読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

「連合」をなんとかしろ!








660万人の組合員を誇る最強の集票マシンである「連合」を何とかしろ!連合は人権委法や外国人参政権を推進し莫大な組合費に支えられた草価以上に危険な売国組織。 


衆院選】苦戦予想される民主の“頼 みの綱” 連合、組合員家族にも選 挙・政治運動促す 2012.11.24 10:50 

民主党最大の支持団体、日本労働組合総連 合会(連合)の衆院選への対応方針が23 日、明らかになった。組織内候補も含めた民 主議席確保のため、組合員に加え、その家族 にも選挙・政治運動に主体的に参加するよう 促している。家族まで積極的に関与させる手 法が判明したのは初めてで、女性幹部による 選対部門も別に立ち上げ全面支援する。 支持率低迷で苦戦が予想される民主党に とって、連合による組織的な選挙活動は、政 権維持に向けた“頼みの綱”だが、こうした方 針を下部の組織まで浸透させるのは困難との 見方が強い。このため、連合は古賀伸明会長 と野田佳彦首相による二人三脚の選挙区行脚 なども検討中だ。 衆院選に向けた対応方針は、首相が14日 の党首討論で16日に衆院解散に踏み切る考 えを表明したことを受け、連合幹部らが議論 し23日までに決定した。内容は非公開とし た。 方針によると「民主政権維持のための議席 確保」を目的に選挙運動を展開するため、重 点支援する候補者の絞り込みを行うととも に、推薦候補の支援にあたっては「組合員の 家族への周知、浸透に取り組む」ことを申し 合わせた。 具体的には組合員の家族に対し、民主政権 の実績・成果をアピールし、政権継続の必要 性を訴える。さらに「家族が選挙運動と政治 活動に主体的に参加できる機会を作る」とし て選挙運動への参加を求める。一方で、家族 を動員した選挙運動が公選法違反にならない ようにコンプライアンス(法令順守)を徹底 することも確認した。 また、従来の国政選挙と同様に連合会長を トップとする総合選対委員会の設置を決定。 さらに、女性労組幹部を集めた選対部門「プ ロジェクトW」を別に立ち上げ、女性ならで はのきめ細かな視点で候補者のサポートや意 見具申を行うことも決めた。 連合が家族まで巻き込んだ選挙戦を展開す るのは、民主離党組で構成する「国民の生活 が第一」や、かつて民主と連立を組んだ社民 党への支持を画策する地方組織を引き締める 意味合いもある。 ただ、地方組織の中には「民主候補の推薦 はできない」と明言する幹部がいるほか、民 間企業労組幹部からも「一般の組合員に、政 権交代を目指した当時の熱気は全くない」な どの声があがっており、引き締めがどの程 度、功を奏するかには疑問が残る。 連合は26日、民主候補に対する本部レベ ルでの推薦を決定し、同党の安住淳幹事長代 行とともに衆院選決起集会を開く予定だが、 民主候補が選挙区にいるにもかかわらず、連 合本部に推薦申請を行わない地方組織が続出 

http://sankei.jp.msn.com/smp/politics/news/121124/elc12112410510019-s.htm 

連合HPよりふ 
(2010年度~2011年度)政策・制度要求と提言/重点政策 
6.民主主義の基盤強化と国民の権利保障 
(3) 2002年3月に政府から提出された「人権擁護法案」は、2003年9月の衆議院解散によって自然廃案になった。その後、自民党人権問題等調査会において「太田会長私案」が提示され、その私案を中心に議論が進められてきたが、いまだ議論は平行線をたどったまま成案を得るまでには至っていない。今後は、連合が参画している「部落解放・人権政策確立要求実行委員会」において取りまとめた「人権侵害救済法・法案要綱」が反映されるよう、これまでの議論経過をふまえ、法制定にむけた取り組みを進めていく。 


7.公正なグローバル社会の実現 
(1) 永住外国人は地域の住民であり、地方自治の本旨から、自治体選挙権(投票権)を与えるための法律を制定するまた外国人の地方公務員としての採用を拡大するとともに、管理職の登用について能力に応じて対応する。国家公務員についても、「公権力を直接行使しない職」等、基準を明確にした上で、採用を拡大する。 
加えて、住宅および職業訓練、児童手当など生活分野に関する公的支援制度について、外国語文による案内の配布等外国人も利用しやすい環境を整備する。 
(2) 国内に合法的に滞在し、就業している外国人が、滞在の延長、定住、永住等を希望する場合には、安定的に長期間滞在することを可能とするため、在留資格についての手続き簡素化・明確化、長期滞在制度を導入する。 

http://www.jtuc-rengo.or.jp/kurashi/seisaku/yokyu_teigen2009.pdf 


(2012年度~2013年度)政策・制度要求と提言/重点政策 

(1) 人権侵害に対する十分かつ迅速な解決と救済を目的とする「人権侵害救済法(仮称)」の制定を推進する。 
(2) 人権侵害からの救済を目的とする人権救済機関人権委員会)として、国に「中央人権委員会」、都道府県と政令指定都市に「地方人権委員会」を設置する。 
①「中央人権委員会」は国家行政組織法第3 条に基づくいわゆる「3 条委員会」として内閣府に設置する。また「地方人権委員会」の窓口は市町村とする。 
②上記「人権委員会」の委員と事務局は、その権限・責務・組織・活動の独立性・多様性・民主性を求めた「国内人権機関の地位に関する原則(パリ原則」に則したものとする。 
a) 委員は法曹関係者、学識経験者、NGO/NPOの推薦者、人権問題・差別問題に精通した人物などをもって構成する。 
b) 事務局職員は弁護士、国および地方自治体の職員NGO/NPO職員、労働組合関係者などから採用する。 


(1) 政府は、外国人の人権を守るため、以下の取り組みを行う。 
永住外国人への地方参政権(投票権)付与については、国民的な議論と合意の上で行う。 
②外国人の地方公務員としての採用を拡大するとともに、管理職への登用について能力に 
応じて対応する。国家公務員についても「公権力を直接行使しない職」など、基準を明確にした上で採用を拡大する。 
③合法的に滞在し、就業している外国人が、滞在の延長、定住、永住などを希望する場合には、安定的に長期間滞在することを可能とするため、在留許可基準の明確化と手続きの簡素化をはかる。 
④生活分野、労働分野に関する公的支援制度について、外国語文による案内を配布するなど、外国人も利用しやすい環境を整備する。 
http://www.jtuc-rengo.or.jp/kurashi/seisaku/yokyu_teigen2011.pdf 

連合組織一覧 

UIゼンセン同盟 1,055,276 
自治労 846,134 
自動車総連 765,694 
電機連合 609,494 
JAM 364,000 
日教組 279,577 
基幹労連 253,572 
生保労連 245,154 
JP労組 230,558 す 
情報労連 222,337 
サービス・流通連合 219,905 
電力総連 217,140 
JEC連合 158,409 
運輸労連 129,930 
私鉄総連 110,920 
国公連合 106,027 
フード連合 102,264 
損保労連 75,136 
JR連合 64,000 
交通労連 52,548 
JR総連 49,500 
海員組合 45,000 
ゴム連合 43,594 
サービス連合 42,500 
航空連合 35,756 
全自交労連 33,549 
紙パ連合 28,572 
全電線 27,886 
都市交 25,132 
全国ガス 24,876 
全水道 23,602 
印刷労連 22,069 
セラミックス連合 18,970 
全銀連合 15,626 
全国農団労 14,548 
NHK労連 10,330 
ヘルスケア労協 7,770 
労金 7,520 
建設連合 5,400 
全信労連 5,023 
全印刷 4,439 
労供労連 3,800 
労済労連 3,385 
全国ユニオン 3,300 
全国競馬連合 3,134 
自治労連 3,121 
全造船機械 1,710 
JA連合 1,298 
港運同盟 1,200 
全造幣 932 
全映演 493 
小計 6,629,843 

http://www.jtuc-rengo.or.jp/rengo/shiryou/kousei/index.html 






地方では外国人に既に選挙権を与えようとする動きが加速中。日本乗っ取りは地方から。



外国人に喜んで税金を与え、日本の痛みを伴うのもありと言ってる慈善お花畑さん達は、既に脳内の乗っ取りは完了され、優勝なコマとして活躍中です。完了してるのですから、本来の味方の話しは聞かず、相手側にたって行動します。外国人が住みやすく「日本人が住みにくい」日本にするために積極的に活動してくれています。


マザーテレサが疑問に思う日本の慈善。
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11794469474.html



日本乗っ取りはまず地方から!恐るべき自治基本条例! (SEIRINDO BOOKS)/青林堂
¥1,000
Amazon.co.jp
中国人の世界乗っ取り計画/産経新聞出版
¥1,404
Amazon.co.jp
「土地、企業、技術」の乗っ取りが加速 中国が日本人の財産を奪いつくす!/徳間書店
¥1,296
Amazon.co.jp
中国の日本乗っ取り工作の実態/日新報道
¥価格不明
Amazon.co.jp

乗っ取りはおまかせください!悪徳弁護士とその仲間たち ―スーパー・なの花ばたけを潰せ―/文芸社
¥1,080
Amazon.co.jp



クリックして頂けると喜びます。

  
ニート日記 ブログランキングへ