読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

【やっぱ黒だろ】たかじんの嫁の話しを見ました

追加記事です。

たまたまライブドアニュースでこんなのを見ました。


たかじんの妻が既にイタリア人と結婚していた
http://news.livedoor.com/topics/detail/9461515/

二股発覚たかじんの妻
http://news.livedoor.com/article/detail/9462327/

まとめサイトにもあった。
http://www.news-us.jp/article/408876394.html


多くの人は嘘をつきます。しかし、悪質な嘘とそうでない嘘がある。


彼女がいるのに彼女がいないと言って、他の女の場所に寝泊まりする男がいたらどう思う。



生活の基盤となる部分に嘘があるなら、他も嘘で塗り固められるのは必然だぞ。





なぜなら基盤が既に偽ってあるんだから、行動すればするだけ嘘で塗り固められたものになる。



既婚男性が独身のふりをして、女性とラブラブになっても純愛とは言わない。逆の泥沼劇である。俺が下に書いたやつあってるんじゃないだろうか。莫大な嘘で塗り固めたのでは。



結婚してない「かも」とあるけど、せめて親しい彼氏がずっといたことは言うべきではないだろうか。




以下 過去記事
━─━─━─━─━─

タカジンの嫁さんには良くない噂が付きまとっているのは知っていました。

しかし、俺は詳しく見たことがない。

よくない噂があると認識していただけ。





で、普段TV見ないのですが、TV見たら物凄い感動する作りになっていたのです。


本人だけでなく、まわりからも入念な取材をして、これは事実であると確信できる作りになっていた。



見た人は感動したと思うのですが、すいません。


やっぱり俺は頭がおかしいので、みんなが右を見てる時に前後左右を見て判断するようなことをしてしまいます。


事実です。と言われたら 本当なのか?と自分でいったん考えてしまう。




番組で結婚しても男女の関係が一度もなかったとされていました。たかじんの体が弱っていたからだそうです。


そうなんだ。純粋なんだなと皆思ったでしょう。

でも、ちょっと待って。

番組内でたかじんは嫁さんがいる時に浮気してるの見つかってますよ。しかも数回。嫁さんがいる時は、肉体は「現役」ですよ。




パンツを脱いで待ってるからね。と浮気相手が言ったのを聞いて、さらに浮気後の姿も目撃している。現役バリバリです。




そんなバリバリの人が、好きで好きでたまらない人と常に一緒にいて抱かないなどありえるか?泊まり、触れ合い、一緒に住んでもしないなどあるのか。ここでイエスと言う人がどれだけいる。




普通なら好きでたまらない人を抱いて、浮気相手とは縁を切るものだ。いつも一緒にいる好きな嫁を抱かないで、嫁を騙し怒らせても浮気相手を抱くのはおかしい。

好きなら好きなほど抱きだいだろう。一緒に住むようになれば、やらないほうが不自然だ。



番組では浮気相手とは複数関係があるように作ってあったが、それなのに嫁と出会って「一度も関係がない」のは無理があるだろう。ここが本当に気になってしまった。これがなければすんなり入ったかも。




あと、これは向こうの国に詳しい人しかわからないと思いますが、私達が空想でフィクションを書くように、彼らはびっくりするほど「優秀な」ノンフィクションのようなフィクションを書くのです。




彼らは空想で書いているようで、頭の中では事実になっています。空想か事実かわからなくなっている。日本人は信じられないかもしれないが、そういった精神的な疾患が確かにある。



※このリンク先の下部にあるばあさんの話し。連行されて日本に来たと言ったら、息子が連行されてないだろうと突っ込む。しかし、ばあさんはまわりが知ってる。お前は愛国心がないから嘘をつくと言い、自分の中の嘘の世界が真実のものとして暮らしている。
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33514018.html




俺が見たのは天皇制や、日本の縄文から現在にいたる歴史について書いていたのを見たのですが、びっくりするほど本物に見える偽物なのです。優秀すぎて身の毛がよだってしまった。



それは本ではなくブログに書いてあるものだったのですが「物凄い量の物語」がきちんと現在に繋がるように書いてある。ここまで嘘を書けるのかと思えるほど、本当に凄い量を書いている。



でも、俺がこれを嘘と見破れるのは、本当の歴史を知っているから見破れるのであって、何も知らない人がみれば、それが事実になる。



書いてる本人はもちろん事実として書いているのだが、それを信じて紹介している人もいた。




日本人にはおよそ考えられない、優秀な嘘の物語を本当の物語として「莫大な量を書いていた」のを見てしまっているので、メモも本当かな?と思ってしまう。遺産は寄付したとあるが、寄付の先でもまた考えが変わる。


韓国 日本の歴史歪曲非難の攻撃材料に明治時代の錦絵を選ぶ
 日本の「歴史歪曲」にはうるさい韓国が、次の攻撃材料に選んだのは何と100年も前、明治時代の錦絵だっ..........≪続きを読む≫



日本の「歴史歪曲」にはうるさい韓国が、次の攻撃材料に選んだのは何と100年も前、明治時代の錦絵だった。『明治日本の錦絵は韓国の歴史をどう歪めたか』と題された約200ページの冊子には、1870年代後半から1890年代半ばまでに日本で描かれた65点もの錦絵を掲載。

※アメーバニュースにも似たような記事が。そう。莫大な量の嘘を用意し、自分にとって得なものに作り変えていく。日本人にはない性質を確かに持っている。

ここで書いても無意味なのですが、吐き出したくなったのでなんとなく書きました。



  
ニート日記 ブログランキングへ