読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

親不孝者とか言われるわけですが

職場では当然のように今までのことを聞かれるのですが、俺は嘘いつわりなく全て答えています。


ニートだったことや、大学卒業してることなど。


で、大学まで入れてもらったのに親不孝者だよね。

とか

引きこもって大学無意味だよね。



などなど、今までの生き方について色々言われるわけです。



それを聞く俺はごもっともですと思い聞いています。



人生は今まで自分がまいた種を刈り取るように、今までの生き方の責任は全て自分に返ってくるようになっていると思っています。




俺が親不孝な生き方をしているのは否定するどころか肯定しなければいけない事実であり、大学が無意味と思われるような生き方をしたのも事実です。



これを聞いて凹み、やる気をなくし、まわりはなんと酷いやつと思うこともできるでしょうが、俺は全くそう思いません。



親不孝と言われるような生き方をしてきたのだから、それを取り返すほどこれから精進していかないといけないぞ。気づかせてくれてありがとうと思いました。




まあ、さすがにグサリとはきますが、何度も書いてるように、そう言わせてるのは間違いなく自分自身なのです。



俺が立派な生き方をしてきたのなら絶対に言われない言葉なのだから、これから色々頑張ろうと思いました。



頑張ろうと思っても色々選り好みしてるので、長くニートしてしまってますが、夢ばかりを追わず現実も考え頑張るように。



そういえば出版社からメール来たのですが、相当詳しい出版業界の仕組みを説明した資料をもらいました。



簡単に言うと、今の出版業界は、持ち込みはほぼ本になることはない。それどころか見てもらうのも至難のワザとのことで、本になってる人は出版社からの依頼で本になるのか、著者が費用負担して本になるのがほとんどとのこと。




それを聞いてもなぜか夢が叶うと思えて仕方ないので、諦めずに頑張ります。


クリックして頂けると喜びます。

  



目標メモ

これにピントをあてています。


本を出版 内容リンク
ブログの右側に表示されてる作品。20社以上声をかけて見てくれたの3社だけ。その3社も恐らくまもとに見てくれてもいない。


可能なら出版したい。
神と繋がるようになり、日本の危機に感じるものがあり書いた本。小説ですが、神のメッセージは見えないほど薄くしてありますが、日本人へのメッセージが詰まっています。


本当は日本だけでなく世界に向けてもらったメッセージもありますが、まずは日本から目覚めが始まると教えられています。


.
気になった出版社さんがいれば、声をかけてもらうと喜びます。
夕日に照らされて/作者不明
¥300
Amazon.co.jp