ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

マザーテレサが日本の慈善に疑問を呈す

海外在住のやんみさんの記事がわかりやすかったので一番下に張り付けました。海外に住んでる方が日本のおかしさに気付いているのに、日本人自身がおかしさに気付かず外国人に富を与えまくっている。おかしい人は自分がおかしいと気付かないと言うが本当にそうだと思う。

━─━─━─━─━─

ここから









「自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、他人によく思われたいだけの偽善者である」 



「大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、目の前にある人に対して、愛を持って接することだ」 




「日本人は他国のことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります」 



「愛の反対は憎しみではなく無関心です」 
日本人は日本のことに無関心すぎる。それは憎しみ以上の痛みを呼ぶ。


マザーテレサが言った言葉らしい。マザーテレサも俺と似たようなこと言ってたんすか。なんか嬉しいです。



アンドリューカーネギーマザーテレサという、歴史に名を残した偉人が俺と似たようなことを言ってたので自分を褒めよう\(^o^)/俺すごい!キャッ。


他の偉人の言葉

ヘレンケラー
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11966699611.html






福沢諭吉
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11898603068.html






アンドリューカーネギーの言葉
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11777962336.html



と言いたいところだが、これだけ生きてれば一つや二つ似た思考があってもおかしくないし、生き方がカスなので瞬時に鎮火と沈下。思考が似ていてもダメで行動力を似せないと意味がない。人生は行動ありきなのだ。



1981年4月来日時 に黒柳徹子に放った言葉らしい。 


共産党(←察し)浜田裕介が「あったことのない何処かの国の人殺しも、 僕の家族も、命の価値はまったく一緒です。」



自分の地元の幸せなんて、 どうでもよくない? 僕の親は、自分の家族の味方はぜったいするな! 自分の家族の利益は、一番最後に考えろ! って、ずっと教えてきました。高校野球とかでも、絶対地元を応援するなといいました。 地元ってだけで、よく吟味もせずに味方するのは、 とても危険なことだと、ずっと教えられてきました。」 



とか「目の前に溺れている二人がいて、外国人と日本人だったら、外国人を先に助ける。」とか言ってた。 





まさに無抵抗平和主義の形を変えたお言葉。なんと平和に満ちた愛の言葉。とても素晴らしい人格者なのでしょう。と思ったあなたはお花畑です。




上に書いてあることは、日本を犠牲に他国を助けろと言うのを形を変えて言ってるだけ。日本の利益より他国の利益ありきの言葉ですよ。




身近な人を応援しないでどうするんですかねこの人は。家族愛を言ってるように見えて、えらくひん曲がってるように見えます。家族より他人助けるんですかね。




最後に命の重さまで外国>日本になってるのは素晴らしいオチかなと思います。でも、間に受けやすい人はこれを鵜呑みにして自覚のない工作員になってしまう。言ってることそのままの人が結構いるはず。




移民を受け入れるよりは、国内の少子高齢化と雇用の改善が先。外国人に税金使うなら日本人が先。移民の改善を考えるなら、国内の犯罪者の改善が先。




さらに言うなら学校と家庭と企業の環境をよくするのが先と俺は思います。国の根幹は教育だと思ってるので俺的には教育メインが良いですが。教育は家庭とも繋がっていますし、家族団らんに繋がるかなあと。





身近なところからやっていきましょうよ。なんで身近なところではなく外国に行くの。外国の困ってる人を助けることで、国内の真面目にやってる人は痛い目を見ます。





それは治安悪化。雇用の悪化。賃金低下。税金の流れのおかしさなど色々な問題をおこします。もう既にその兆候でてると思うのですが、身近なところからというのは、俺も全く同じ意見です。



おかしな税金の使われ方の例  以下青文字リンクになってます。

留学生はお金をもらえるのに、日本の学生は奨学金で借金です。



在日外国人は母国に住む親戚まで扶養控除に取り所得税を0にできるんですか。どれだけ金をぼったくれるのですか。実質調査不可能ですか。



母国にどんな財産があっても生活保護受給できるんですか。日本の貧しい人にまわしてくれませんか。



日本の子供手当ても外国に流れるわけですか。



年金までも外国に流れてるんですか。




他にもおかしいお金の使い方がありますが、これを全部国内に循環させれば教育、子育てにかかるお金は劇的に安くなるはず。



それは家族のお金と時間のゆとりも作り、親の働きやすさにも繋がる、それは経済の成長にも繋がる。子供が育てやすいなら人口も増えていいことだらけだと思います。




なんで外国の方が金もらって勉強できるのに、日本人が奨学金で借金なんですかね。国内に居続けるとは限らないし、大事な技術を海外に持っていくリスクもあるのに。




語ればキリがないほどおかしいものがありますが、それを「身近なところから」に視点を変えると平和にも繋がるかなと思います。








外国人のお手伝いさんとか言ってますが、既に国内に家政婦サービスがあるのは誰も注目せず、主婦を助けようとする仕組みを作ろうとする声もあがらない。遠くばかり見ていて身近なものが見えなくなりすぎだと思うのです。







他国にやっても感謝もしないで、逆に日本を攻撃するための費用にしてるところまであるのですから。






━─━─━─━─━─
偽善者は素晴らしい約束をする。約束を守る気がないからである。 それには費用も掛からず、想像力以外の何の苦労も要らない。 
フランス革命省察エドマンド・バーク原著より 


「斯る愚民を支配するには、とても道理を以て諭すべき方便なければ、ただ威を以て脅すのみ。 西洋の諺に愚民の上に苛らき政府ありとはこの事なり。 此は政府の苛きにあらず、愚民の自ら招く災いなり。 愚民の上に苛き政府あれば、良民の上には良き政府あるの理なり」福沢諭吉
※簡単に言うと愚かな民がいるところには愚かな政府があり、言ってもわからないので道理ではなく威嚇で動かす。災いを招くのは政府ではなく民自身が招いている。賢い民がいれば政府も賢い。政治の質は国民の質です。


悪い人間に親切をすると二度ひどい目にあう。金を失って、しかも感謝されない。テオグニス


盗人に追い銭

盗人に物をとられたうえに,さらに銭を与えてやること。損の上に損を重ねることのたとえ。

人々の多くは、環境を改善することには意欲的ですが、自分自身を改善することには、ひどく消極的です。ジェームス・アレン


人に好かれようと思って仕事をするな。
むしろ、半分の人には嫌われるように積極的に努力しないと良い仕事は出来ない

白洲次郎



人生は キミ自身が決意し貫くしかないんだよ 
岡本太郎



俺と似たようなことを言ってる人を偉人を沢山見つけた!ありがたい。これを見てから慈善のカオス編見ると感じ方が違うかも。



慈善のカオス編。
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11881837106.html

━─━─━─━─━─

やんみさんのブログから※都合で文字数削減
http://ameblo.jp/nonbirisiyou/entry-11918807978.html



日本人の血税で行われている【特亜留学生優遇政策】


http://nippon-end.jugem.jp/?eid=710


拡散希望】留学生利権問題について

特亜留学生優遇政策‐1


【中国人留学生への優遇実態】 
1) 奨学金 
 月額142,500円 (年171万円)


2) 授業料 
 ▽国立大学 
  全額免除 
 ▽公立・私立 
  文科省が負担 
  (年52万800円:現時点)


3) 渡航旅費/航空券支給 
 (例、東京―北京:111,100円)


4) 帰国旅費 
 奨学金支給期間終了後、所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給(渡航旅費と同じ)


5) 渡日一時金支給 
 25,000円


6) 宿舎費補助 
 月額9,000円または12,000円 (年14.4万円)


7) 医療費補助 
 実費の80%支給


上記、1)~6)の合計額は年262万円。4年間いるとして1048万円。 
しかも、返還不要。 
この日本人を蔑ろにした上での異常優待がなぜ勝手に決められ、問題視されないのか。


留学生総数を10万人として計算すると負担総額はいくらになるか。10万倍してみるといい。



特亜留学生優遇政策‐2


日本政府は今後、中国人留学生を30万人に増やすつもりだ。 
貸与の奨学金すら支給されず、大学や大学院への進学を断念する日本人が多くいるなかで、この優遇はなんなのか。 
誰がこんなバカなことをやらかしているのか。



中国人・韓国人などには簡単に生活保護とか留学金が出るのに、日本人には出ない。



日本政府は今後、中国人留学生を30万人に増やすつもりだとか・・・。
変換義務のある貸与の奨学金すら支給されず、
大学や大学院への進学を断念する日本人が多くいるなかで、この優遇はいったいなんなのか・・・。  


-------------
こんなことを聞いて怒らない受験生・学生はいないと思います。(もちろん、その親も・・・ちなみにうちの息子は今年受験生です)

ぎりぎりであれば韓国系の進学が優先されるのですから・・・。
やっと入学しても奨学金一つ当たらない日本の学生は、ほんとにかわいそうです。

奨学金は中国人留学生の生活費として流用されていますので、日本人には昔の10%くらいしか当たらないということですもの。




 

留学生には生活費から授業料まで、日本の税金で保証される。 
日本人からは授業料をとるくせに・・・
これこそ完全な逆差別ではないのでしょうか。
 

こういった話ばかりで、もう税金を払うのが馬鹿馬鹿しくて・・・。

もうすぐ日本で博士号を取った韓国人中国人が大学などでも幅を利かせるようになり、日本で莫大な費用を費やした重要な情報を、当たり前のように「愛しい祖国」に流出させていく様が今から目に浮かびます・・・

━─━─━─━─━─
弱者救済ビジネス。被害者救済ビジネスで一番被害にあっているのは、真面目な日本人である。本来ならその日本人こそ助けなければならないのに

弱き者を救いましょうの言葉によって日本人差別は横行する。

-だめ男