読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

マスコミが報じない左翼のデモの実態。動員をかけられた組合員の方お疲れ様でした

おかしな憲法やお金の使われ方


労組の動員とはそういうもの。 


http://no-risu.iza.ne.jp/blog/entry/2447923/ 

一昨日、友人から「タダで東京行かないか?」と誘いを受けた。怪しい(笑)。聞いてみると、19日に東京で脱原発デモがあるそうだ。職場では希望者が集まらず、動員ノルマが達成できないとか。つまり、友人の会社社員を装って、デモに参加しろと言うわけだ。 

東京の明治公園で集会、後に代々木公園までデモ行進、自由時間無し、丸一日拘束、何が楽しくて貴重な祝日を潰さねばならないのか。no-risuは男らしく、きっぱりと断った。すると友人は言った。 


「日当出るよ、しかも結構な金額」 


・・・no-risuは男らしく快諾した(笑)。 


というわけで行ってきました、「太陽と風、大地、自然の恵みをエネルギーに!『さようなら原発1000万人アクション』」。 


明治公園に着くと、そこには人、人、人。入り口付近では様々な団体がビラを配っており、大学新入生のサークル勧誘並みにチラシが集まった。チラシは全部もらったが、とくに興味を引くビラは無し。革マル派の香ばしいビラが面白かった程度。 
            
公園を横切ろうとしたら、公園中央あたりで身動きが取れなくなった。人間の密度が高過ぎるのだ。仕方なくそのまま講演を聞いた。 

くそ暑い中、みっちり1時間、鎌田慧(ルポライター)、大江健三郎(作家)、落合恵子(作家)、内橋克人(経済評論家)、澤地久枝(作家)、フーベルト・ヴァイガー(FoEドイツ代表)、山本太郎(俳優)、武藤類子(ハイロアクション福島原発)らのありがたい話を拝聴。 

上空には絶え間なくヘリが旋回している。メディアだろうか。地上でもTBSクルーを見かけた。講演が終わり、各々が3コースに分かれ代々木公園を目指して原宿をデモ行進。公園の外にも、恐ろしい数の参加者がいた。 

主催者発表では6万人が参加したそうだ。多少はさばを読んでいるのだろうが、本当に6万人いたとしても信じられる光景だった。 


配られた資料によると、参加した団体は日教組、全水道、国公総連、森林労連、全印刷、国労私鉄総連、都市交、女性会議、部落開放同盟、社青同、その他民間労組、その他市民団体、NGO、生協、消費者団体、全労協、宗教団体、など。 


デモ行進の様子だが、驚いたことに大変お行儀が良い。先週12人の逮捕者を出した「9・11再稼働反対・脱原発!全国アクション実行委員会」の様なデモを想像していたため、思いっきり拍子抜けした。参加者は朗らかで愛想も良く、気持ちよく歩けた。 


主催者によれば、6万人の参加者の内、6割が労組(による動員)だったそうだ。祝日だと言うのにご苦労なこったが、デモが上品に進んだのもそのあたりに理由があるのかもしれない。 


日頃ボロクソに書いている極左団体の人間とも何人か話したが、思いの他人当たりが良い。デモに参加した同志だからだろうか。騙しているようで、何だか申し訳ない気分だ。 


初めて脱原発デモに参加して、色々と体験させてもらった。やはり、報道で見聞きするだけでは見えない部分が多い。デモの趣旨には賛同しないが、勉強させていただき感謝したい。参加者の皆様、お疲れ様でした。 


━─━─━─━─━─

日本共産党の「変質」を嘆いて、日本共産党を離党された方のお手紙を紹介しておきます。 



 私は4月10日に、日本共産党を離党いたしました。

 21歳で入党し、今日まで35年間日本共産党員として歩んでまいりましたが、日本共産党中央委員会の決定や方針と、私の考えに大きな隔たりが生じましたので、このさい日本共産党を離党することを決意しました。

 日本共産党を離れることは痛恨の極みですが、党中央委員会の諸決定や方針には承伏しがたいものがあるため、離党するものです。離党に至った最も大きな理由は、日本共産党中央委員会が「理論交流」と称し、人権活動家を弾圧する中国共産党と友好的関係を続けていることです。

 私はこれを批判しましたが、改善はもとより、まともな返答すらありませんでした。 中国の人権弾圧は、中国共産党の「一党独裁」を批判する勢力を暴力で封じ込めるもので国際的に批判されています。ノーベル平和賞を受賞した中国の活動家劉暁波氏は、2008年に民主的立憲政治を求める文書を起草しただけで拘束され、今も投獄されています。

 北京オリンピック前、朝日新聞は「五輪の囚人」という特集記事を組み、「中国の著名人権活動家である楊春林氏は拘置所で何日間もベットに手足を縛られたまま食事や排泄を強いられた」と書いています。この人権活動家を支援する中国の弁護士も拉致、投獄されていることを記事は詳細に書いています。このような凄まじい人権弾圧に対して、あろうことか日本共産党が批判を怠り、友好的な関係を続けるならば、日本の共産党も「一党独裁」を容認していると思われかねません。


 私は人権弾圧を行う中国共産党との「友好」ではなく、弾圧され投獄されている中国の人権活動家との「友情と連帯」を選びます。 2012年4月10日 吉野川市議会議員 高木純

 http://juntuusinn.sakura.ne.jp/imadokizennbunn.html</strong

 
  
      
    日本共産党に「チャイナマネー」が入っている可能性はありませんか?


 全ての日本共産党員や支持者の人たちは高木純氏の言葉を胸に刻んでください。そしてどうか、「日本共産党と距離を置いて」ください。 あなたが日本を愛する日本人ならば・・
http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11887665184.html
━─━─━─━─━─
もっと簡単に説明すると組合や共産だけでなく、国内の反乱分子の集まりと化しています。



動画説明。
なぜデモで日本語以外の言葉が飛び交っているのだ。





夫婦別姓 男女差別を無くす美辞麗句に潜む罠

http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38853069.html


反戦運動家の正体。
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/cat_1200487.html



危機に気付いた人はクリックお願いいたします。

  
ニート日記 ブログランキングへ