ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

不食や不思議関係

最近飯を食うのが本当にキツイ。

これは糖尿病になってしまう。

体の負担が以前とはくらべものにならない。

食べると体調が悪い状態が6時間近く続く。

運動してダルさをとるのだが、毎日1時間から3時間は運動してるが、運動するのもめんどくさい。

運動しすぎて膝がいてー。

何も食べずにボ~っとして過ごしたいのだが、何も食べなくても大丈夫な時は、絶好調過ぎて頭おかしくなりそう。

ツバに物凄い力を感じる状態になるし空気ウマー。

今日は久しぶりにハムを食ったのだが、見ただけでオエー、あとピンクの色が人工的な色に見えて、食べ物に見えない。なんかのジャンクフードと似た感覚になる。


でも、食べ物なので感謝して食べる。人間のために犠牲になってくれた命は無駄にできぬ。ありがとう。

食った途端オエーとなるが、食べていくうちにその感覚が消えるので、そのまま食べる。



腹は減らないのだが「頭が冴えすぎて宇宙や神様に繋がる感覚になり、光が見えてきておかしくなりそうになる。ツバに力を感じ、額に目がある感覚になる」

って人を他に見たことないなあ。

これがもうちょっとだけ楽になれば、あっさり不食できそうな気がするが難しい。


最近は食いまくってるのでリバンウンドした。

食いまくってるといっても、以前の1/3も食ってませんが、体重80kgになってしまった。

本格的に食事減らさないとやばいかもしれない。

今の俺には負担がデカすぎる。


「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年/マキノ出版
¥1,404
Amazon.co.jp
食べない人たち (「不食」が人を健康にする)/マキノ出版
¥1,404
Amazon.co.jp
人は食べなくても生きられる/三五館
¥1,404
Amazon.co.jp
「食べない」生き方/サンマーク出版
¥1,512
Amazon.co.jp

広告を非表示にする