ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

不食や不思議関係

不食状態メモ  リンク

不食するようになってから起こった不調や変化 リンク




最近ものすごい食べてます。



と言っても一日一食ですが、正直腹が減らないのに食ってる一食なのでいらない。というかキツイです。



一食食べると倒れそうになります。眠くなります。動きが鈍くなります。



メシを食べても何一ついいことが無いなあというのが最近の感想です。




それと最近不食について語る人が出てきたのですが、俺は不食の行きつく先は皆同じだと思ってたのですが、かなり感覚が違うようだ。


向こうは俺と違い、本当に食べない人です。
http://ameblo.jp/danjikikakumei/



俺は食べてますが、食べない方が良いと思ってるのに、意志力が弱く食べてる人です。タバコの感覚に似ています。


いらないのに癖でほしくなる。



俺は不食の感覚になると(空腹がなくなる感覚)額がムズムズします。


呼吸が物凄い遅く深くなります。


空気がうまく感じ、目の前に光が見えます。


五感が異様に鋭くなります。


肉は死体で、他の食べ物はプラスチックのようです。



でも、果物や野菜は食べられて子孫繁栄するシステムだからか、食べても良いものに見えます。


生命エネルギーが感じられます。


宇宙との一体感を感じ、今までの人とは違う道にいってしまう気になります。


感謝が勝手に浮かんできて、この世の万物に感謝したくなります。


ここまでくると、無主教で神を感じていないどころか、神様を憎んでいた俺に「神を感じられる領域」が感じられるようになります。




しかし、他の人はそうではないみたい。


俺は何か特殊なのか。どうなのか。さっぱりわかりません。



ただ、この先に行くと、冴えすぎて耐えられないので、これを耐えるにはどうすれば良いかなあと言った感じです。



不食は理解者皆無です。


食わないと、お前バカなの?となるし、付き合いなどもあるので、意志力の弱い俺は食べてしまいますが、感覚は冴えてるので、近々達成したいなあと思います。


実家ではメシ食え食え攻撃くるので難しそうですが、それも試練ととらえ乗り越えよう。


  
ニート日記 ブログランキングへ  

広告を非表示にする