ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

不食関係

最近不食の感覚というか、腹が減らない、体が冴える等々、色々な感覚が発達している。

臭いに超敏感になり、飼ってる犬の息で今日何を食ったのかまでわかったりする。

一階で肉を焼いている臭いが物凄い刺激臭に感じて、耐えられなくなり、二階にいる俺は扉をしめる。



しかし、腹が減らないから不食しているかというと、そうではない。


昨日も外食には誘わないでくれと言ったのだが、妊婦の妹はそんな事はお構いなしにしつこく誘ってくる。

おごるから食事に付き合ってくれ。



妊婦で普段引きこもりなので、俺がくると外食に行きたくて仕方ないのだ。

その気持ちを考えると、これ以上断るのも申し訳ない。

で、ラーメンかステーキハウスのどちらかになったが、ラーメンは今の俺には重すぎるから、肉にする。



で、ステーキハウスケンに行ったのだが、店が物凄くくせえええええええ。

別に店内が不衛生とかではなく、感覚が鋭くなりすぎて臭くてたまらない。


メニューはハードなものしかないものの、外食に来たのに食べないのは勿体無いな、という、長年の食生活から発生する欲のようなものが必ず発生する。


外食に行ったら、それなりに食べないと損だよなあ。



結局食べたけど、食べると冴えも消え、店内が臭くてたまらなかった感覚もなくなる。


でも、考え方を変えると、その食べないと損って感覚だったり、我欲を律して、目標に進める精神力を作るには、食事をコントロールするのはとても良いものに思えた。


これからは食べないと損をするではなく、食べない事で自分を律する事が出来て、その後は得をすると考えよう。





ストレスがたまると空腹とは関係なく、ドカ食いをしたくなる。

空腹は、心の状態も大きく影響し、ストレスが一切ない冴えた状態だとお腹が減らなくなる。

しかし、我欲や勿体無いとか、色々な思考が入ると、途端に乱れる。



不食達成には、ストレスなどに負けず、光?のような気持ちでいる心や、我欲に流されない克己心が必要に思う。


不食の感覚はかなり昔に掴んではいるが、周りとの付き合いが本当に難しい。



クリックして頂けると喜びます。

 
ニート日記 ブログランキングへ 

広告を非表示にする