ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

平和主義者が平和を壊す その1

平和主義者が平和を壊すというタイトルです。

まず参考に過去の記事を。

韓流と反日はセットである
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11712965120.html

簡単に言うと

韓流を国家の莫大な金で他国で流行らせて、韓流に親しみを持つ人を増やす。※主に日本。

その資金反日にも使われ工作活動にも使われる。

韓流に親しみを持つ人は、宗教にはまり向こうの国で悪い事をしたのだからとマインドコントールされ行方不明(せいどレイ)になる人や、反日活動を支持する人になったり、彼らの肩を持つようになったりする。

これは国家戦略である。



平和主義という名の洗脳
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11712963997.html

簡単に言うと

戦勝国が敗北国の歴史を変えるのは良くある事ですが、戦後教育によくある

「私は黙って
されます」
「もし攻撃されたら、無抵抗のまま痛みに耐えて死んでいきます」

などの言葉は敵国から見ると

我々が攻める時は、日本人は無抵抗のまま○されるべきだ。に化ける。

これらは日本を無力化させる教育の一端である。

詳しくはリンク先をクリックしてください。



俺が感じる世界というのは、円をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。




憎しみを抱くA国、B国があり、お互い憎しみあっていたとする。これは二つの円になります。




その円の中に自分が入る事はとても愚かな事で、その円の中に入らず愛と調和の心を持ち、人々を導く存在になるのが正しい事だと感じます。





にはそのような教えが見えざる存在から来ていますし、俺もそうだと思います。愛と調和は間違いなく正しい。暴力が正しい世界であるわけがない。




憎しみを受け止め愛で返す世界こそ正しいのです。この認識は今でも変わってません。
ほどお花畑な人はいなかったと思うし、人を信じ、万物を愛し、暴力を嫌悪しておりました。



そして、愛や調和は万能薬だと思っていました。




でも、最近は主に嫌韓の記事を書いています。大いに矛盾してますが、これには以下の理由があります。





自分からあえてその円の中に入っている。ただし円の中に入っても憎しみにとらわれない心が必要である。





その円の中に入ったほうがより多くの人を救える矛盾が今の日本にある。憎しみの円の状況が歴史的に見ても類を見ないほどイビツだ。彼らは自作自演をしても、憎しみを作り出そうとしています。




愛が届かない存在がいる事もわかった。これが一番苦しんだ事で今でも大いに苦しんでいるポイントですが、俺
以外の[何か]とやりとりする人も、似たようなメッセージをもらってるようで、改心しない悪がいるのを教えられています。
※この人も無宗教





圧倒的な善なる人がいる一方で圧倒的な悪がいるのです。
※何回か書いてるが上の上の世界?には善悪の概念はないっぽい。それと、本来人間は根底には愛がある生き物である。



しかし、全ての人が善で改善していくのなら、キリストは殺されていません。



キリストの愛の教えもはねのける、自己保身、顕示欲、様々な欲を持った人の心が愛を跳ね返し彼を殺しました。




愛は凄まじい力を持ってますが、決して万能薬ではないのです。


それは相手の心の状態によるのです。


※何かあると例にキリストをあげてますが、なぜか無宗教
にキリスト関係のメッセージが届きます。他の人のは来た事がないです。俺キリスト教信者ではないし、宗教嫌いです。俺の言葉が正しいと思う必要はなし、信じろとも言いません。


続く。

何回かにわけて記事を書き、最後あたりにコメントあけます。

 

ニート日記 ブログランキングへ