ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

不食関係

クリスマスは人生オワタモードの俺には無関係なイベント。



今日は久しぶりに市営のジムに行ったのだが、クリスマスでも孤独で、就活も全敗、貯金も尽きた文字通りのダメ男な自分に喝を入れようと、いつもよりも激しめに運動しようと決意して、体が動かなくなるまでを目安にやってみる。




これは何度かやってみたことがあるけど、筋肉痛が激しくなりすぎて二週間くらい筋肉痛とれないし、筋肉痛めすぎて筋力が落ちる気がする。




筋肉痛がひどすぎて日常生活にも支障が出る。



いいことはないのだが精神鍛錬には良い気がする。



このやる気を他にも生かせるとかなりマシになると思うのだが、ほかの分野でこの集中力が出ない。


とりあえず今日は下半身をやってみる。辛いと思ったところから無理クソ動かす。



限界がくると己の意志とは無関係に動かなくなるのだが、数秒たつと動くのですぐさま動かす。



それを繰り返してたら足が痙攣してきた。

ガクガク震えてる。

今までこんな事なかったのになあ、足ぶん殴って治るかなと軽く足をぶん殴ってみたのだが、足の震えが止まらない。



どれ、震えがとまらないなら、重りを軽くしてやってみようと軽くしてやったのだが、ガクガク震えてうまく押せない。



ここでやめるのも嫌なので、負荷の少ないスクワットに切り替えてなんとかやったけど、30分で相当キツイ練習が出来てよかった。吐き気が凄くてやめてしまったが、吐き気がなければもっと出来たなあ。



休憩を全く入れず、駄目だと思ったところから無理糞動かすので、あっという間に筋肉がパンパンになるが、俺はデブのまま。あー痩せたい。




話しが不食ではないところからはじまってしまったけど、我が家の敷地内の近くでネコが死んでいた。


役所の人が死体を回収したのだが、親が猫がいたところを掃除しろというので、わかりましたと塩を片手に掃除に向かう。


そこには何もないのだが、俺が食事を見た時のオエッって感じに似た嫌悪感を感じる。


猫肉は食った事がないが、猫も豚も俺の中ではあまり変わってなくて、生きた物を殺した死体の一部なのだが、死体を食べるってのにとても違和感を感じた今日だった。



食べ物ってよりは、死体そのものにしか感じず、安らかに眠りますようにとしか思えない。


何回も書いてるけど、俺は動物肉否定派ではないけど食い物に見えないなあ。

それどころか最近は、あらゆる食品がうまくない。

腹が減ってないからかも。



その代わり空気とか自然、宇宙がウメー。

頭おかしい発言だけど、太陽の光は液体のようなものに感じ、力をもらえる感覚になる。

宇宙に繋がると、呼吸は物凄いゆっくりになり、空気がウメー。

額がむずむずして、体もポカポカしてくるし、目の前に光が見えるようになってくる。



ここまでくると見えざる存在が語りかけてきそうになるし、体が絶好調すぎて気持ち悪いので、飯を食って体を濁らず。


この流れも変えないと。



見えざる存在に夢は叶うと言われるのだが、努力不足らしい。


俺もそう思う。夢が叶わない理由など努力が足りないだけなのだ。


間違った努力をしていても、それを継続する気持ちさえあれば、間違った努力を修正し、正しい道に導く力となる。


何よりも大事なのは自分を信じて、努力、精進を惜しまない事なのだと思う。


折れない気持ちがあれば、亀の歩みでも近づくはずだ。


※雪降ってるがいまだに暖房器具を入れてない。寒い!

クリックして頂けると喜びます。

  
ニート日記 ブログランキングへ  


本来なら今頃叶ってるはずの目標
リンク 器具の商品化と運動方法を広める。
家庭でジムの器具に負けないほど多種多様な運動を、安価で出来る方法を考えた。首から足先まで全身を鍛える事が出来る。腹筋や腕立てで、一回しか出来ない負荷も作る事が出来る。
方法は既に確立しているが俺がデブで説得力がない。進展なしだが、本当は今すぐにでも商品化したい。自分でも動くけど商品化か特許の話し来い><

リンク 痩せにくくなった体

不食達成
腹が減らなくなり、目標まであと一歩というか、既に食事はいらないと思える程進歩してると思うが、心と体は違う。
腹が減らなくても、習慣で体が求める。でも、目標達成まで一歩どころか半歩まで来てる気がする。空気と水がまじうまい。
リンク 不食状態メモ

本を出版
太陽凝視をするようになり、神を信じない俺が神のような存在から色々教わるようになった。
しかし、俺はそのメッセージに納得していない。日本は見えざる侵略をされている真っ最中で、滅びの道を歩んでいるのを知らない人が多すぎる。脳内お花畑が多すぎてこのままなら滅亡に向かう。
そんな考えの中、俺が見た神の世界と日本の危機を間接的に小説で伝えた本。日本の危機はどうでもいいと言う人も読める。
メッセージは直接ではなく、わかりにくいほど薄い状態にしてある。でも、そこには大事な事は全部詰め込んである。
現在出版社に見てもらう事すら不可能に近い状態。
20社以上声をかけて見てくれたの3社だけ。
電子書籍にはしてあるが、可能なら出版したい。

夕日に照らされて/だめ男
¥300
Amazon.co.jp


広告を非表示にする