ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

就職試験でした

就職試験でした。


働いていた頃は早起きして運動。その後、水をあびて眠気ゼロにしてから、始まる時間の30分から一時間前くらいに会社に来ておりました。


眠気がないので朝から全力で動けます。



今日は家から片道1時間半くらいの場所で試験だったので、念のため始発で出発。


目的地に着いたらウオーキングして体と頭を起こす。


二時間近く歩いてから会場入り。



俺より早い人がいてもおかしくない時間に入ったのだが俺が一番だった。



朝は気持ちよく挨拶したいので、会社に関係ないような人にも「おはようございます」と言ったり、誰もいないような部屋でも「失礼します」と言って入る。



で、その後何人も試験予定の人が入ってきたのだが、ほとんどの人が挨拶しねー。


無言で入ってくる。


「おはようございます」と言いながら入ってきた人のほうがすくない。

妙な違和感を覚える。



で、今日は面接がなくクレペリン検査と作文、企業説明だけだったのです。


クレペリンはやってみないとわかんねーなあ。


でも、今日は物凄い頭がさえてるので単純計算は余裕だと思いたい。目の前に光や虹が見える時は異様に頭が冴える。


いつもやってるコレに比べたら大丈夫だろう。

8(max10)

瞬間計算力 クリック (10-2-3-0.3) 
23(max20) 

順番記憶  クリック
23(max38)

判断力と全体視  クリック


スタートの合図と共に書き始める。



答えを書いてる時に、既に隣の答えが「見えている」ので隙を与えず全力で書く。



全力過ぎて腕がいてー。まじいてえええええ。腕がつりそうだ。


頭の答えに腕が追い付かねえええ。


最後まで書いた人いますか?って言ってるけど、コレ最後まで書ける人いるのか?特殊な教育受けた人以外無理じゃねーの?



俺は考えるより先に答えを書いている状態だったので、早さに自信があったのだが、最後まで一回も書けなかったので雑魚なのだなあと意気消沈。




で、次に作文だったのだが、腕を酷使しすぎてうまく書けねええええええ。



俺の字はくっそきたないのですが、いつにもましてきたない。



読まれもしない漫画ってあるじゃないですか。ゴチャゴチャしてるやつとか特に。



俺の今日の作文はマジそれ。読む気を無くすほど醜い。見にくい。


ああ、これダメだわと思い今日の予定が終了。



で、終わったなと思い歩いていると後ろから「すいません」と話しかけられたので物凄いビビる。


「おおっ」と思わず声が出たが会場にいた人だった。



クレペリン検査物凄い早かったですね。たぶん会場で一番早かったですよ」


「そうなんですか。夢中になってたので他の人のことわかりませんでした。結局一回も最後まで書けなかったので雑魚だと思ってたので嬉しいです。ありがとうざいます」


話してみると同じ歳で転職活動を頑張ってるそうだ。


お互い落ちると思ってたのだが、受かったらこれからよろしくお願いしますと言って家に着く。



しかし、俺は腕がヤバイ時にこう考えていた。



クレペリン検査がクリペニ○に見えるほど脳内ピンクの俺は、今まで常人には考え付かないほど右手で「握る」作業をしてきた男ではないか。



その握る力を今度は鉛筆にやどし書くのだ!マスをかいていた力を数字をかく力にしろ。まじ腕いてえええええええええ!





俺はムッツリの真逆のドエロです^^

  
ニート日記 ブログランキングへ  




広告を非表示にする