読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

追加)平和主義者が平和を壊す 番外編

平和主義者が平和を壊す

リンク 過去記事




命の大切さや平和を願うだけでは、自分の身を守ることはできません。 

以下は、平和憲法さえあれば戦争は回避できると信じ込んでいる平和ボケ日本人を憂う、良心的台湾人のお言葉です。 
チベットウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い/まどか出版
中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い/まどか出版
¥1,575
Amazon.co.jp


台湾人医師の直言  (転送転載自由) 林 建良 
第2章 台湾から見た日本および日本人      
争いを避けたがる日本人に平和は守れない 
6、博学にして無知な日本人 
●被害者に命の尊さを説教する? 日本に来て一番感心したのは、日本人の知識の高さであり豊かさである。日本の一般庶民が、台湾の庶民に比べて豊富な知識を持っていることに驚かされた。ごく普通のおじさんやおばさんでもかなりの教養を持っていて、文化、芸術、文学など、いろいろなことについて知っている人が少なくない。 








 私は栃木県の片田舎で生活しているので、まわりには農家の人が多い。そこには俳句や短歌を作っているおじいちゃんやおばあちゃんたちがいて、彼らはよくその作品を私に見せてくれる。なかには、絵を描いているお年寄りもいて、その絵をもらったりもする。話をしてみると、国の経済状況にしろ社会状況にしろ、それなりの知識を持っていて、私の知らない話をよく聞かせてくれる。 









 日本に来る前から、日本人は本を読むのが大好きだと聞いていた。実際、日本に来て本屋をのぞいてみると、思っていた以上に出版されている数が多いのに驚かされた。あらゆる分野を網羅し、手に入らないものはないのではないかと思い、日本人は出版物には恵まれていると感心した。 










 おそらく日本人は、世界のどの民族と比べても知識の点では最高水準にあるのではないかと思われる。しかし、なぜか非常に幼稚とも見えるところがある。無知に近い、あるいは無知と言っていいような現象を見聞きすることが多い。 










 私がよく予防注射に行く栃木県今市市(現日光市)内の小学校で、一年生の女の子が殺害されるという事件が起こった。何とも酷い事件である。 










 このような事件が起こると、学校では決まって全校集会を開き、子供たちに命の尊さを説教する。しかし、これは異様な光景だ。被害者になっていたかもしれない子供たちに、命の尊さを説教するということにどういう意味があるのだろう。








子供たちに命の尊さを説教するのは滑稽としか言いようがない。命の尊さを説教するなら、犯人にすべきなのである。子供たちに教えるのは、いかに自分の身の安全を守るか、それだけだ。 


※俺)お花畑思考は自然に被害者と加害者を逆転し、とるべき行動も逆転させる。身を守ることを教えることは、戦う気持ちを教えることになるため、今の日本ではタブーの考えとなる。




また、人を疑うことや信じないこともよくないこととされる。彼らにとっては、人は本来全てが善なのだ。すなわち防衛意識がないどころか、それは暗に封印されるべき考えになってしまっている。それが日本をおかしくし、身を守る意識をなくし、悪を助長している。



本来善のはずの人が、悪なる行為をしたのだから、よほど辛いことがあったのだろうと、加害者のほうを過剰に擁護する。何かのせいしてまでも擁護する。




しかし、日本の安全を守る弁護、司法、福祉、教育こそがそういった思想の最高峰である。乗っ取られていることを吟味したとしても、9条信者が増えるのも納得なのだ。






●人間の善の面ばかりを強調しすぎる日本の教育 
 日本の戦後教育を見ていると、人間の善の面ばかりを強調して、悪の部分には触れたがらない傾向が強い。まるで童話の世界を見ているようだ。しかも、それは幼い者に対するほど顕著で、制約を極力なくして、本能的な部分を尊重しているようだ。







かつて小児科も担当していた私から見れば、これは子供の動物的部分を放置するようなもので、教育の放棄でしかない。 






 たとえば、個性の尊重を強調する。しかし、人間はそもそも自己中心的なので、教えずとも本能として個性を発揮する。学校教育というのは、自分の個性だけではなく他人の個性を尊重し、社会のルールを守ることを教える場だ。それを、個性や自由といった本能に類することを教えるというのだから、これが学校教育と言えるのかどうかはなはだ疑問だ。 







 また、幻の平和と反戦を吹聴する一方で、正義感と冒険心を意図的に子供たちから取り除こうとしている。そして、決まって命の尊さを説教する。子供の悪に相当する動物的部分を放置しながら、正義感と冒険心を抹消しようとするこのような日本の学校教育は、偽善的で偏っているとしか言いようがない。 






 そもそも、子供が善の存在だというのは幻想にすぎない。子供にも悪の部分はある。だからこそ躾が必要なのであり、さらにこの世には善もあれば悪もあるという現実を子供に教えるべきなのである。





悪の存在を教えないような教育であれば、当然ながら悪に向かっていく正義感も育たない。また、我が身を守る心構えも育たないのである。 





 このような教育はつまるところ、子供に迎合して教育しているのである。知恵のある者が知恵のない者に合わせて教育しているということである。こういう教育の現状を見てしまうと、これは無知に基づいてやっているとしか思えないのである。 




 私は地域診療のかたわら、地元の小学校と中学校の学校医も務めている。日本の教育は子供に媚びる傾向が異様に強いように感じている。 






 子供を無垢で善な存在と考え、それに基づいておこなわれる個性尊重の教育は、結局、教育現場の崩壊をもたらしているが、これは教育責任の放棄以外のなにものでもない。





なぜなら、それは人間は本来、善と悪を兼ね備えている存在であることを無視しておこなっている教育だからである。結果として、人間の悪の部分を矯正することを放棄し、善を伸ばすこともできないのだ。 






 子供を善の存在とする教育思想は、子供の悪の部分を放置して助長してしまう。


※悪の助長。俺と似たようなことを言ってますが、悪を否定する、考えない、そんな考えこそ悪が増える原因にもなる。平和主義者が平和を壊しているのだ。それは教育も例外ではない。




修身の教育に見られるような心の教育を、日教組やお花畑が否定し、心の教育が日本から姿を消した。その結果、学級崩壊などを招き、教師の首を教師自身で絞める結果をもたらしている。





今、苦しんでる教師は多いはずだ。おとなしく授業を受ける。迷惑をかけない。それすら当たり前にできない子供が増えている。しかし、その原因こそ、元をたどれば自分たち教育界がもたらしたものだ。教師自身が修身に見られる教育の復活を望む日が来る時、日本は劇的に変わるはず。



国民の修身/産経新聞出版
¥1,050
Amazon.co.jp




実際、私の診療室に、親に対して命令形で話をしたり、バカと怒鳴りつけたりする子供を多く見かける。このような子供たちがどのような大人になるのかは、成人式での新成人の悪ふざけを見れば想像がつく。 





 なぜ賢いはずの日本の大人はわからないのか、台湾人の私は理解に苦しむ。いや、わからないはずがない。戦前の日本人は子供に媚びるような真似はしなかったという。しかし、現代の親や教師にとっては、個性の尊重を楯に、子供に媚びる方が楽だからだろう。 







●知識やデータは蓄積できても、発言は許されない? 
 ところで、国家レベルから見れば、日本はありとあらゆる世界情勢に関するデータを持っている。日本の繁栄はこれらのデータによるところが少なくない。 
 先にも触れたように、二〇〇五年一二月八日、民主党前原誠司代表(当時)がアメリカで中国の軍備増強について脅威だと発言したことがあった。当たり前のことを指摘したにもかかわらず、民主党内からは鳩山由紀夫幹事長をはじめ前原発言を非難する声が相次いだ。 





 一二月二二日、今度は麻生太郎外務大臣が閣議後の記者会見で、中国の軍備増強について「軍事費が一七年間、一〇パーセント以上伸びている。その内容はきわめて不透明だ。かなり脅威になりつつある。前原氏の『脅威、不安をあおっている』という言い分は確かだ」と発言したところ、山崎拓自民党幹事長が「脅威と言ってしまうと、対処しなければならなくなる」と批判した。 









 もちろん中国は、前原発言にも麻生発言にも、根拠のない中国脅威論であり、「中国の発展が、日本を含むアジア各国に大きな発展のチャンスをもたらすなど、地域や世界の平和に貢献してきた」と、中国の軍備増強は日本の発展にも貢献したと嘯いて反発した。 








 この前原代表や麻生外相のケースに現れているように、日本では、いろいろなデータをそろえ、いろいろな知識を蓄積することは許されているが、その知識やデータに基づいて発言することや行動を起こすことは許されていないようだ。つまり日本では、研究するのはいいが、行動を起こしてはいけないことになっているようなのである。 






 世界では殺人、戦争、権謀術数、裏切り、闘争、資源の争奪などさまざまなことが起こっている。しかし日本では、このようなことは映画やドラマの世界の出来事と片づけ、まるで存在しないかのように考えて「臭いものにフタ」をしているように思われる。日本人を見ていると、そのようなことが世界で起こっているとは考えたくもないというふうだ。 













 これは、ある外交官から聞いた話である。 
 外国人新聞記者が外務省の高官に「もし万が一、台湾と中国が戦争になったら、日本の外務省はどのような対策をとるのか?」と質問した。これはきわめて現実性の高い想定で、当然、対策はあるものと思って聞いたのだそうだ。すると高官は「われわれはそのような事態を発生させないように努めている」とだけ答えたという。 










 それだけだったので、その記者はもう一度「もし発生したらどうするのか?」と聞き直した。すると高官は「われわれはそのようなことは考えたくない」と答えたというのである。※今のお花畑日本人思考そのものである。危機は起きないか、起きると考えることすら悪になるのだ。










 確かに、外交官としては事態が発生する前にその芽を摘み取っておくのが役目と考えての発言だったのかもしれない。もちろん、それが外交官としての役割なのだから理解できなくもない。しかし、「考えたくない」とはどういうことだろう。発言の影響力を考えて「仮定の話には答えられない」と言うのならまだわかる。しかし、外交の最先端にいる外交官が考えなくて誰が考えるというのだ。 








 実はここに今の日本が透けて見えるのである。日本人には、世界で現実に起こっている戦争も殺人も暴動も略奪も「考えたくない」対象であって、映画やドラマという虚構の世界に押し込めてしまいたいのであろう。 









●戦争の想定すらできない日本人 
 では、日本人は軍事学や世界情勢について無知であるかというと、決してそうではない。私が知っている自衛官にしても軍事マニアにしても、恐ろしいほどの軍事知識を持ち、世界情勢の分析も的確で、私はいつも感心しながら拝聴している。しかし、この知識を行動としてどのように活用するかについてはほとんど考えていないようだ。 








 たとえば、中国と日本の兵器などの戦力をよく知っている日本人に、「万が一、中国と日本が戦うときはどうするのか?」と問うと、途端に口が重くなって、まるで貝のように口をつぐんでしまうのだ。 








 このように、知識に基づいて事態を分析・予測して行動に移すということが日本ではタブーとなっている。そこで思考を停止してしまうのである。それゆえ、起こっていても、見て見ぬふりをし、起こりうると予測される事態であっても、非現実として考えないようにしているのが今の日本だと言ってもあながち間違いではあるまい。 











 それが冒頭に述べたような教育にも現れ、殺人事件があるたびに、学校は身を守るための行動については教えず、命の尊さを説教するだけに終始してしまうのである。また、自国の将来に関わる防衛をどうするかという問題では、戦争の想定すらできない日本人が増えつつあるのである。 









 おそらく大方の日本人は、日本が核兵器の脅威にさらされたとしても、かたくなに「非核三原則」を守るつもりなのかもしれない。しかし、前原誠司氏も指摘したように、すでに中国の核ミサイルは日本に向けて配備されているのである。これも「非現実」の事態だというのだろうか。 











●いつまでも学生気分に浸っている日本人 
 日本に長くいればいるほど、日本人全員がずっと学生でいるのではないかという感じが強くなってきている。日本人全員が毎日、一所懸命に勉強しながら学校生活を送っているような思いにとらわれるのである。学校のキャンパスにいれば、学内で多少のいざこざがあっても、学外で起こっている陰謀や殺人や戦争からは保護され、仲間や先生に認められればそれでよしとして満足しているのである。 












 その点で、今の日本人は殺害された小学校一年生の女の子のようにも思えてくる。学校では一所懸命に勉強しているが、自分をどう守るのかを学校では教えてくれないし、自分もその術を身につけていない。学校のなかなら先生や仲間に守られているが、一歩、学校から出れば守ってくれる人はいない。 










 今の日本はアメリカに守られているが、アメリカが手を引いてしまえば、学校から一歩出た女の子と同じような立場に立つ。しかし、日本はどのようにしたら自立できるのかといった議論は、すぐに封じられてしまう。実行はおろか議論さえもまともにできない国なのだ。 








日本をどう守るか、日本の置かれている状態はどうなのかなどについて、日本人はよく知っている。しかし、有事の際はどうするのか、どのように対処するのか、そのようなことについては立ち上がろうとしない。日本が集団的自衛権を実行できないでいるのも、これが原因していると言ってよい。 







日本人は知識を持っている。しかし、学校で学んだ知識のように実際には役に立たない知識かもしれないし、そうでなかったとしても、使おうとしない知識であれば、いくら博学でも無知に等しいのである。
-----------------------




日本の平和主義者=お花畑は平和主義者ではない。


まだ詳しく書かないが、この考えは日本独自と言ってもいいくらいの、ひどく曲がった平和主義モドキなのだ。



でも、もちろん当人達はそう思っていない。



彼らは、人の醜いところはみたくない器の狭い人である。



それを受け入れることもできないほど現実が見えず、理想を重視する人である。


たとえ目の前に改善しない悪がいようとも、それが悪だと認めることすらできない。


それを考えることすらだめだと思う人だ。






改善しない悪がいた場合はどうするか?信じ続けますと言うか、もしくは善なる日本人が苦しむことが解決策になる。




悪の対処を教える思考は皆無で、悪を受け入れ改善させることにしか興味がない。




要するに現実より理想を重視して考え実際に動く。



しかし、その考えだと、実は簡単に平和は壊れる。



性善説は大変素晴らしい。俺も人間は本来愛を持って生まれてくる素晴らしい存在だと思っている。



しかし、そのお花畑集団の中に改善しない圧倒的悪意を持つ者が加わるとどうなるか。




正しい対処の仕方がわからず、食い尽くされるだけになる。







この場合は悪によってお花畑が一方的に苦しめられる。


しかし、無抵抗主義なのでそれすら仕方ないと考えるのだ。








国際社会は善悪で動いているのではない。損得で動いている。



世界は悪の理論で動いている。
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11911421705.html


その中で愛や思いやりこそが最強と思っている日本は、武装集団の中で、笑顔を振りまいていれば助かると思っているお花畑になっている。もっと危機感を持つべし。



地政学名言集

一、隣接する国は互いに敵対する。 

二、敵の敵は戦術的な味方である。 

三、敵対していても、平和な関係を作ることはできる。 

四、国際関係は、善悪でなく損得で考える。 

五、国際関係は利用できるか、利用されていないかで考える。 

六、優れた陸軍大国が同時に海軍大国を兼ねることはできない。その逆も然り。 

七、国際政治を損得で見る。善悪を持ちこまない。 

八、外国を利用できるか考える。 

九、日本が利用されているのではないか疑う。 

十、目的は自国の生存と発展だけ。 

十一、手段は選ばない。 

十二、損得だけを考える。道義は擬装である。 


十三、国際関係を2国間だけでなく,多国間的に考える。 

十四、油断しない。←これを学べ日本人 

十五、友好,理解を真に受けない。 

十六、徹底的に人が悪い考えに立つ。 


十七、科学技術の発達を考慮する。 

「国家に真の友人はいない」 
 -キッシンジャー 

「隣国を援助する国は滅びる」 
 -マキャべリ 

「我が国以外は全て仮想敵国である」 
 -チャーチル 

「危険が身に迫ったときに逃げ出してはいけない。かえって危険度が倍に膨らむ。決然として立ち向かえば、危険は半するであろう」
 -チャーチル 


対洗脳・情報操作に対する十箇条

1. 与えられる情報を鵜呑みにするな、まずは疑え。

2. 自分の頭で考えている気になるな、殆どの場合無意識に誘導されていると思え。

3. 数字に騙されるな、数字でも悪意があれば操作する事は可能だ。統計ってやつは算出方法次第で操作できたりするんだ。

4. 過去に目を向けろ、必ず今と繋がっている。

5. 皆が一様に同じ結論、意見に達したときは、情報操作もしくは悪質な誘導、最悪洗脳されていると考えろ。

6. 事象、問題点、結果を箇条書きで抜き出せ、そして関連付けろ。

7. 耳触りの良い言葉ばかり言う奴は信用するな。そいつは下心を隠している。

8. 強硬論をまくし立てる奴は単なるパフォーマンスでやってるだけだ。バックに居る誰か、もしくは何かから目を逸らす目的があると考えろ。

9. 正論ばかり述べる奴には気をつけろ、禅問答になる。

10. やばいと感じたら直ぐに逃げろ。それと逃げ道の確保を忘れるな。



過剰に擁護し、過剰に信じ、過剰に愛を与えることこそ、悪を育て、自分で考える力をなくし、打たれ弱い国民を作っていく。
-だめ男


日本人は赤の部分に対応できない。もしくは赤の部分の人になっている。




正論ばかり述べる人は、気をつけろと言いたくなるほどやっかいな存在になっているのを自覚すべし。




性善説を信じつつも、何度も言うように警戒と用心、そして守る気持ちを持たないと、自分の命どころか国も、大事な人も、子供も守れない日本になる。





俺は今の平和な日本を壊したくない。それはお花畑と工作員以外共通の願いのはず。




もっと日本を愛し、自分も国民の一人と認識し、まわりの人にも優しく出来る気持ちを持ちつつも、有事の際には大事な人を守る男らしい人でありたいなと思います。








平和主義という名の洗脳 クリック
覚醒度NO1は別サイトの 韓流がなぜ"駄目"なのか、>>1が淡々と教えてやるスレ
http://blog.livedoor.jp/doyasoku2ch/archives/13904808.html


危機に気付いた人や納得した人はクリックして頂けると喜びます。