読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

「命の教育」なぜ効果がないのか

教育関係

佐世保で悲惨な事件が起きた。


最近の教師達の指導は甘い。 



こういう事件があると教師は「○○君の死を無駄にしないでみんなでがんばろう」「罪を憎んで人を憎まず」と呼びかける。 



「二度とこのような事件がなくなりますように」という市民運動もある。 



しかし数年後にまた似たような暴行事件が起きてしまう。 



先生らや市民活動家に「悪に対しては毅然と対処する」「悪いことをしたら罰を受ける」という視点がない。 



「何か対策していたのか?」と先生に問うと、「アンケートをとったが生徒が書かないからわからなかった。指導には限界があります」と腰が引けた事を言う。 



悪に対しては毅然と闘わなくてはならないのに、指導や監督が甘い。 



子供がグレたりイジメが増える原因は、こういった大人の甘さや頼りなさにあると思う。 



大平光代が「だから、あなたも生きぬいて」の中で壮絶いじめ体験を語っていた。 



彼女の周囲の大人は誰ひとり頼りにならなかった。先生も事の深刻さを理解せずにただニコニコしているだけ。親も先生も医者も含めみんな甘い。


見て見ぬふり。傍観者でいるのが平和と勘違いしている。悪と対峙する方法がわからない。悪とも思っていない。私達がお花畑と言ってる状況そのもの。



大人全部が彼女の思いを全く無視して勝手に決めつけて我慢を押しつける。正論を言うだけ。



正論を言うだけなら簡単。どんな時でも正論や綺麗事さえ言っていれば自己の心と加害者の心は救われる。でも被害者は痛い思いをする場合もある。



悪を見極め悪の対処を考えないといけないのに、全てが綺麗事で対処される。対処できれば御の字だが、対処できない痛みは被害者にくる。
 



生徒に興味が薄くて真剣に向き合おうとせず事なかれ主義で何も対処しない先生。何がどうなったのか真相を追求せずに体面だけを取繕う。いじめた生徒に対してもせいぜい「こらっ」で終わり。 



いじめた相手と形ばかりの握手をさせて「これで、仲直りや。よかったよかった」と一人納得する先生がいたりする。 


なんと無神経なんだろう。 


で「あいつチクった」でますますいじめは悪化する。 



不良少年自身も、「未成年だからどうせたいした罪にはならない」とわかっており、少年法に守られている、という事にあぐらをかいている。 


きれい事だけをいくら教えても無駄なのだ。 


もっと実情を踏まえた現実的な対処の仕方を教えるべき。 


それから、少年法には重大な欠陥がある。保護しすぎることで更正のチャンスを奪っている。 


加害の罪に対して罰も与えられていない。少年院には被害者への謝罪や贖罪をうながすためのプログラムや方法がない。被害者が、かけがいのない個人だということも意識されていない。 



少年を守ろうとする弁護士が登場し、「まずは更正して、心の歪みを正し、事の重大さを理解させ、真に反省させる。これが最大の償い」 「子供のプライバシーを守れ」だのを叫び、 「育ちが悪く不幸な子だったから、未成年だったから、アルコールのせいで正常な判断ができなかったから、更正と社会復帰を優先するべき」などなど、 被害者側の人間の気持ちを全く無視した意見を交わす。 



裁判所も犯罪者に制裁など加えない。むしろ裁判所は犯罪者を救う。罪を犯した人間に更正するチャンスを与える、と言う。

 


管理や指導や矯正が必要な場合もあっても、加害少年の保護者にも、そのような措置は行われていない。 



元々DQN家庭なので、開き直ったりするパターンもあるという。 


加害少年は被害者遺族の「怒り、悲しみ、苦しみ、恨み」などの心情を知らないまま、社会に舞い戻ってくる。 


これでは被害者の傷は癒えない。被害者は少年の成長の踏み台でしかないのか? 



遺族は、少年法という理不尽なカーテンのせいで、どんな少年にどのように殺されたのかその後はどうなったのか、事件の背景もわからぬままという事が多い。 



今の少年法には重大な欠陥があり、少年の健全な育成を阻んでいる。 


善悪の判断能力に欠け、無責任に権利ばかりを主張する人間を作っているだけ。 


少年犯罪の当事者の現状は、加害者は法に守られ、被害者は法外に置かれる。 


警察は未成年に対する配慮をし、裁判所も弁護士も少年を庇おうとする。 


よってたかって「なかったこと」にしようとしている。 


マスコミも事件の真相を掘り下げない。 


少年が犯した事件ということで、少年は刑務所には行かない。少年院でも更正せず罪の意識もない。反省していない。嘘もつく。 


民事訴訟はあるが、自己破産すれば逃げられる。払わなくても罰せられない。 


加害者側の親の誠意のない態度にも傷つく。 


「関係ありません。子供のしたことですから」と謝罪もない。 


世論も冷酷だ。 


子供を殺された親に対して悲しみにじっと耐えながら秘して物言わぬ像を求める。 


場合によっては「加害者も大変だ」と同情もする。 


「復讐してやりたいのか?金が欲しいのか?」「早く忘れて」「もう生き返ってこないんだからいつまでも…」と遺族を責める人もいる。 


被害者遺族はどれだけ無念なことだろう。気力やお金が続かなくて裁判するのも大変らしい。被害者は殺され損だ。 


「いかにして同様の被害が出ることを防げるか」というのも難題だ。 
結論を言うと防げない。 


実際の人間の中には、犯罪を繰返す全く更正しない悪人がいるから。 

そして社会の仕組みも法律もそういう現実に対応していない。更生しない人間がいるとは認めたくない。悪を見ようとしない仕組みがある。
 

少年法では、現状にあった裁きができない。このような悪法は改正するべきである。 


そもそも少年法がここまで被害者を置き去りにするのはなぜなのか。 


それは少年法のベースに「強者としての国家権力VS弱者としての少年」という構図があるからだ。 


裁判官と検察官が一緒になると少年は追いつめられ、冤罪も増えるといった類の、「国家権力に対する不信感をベースにした反対論」だ。 



イジメはないとする教師を最近よく聞くようになった。


「イジメは無い」とすれば対応する手間が省けるから。 


先生は忙しくて面倒くさいから見て見ぬフリをしたのか。 

違う。 

9条を守るとか君が代反対には教師生命をかけるのだから、 面倒くさがりではない。 


イジメの対応も、国家間の対応のまずさも、根底にある思想は同じなのだ。 


彼らには「悪いことをしたら罰を受ける」「悪に対しては毅然と闘わなくてはならない。」という視点が欠けている。 



しかし教育現場は「人権、平和、平等」「9条を守ろう。戦争反対」こんな類いの空言を言うばかりで、悪に対する闘い方を教えてはいない。 

「暴力はいけない。私は暴力しない平和主義者です」 

こういう事を言う人は確かに立派に見える。 

でも騙されてはいけない。 

9条を守る気はあっても人命を守る気はないのだ。 

例えば暴力をふるってくる人がいて、彼らはどうするかというと、何もしない。 

助けない。いじめも見て見ぬフリだ。 

いじめが発覚した時も教師は、『そんなんどうでもいいから』『君が我慢したら丸く収まるから』と言ったそうだから。 


kyouku

教師の対応と弁護士の対応は根本は同じところにいきつく。なぜなら悪と戦わない無抵抗主義を教えた9条を崇拝しているから。


いざとなったら死ねばいい。立派に思えるこの言葉。

しかし、殺人者も人を殺すが無抵抗主義も等しく人を殺す思考なのを多くの人がわかっていない。

守れるものを守らないのは、形を変えて人を殺している。これを受け入れてるのだから、形を変えて「罪なき人に」平和のために痛みを強要してしまう。


見て見ぬふりをする。悪と対峙しない。悪を見ない。綺麗なことだけ見続ける。その考えが日本を根本から壊していく。


やめてくださいの叫びを無視して犯され、痛いと叫びながら血を流す。「話し合い」「伝え」「お願い」しても無駄だった結果犯罪が起きていることも考えもしない。

人道的な話し合いが通じない相手だからこそ犯罪が起き、そのターゲットになっている人こそ、善良な信頼おける人なのに。

━─━─━─━─━─
貰ったコメントに納得

守る事と揉み消す事は違うって、まだ気づいていないんでしょうかね。殺人は子供のやったことだからと済まされる問題ではありません。それに高校生であれば人格もほぼ形成されていますし、その時点で問題を起こす人間が更生できるとは甚だ思えません。工場で不良品を弾くように、人間の不良品だって取り除かなければなりません。こういう体制は中国で腐った肉をナゲットに使うのと変わりありませんよ。



そんなことをいっても信じることが大事だと言うのが今の仕組みです。まったくわかってもらえません。俺のまわりは理解者皆無です。論破は不可能だと思ってます。何を知っても信じることが大事で返せますから。人間に不良品なんていないんですよ。殺すのが楽しい人だって不良品じゃなくて殺すのが大好きなひとりの人なんです。←オイオイ


論破不可能でしょうか?人情に訴えかけるのではなく人としての道理を優先すれば、未成年であろうと罪を犯した者は裁きを受けるのが当然と言えます。どちらか一方に加担するのは公平とは言えません。不良品を必要以上に信用したから同じ過ちが繰り返されているのでしょう?


そうなのですが、そういった意見を受け入れないのがお花畑なのです。似たようなことを言ってもダメでした。



正義が勝つと言うよりは、綺麗な言葉が勝つのが今の世の中です。我々はそれに対抗するすべはないので、地道に訴えるしかないのです。




理解者皆無です。綺麗事を言わない俺は悪人です。

  
ニート日記 ブログランキングへ  

城臺さん「武力で平和守るの?」←クリック


凶器で人命は救えないけど、武器は救うことができる←クリック



台湾人も疑問に思う悪を教えない日本の教育
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11783408214.html


大阪で行われる反日乗っ取り教育。教師が日本人ではない人多数
http://hosyusokuhou.jp/archives/38067726.html

天才が育たない日本の教育
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11866423464.html

教師の四割が生徒から挑発行為をうけた経験
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11891127322.html

更生プログラムがうまくいっても本当の被害者には?
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11906791077.html

反戦運動家の正体
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38130300.html

日本の中心は左派である
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38853022.html


メモ加害者と少年の人権 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/36737298.html

メモ「お節介弁護士を何人か撃ち殺してやる」 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/36737391.html

メモ身内が虐殺されても「死刑廃止」と主張できますか 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/36737519.html

メモ黙って殺されちゃえばいい 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/34294166.html