読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

日本を乗っ取られないために

信頼が大事と言う人は無自覚の敵の駒である

DARKNESSさんのブログから部分転載です。

日本人の大きな利点は、逆に大きな弱点になる


韓国は異様な国家であるということが誰の目にも明らかになっている。この国は、激しい勢いで日本を憎み、日本をけなし、日本を乗っ取ろうとしている。

「日本を乗っ取る」というのは、常識的に考えれば不可能のように思われていたが、最近はそれが難しくないというのが理解されるようになりつつある。

日本人は和を好み、協調に生きる民族なので、組織に入ったら必ずトップやリーダーの言うことを聞く。それが極端なまでに徹底されているのが日本の特徴である。

その組織の結束力は、まさに世界でも最高峰であると断言できる。だから、トップが有能であれば、日本の組織は世界有数の集団になれる。一致団結して、目的に邁進するのである。

ところが、この日本人の大きな利点は、逆に大きな弱点になってしまう。

話は簡単だ。トップが間違えてしまったら、歯止めが効かなくなって、全員玉砕になってしまうのである。

それだけではない。トップが乗っ取られてしまったら、その組織の上から下までが、日本にとって有害な組織として機能してしまう。

政治が乗っ取られたら、その政治家が日本人に牙を剥く。
宗教が乗っ取られたら、その信者が日本人に牙を剥く。
経営が乗っ取られたら、その経営者が日本人に牙を剥く。
市政が乗っ取られたら、その市長が日本人に牙を剥く。
教育が乗っ取られたら、その教師が日本人に牙を剥く。
報道が乗っ取られたら、その新聞が日本人に牙を剥く。

日本を守るためにどうするのかという問題

今、日本人は外部から韓国の反日で攻撃され続け、内部からは組織を乗っ取られて浸食され続け、居場所を失いつつある状態なのだ。

日本人は自分たちを守ってくれる組織が皆無であることに気づき、呆然としているところなのである。

不幸中の幸いは、日本人が日本を乗っ取られつつあるということに「気付いた」ということであり、気付いたからには日本人の多くがこう考えるようになる。

「何とか体制を立て直さなければならない」
「日本の国益を優先する組織を生み出さなければならない」

これは、政治の問題ではない。日本人として日本を守るためにどうするのかという問題である。日本人である私たちがどう生き残るのかという問題なのだ。

政治界・財界・宗教界・教育界・報道界のすべてが乗っ取られようとしている今、日本人がどのようにこれを転換させることができるのか。

まだ気付いていない人に、私たちひとりひとりが全力で「こんな状況になっている」というのをまわりに教えていかなければならないし、ひとりひとりが日本人の誇りを守るために行動しなければならない時期に来ている。

すでに既存の組織が信用できないものになっているので、あらゆる分野で、信用できる組織を新しく設立するか、既存の組織の中で戦いを挑むかしなければならない。

乗っ取られた組織を取り返す必要もあるし、二度と乗っ取られないように対策を打つ必要もある。その上で、反日攻撃を仕掛ける国家に対抗しなければならないのである。

日本は、目覚めるのだろうか。それは、あなたが今の状況に危機感を覚え、行動できるかどうかにかかっている。


全文こちら

http://www.bllackz.com/2014/05/blog-post_12.html

━─━─━─━─━─

darknessさんのブログからです。

現在進行形で日本は浸食されている


日本の組織の多くはすでに乗っ取られているのだから、自分の意思を明確にすることによって、人生を奪われる可能性すらもある。

日本を裏切る人間がトップに立てるように、事態は着々と進行している。あらゆる組織で、この「乗っ取り」が粛々と行われていて、現在進行形で日本は浸食されているのだ。

トップを乗っ取ることはできれば、日本人が1億人いようが何だろうが関係ない。日本を簡単に押さえることができる。

日本人は組織に従順であるという特質によって、それこそ1%が99%を支配することが可能になっていく。

日本人は1億2000万人もの人間の言論を押さえることなどできるはずがないと思うかもしれない。言いたいことを言えない社会を、今の日本人は想像もできないはずだ。

しかし、中国の13億人にはまったく言論の自由がないのは誰でも知っている。

中国政府はマイクロブログの監視者だけで200万人を雇っていると2013年10月に明らかになったが、政府が本気になって言論封鎖しようとしたら、それは可能なのだ。

政治・経済・言論・教育等の日本の中枢を乗っ取ることによって、日本人の言論は封鎖されることになる。

すでに現在は、反中・反韓の人間は各分野でトップになれない。そんな人間は排除される。そのような動きが加速しているのだから、もう日本社会は極めて危険なところにまで到達していると言ってもいい。

そういった組織の乗っ取りが日本の国内で着々と進行しているので、日本人は閉塞感にあえいでいる。

事態の進行に気付いている人は気付いているが、何も気付いていない人は何が起きているのかまったく分からないままでいる。なぜなら、内部工作は「分からないように」行われているからである。

そして、何もできないまま領土を毟り取られる


もう日本人は今までのように「人類みな兄弟」などと馬鹿げたことを言っている暇もなければ余裕もなくなった。

今、日本が大事だと思う日本人は、まさに日本崩壊の策略やワナが次々と進められていることを、きちんと理解して生きていかなければならなくなった。

自分たちの社会が「内部侵食でやられている」という認識を持たなければならないのである。現実を見るというのはそういうことだ。

場合によっては、自分の会社のトップが乗っ取られているというのを自覚しなければならない。残念だが、私たちの隣にいる人が、日本を破壊しようとする工作員ではないとは誰にも言えなくなってしまっている。

もう、他国に対してすべて八方美人でいたり、誰も彼も無条件に信用したりするような牧歌的な時代は終わっている。

あからさまな反日国家とは距離を置き、敵対的なスローガン戦争や内部侵食のワナと、きちんと戦わなければならない時期に入っている。

見て見ぬフリをするほど、日本の中枢・組織は蝕まれていくことになる。そして、何もできないまま領土を毟り取られる弱体国家となり果てる。

日本人の1億2000万人が自分たちの国が窮地に落ちていることを知れば、そういった内部侵食はすべて弾き飛ばすことが可能だが、そうならないように世論は分断されている。

テレビを見ても、そんな事態になっていることはNHKすらも教えてくれない。

テレビは何かを教えてくれるどころか、バラエティ番組で私たちを衆愚化するツールにすらもなっているので見る価値もなくなった。きっと、日本人が目覚めないように、わざとそうしているのだろう。


日本は美しいと思ったり大事だと思ったら成功できないのが今の日本社会。
自分の国の社会を大切に思ったらいけない社会など、どうかしている。


全文こちら

http://www.bllackz.com/2014/05/blog-post_19.html




━─━─━─━─━─

相手が有害だと思ったら、勇気を持って切れ


相手が素性や気質を騙しており、自分にとって相手が有害だと思ったら、勇気を持って切らなければならない。離れなければならない。関わり続けてはならない。

グローバル化の時代になって、日本人も海外の人々との関わりが増えていく。

もし、「人を信じる」を貫くのであれば、「その代わり、騙されたら徹底的に切る」が徹底できないいけない。そうしないと、日本人の善意や気質は、徹底的に利用され、貪り尽くされ、搾り取られていく。

日本人の気質は外国人に手玉に取られやすく、騙されやすい。日本人はカモにされやすい。

また、日本は技術大国にも関わらず、なぜかスパイ防止法がないので、企業のみならず、政界にも、教育界にも、財界にも、芸能界にも、多くの外国人スパイが侵入して来る。

彼らは無理をしない。自分の所属する企業や組織から、重要なデータにアクセスし、盗むことができるまで、ずっとそこに潜伏したまま過ごしている。

1年、2年単位ではない。10年単位で所属することすらもある。時が来るまでずっと目立たないで普通に暮らしている。しかし、時が来れば一気に動き、奪い、場合によってはその後、音沙汰もなく消えて行く。

日本人は、まさか自分の知り合いや同僚や社員が恋人や妻が、犯罪者やスパイだとは考えない。目の前の人を疑うことは、考えることさえ失礼だという認識がある。

「人を信じることにしている」というのは、日本人にとっては美徳である。だから、しばらく和気藹々と普通に話ができると、もう信用してしまう。

普通なら、それでもいい。しかし、それなりの地位、職業、重要技術にアクセスできる人間なのであれば、そんなナイーブだと足元をすくわれる。

現代は、情報を中心とした「戦国時代」である


重要な役職にある人が下記のように考えていると、いずれは深刻なトラブルに巻き込まれる可能性がある。

(1)相手がスパイや犯罪者だとはまったく考えない。
(2)自分のまわりはみんな善意の人だと信じ込んでいる。
(3)近づいてくる異性を心から信じてしまう。
(4)潜入工作があるとは思わない。
(5)裏切り工作があるとは思わない。
(6)心が通じれば裏切られないと信じている。
(7)昔からの知り合いは信用できると信じている。

人を信じるのは美しい心だが、「なりすまし」が跋扈し、スパイが跳梁し、明確な裏切りと策略が渦巻いている今、日本人はかつての戦国武将並みの考え方と眼力が必要になりつつある。

現代は、情報を中心とした「戦国時代」に入っており、多くの日本人もやっとそれに気付くようになってきた。

この深刻な事態の中で、元公安調査庁第2部長の菅沼光弘氏も、このように言っている。

「日本では、閣僚や官僚などの身元調査が徹底していない。『首相官邸での閣議の内容などが1時間後には中国に伝わっている』との情報もある」

どこにでも、スパイがいるということだ。あなたの隣の冴えない人が、そうかもしれない。

重要なのは、いくら用心しても完全に防止できないということだ。日本人のような格好をして、日本名を持ち、日本語を話していても、相手は「なりすまし」なのかもしれない。それが、今起きていることである。

だから、せめて「いったん騙されたら徹底的に相手を切る」くらいはできていないとならない。これは、全日本人が覚えなければならないルールでもある。


全文こちら
http://www.bllackz.com/2014/11/blog-post_8.html 

━─━─━─━─━─
覚醒度NO1は別サイトの 韓流がなぜ"駄目"なのか、>>1が淡々と教えてやるスレ
http://blog.livedoor.jp/doyasoku2ch/archives/13904808.html


日本の「とりあえず謝罪」が通用しない理由
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33726135.html

シャープとサムスン 恩を仇で返す韓国
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33768480.html

日本は絶対に韓国に勝てない理由 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33514018.html 


危機に気づいた人はクリックして頂けると喜びます。