかと親の声。

食わないと言うと、このまま何も食わないと死んでしまうみたいな事を、文字通り泣きそうな声で言われてしまった。

人は水だけで40日は生きれるっぽいし、2日3日で死なねーんだよ。

俺は自分の限界を見てみたいんだよ。甘やかすなよ。

死にそうになるのを耐えれたら、それはそれで己の成長になるんだよ。

と、心でクソっと思い若干イラっとしたが、息子が飯食わないと頭も体もおかしくなったと思うだろうし、客観的に見たら実際におかしいのは承知しているので、気持ちを落ち着け感謝とやけくそな気持ちをこめガッツリ食べた。

冴えてる時は何を食ってもまずい。

体が毒に感じてるので、食べた途端体調も悪くなるし、頭の冴えも消える。

両親はかなり尊敬していているし、人の悪口を言わない。

頑張りやである。

遊んでる姿を見た事がないなど、昔の日本人って感じの人なのだが、二つだけどうしても合わないところがある。

家がゴミ屋敷に近い状態である事。

飯を食わないのは体を壊すだけなのでたくさん食えと考えている事。

この二つだけはどうしても譲らない、説得不可能になっている。

俺は家が綺麗な方がいいし、物も少ないほうが良い。

断捨離の事を説明しても、うるせえええと、人格が豹変して話しを聞かなくなる。

ゴミ屋敷の住人が、片付けるのを止めるのと同じ状態だ。

片付けの利点を説明しても聞かない。

そういったTVを見せても動かない。

俺にとってはゴミやいらないものに見えても両親には宝なのだ。

でも、家族四人しかいないのに、お盆六個とか、バック20個、タオル100個以上。

庭も倉庫も物であふれている。

あらゆるものが過剰でいらなすぎる。

しかし、それ以上にいらないのが、ニートの息子のこの状態だと思うので、さっさと仕事決めねば。

ニート日記 ブログランキングへ

クリックして頂けると喜びます。

広告を非表示にする