ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

修行328日目

これをやると決める事は自分との約束をするという事である。自分との約束すら守れない人がどうして目標を達成したり、他者からの信頼を得る事ができるだろうか。

決意というのは決める事である。何が何でもやり遂げるというのは、必ずくるあらゆる障害も受け止め進む事である。だから決意するというのは勇気と根気、そして自分が出来ると思う気持ちが大事なのだ。

それを乗り越えた時、自信が身に付くのだと思う。

最近、不食の感覚が鋭くなりすぎて食いたいものがない。今までと違い食べると調子が悪くなり、食べないと人生で経験した事がないほど体調が良くなる。

でも、それを受け止め耐えるのは、意志力の弱い俺にはかなりきつい。

きついけど、俺はこれを必ずやり遂げると思ってる目標なので、障害を受け止め進む気持ちを持ちやり遂げるように。

今までと違い、デキル!と思う感覚が強くなってるのでこのまま目標達成できればいいけど、不食は目標の中ではスタートみたいなもので、その先の先まであるのでさっさと達成したい。




今日のだめ男の注目情報  一日に一人でも日本の危機に気付く人が増えますように。


http://news.nicovideo.jp/watch/nw825758?ver=video_q

【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は2日、フランス訪問を前にソウルで仏紙フィガロのインタビューに応じ、冷え込む日韓関係に関し「日本が欧州連合(EU)統合を見習い、態度を変えてほしい」と語った。聯合ニュースが報じた。

 朴大統領は「われわれは両国関係を未来志向の関係に発展させたいが、一部の日本の政治家らが歴史に関し、しきりに退行的な発言をするので遺憾だ」と主張。「欧州統合はドイツが過去の過ちに対し建設的態度を見せたため可能だった」と述べ、関係改善に向け日本がまず積極的な姿勢を示すよう求めた。

引用ここまで

日本と韓国は戦争をしていません。親日国では台湾が知られていますが、かつての日本は台湾よりも韓国のほうをより援助していました。その結果、韓国は著しい発展をしたのです。

慰安婦も売春婦で高待遇を受けていました。感謝される事はあっても恨まれる事などしていません。しかし、手柄は自分の物に、何かあれば他人のせいにする国民性のため、声を荒げず耐えるだけの日本人はかっこうのターゲットになり今日にいたります。

ベトナム戦争での謝罪を一切しないどころか、記念館まで建てる民度。他者にばかり責任を求める国民性なのを忘れてはいけません。


だめ男別館

このままでは日本各地がこのようになります。
http://www.hoshusokuhou.com/archives/33729186.html

いわゆる従軍慰安婦は単なる売春婦です
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/30475115.html

日本の「とりあえず謝罪」が通用しない理由
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33726135.html

日本は侵略した事などない
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33731981.html

弱者で居る方が世論誘導工作と権利要求できる
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33366226.html

在日外国人は母国に住む親戚まで扶養控除に取り所得税を0にできることを日本人は知るべき

http://ameblo.jp/hourousya0907/entry-11206531430.html


クリックして頂けると喜びます。

  
ニート日記 ブログランキングへ  

広告を非表示にする