読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

父が亡くなり49日突破

しばらくブログ休んでましたが、父が末期癌で自宅療養中でブログの更新が出来ませんでした。



父が亡くなったのですが、今までのお礼を言うことも感謝を言うこともできなかった。




なぜかと言うと、余命は家族の反対にあい告げることができず。


俺が色々言うと察してしまうから言うなとのこと。



普段から感謝を言っている人が言うのではなく、俺が言うと何かを察してしまう。



かなり反対されたので俺はいつもと変わらぬ日常を過ごしていました。



それはそれで一つの形なので受け入れ、その後父が亡くなり喪主をやりましたが「立派だったぞ」と涙ながらに色々な人に褒められた。




ほとんどの人は泣いていたが、俺は涙を見せず冷静でした。




俺は会社で悪口を言われても、女っけ皆無どころか遊ぶ友達がいなくなった今でも常に幸福感に包まれてますが、父が死んだ時も素直に受け入れ取り乱すことがなかった。





昔からそういった人だったのではなく、泣き虫でひ弱だったのが、今は精神が図太くなり体もごつくなった。



いつも愚痴を言ってこの世を呪っていたのが、今はいつでも感謝に包まれている。



超オナ猿だったのが今ではオナ禁190日以上突破(オナ禁効果は俺に関しては全くない。でも続ける。)






心がだいぶ変わったなあと自分でも思う。





友人は増えるどころか減っているし、女気もなくなってるし、父も亡くなったし、会社では無視か悪口を言われているので、環境に関しては昔より悪化しているが俺は幸せ者。




これを今の慈善の形「環境のせい」に当てはめれば、環境がより苛酷になっている俺の心は荒んでいるはずだが、俺はその真逆になっている。




環境が変わらなくても心は自分の力で変えられる。



心が変われば見る世界も変わってくる。





例えば、悩み一つでも「どうしよう」と思っていたら出口がなくなる。


「どうれば良くなるかな」と悩めば、それは既に解決への一歩になる。





環境のせいにしてしまえば、それは自分の生まれそのものを否定することにも繋がり、世の中の全てを呪うことができる極致にたどり着くことさえできてしまう。




考え方ひとつで苛酷な環境は、自分を強くする試練にも出来る。


ナポレオンヒルにも書いてあるが、どんな逆境にもそれと同等かそれ以上の利益が隠れていると俺も思う。





でも、それには限度がある。



例えばいじめや犯罪に巻き込まれた環境は、被害者には何一つ利益はない。




だから、この場合は被害者を周りは救うべきだと思うが、何度も言っているように、今の日本はその真逆の仕組みで動いている。



いや、日本だけでなく世界中が真逆に動いている。




人の善悪を真摯に見ず、善性のみに偏った慈善は逆に破壊を呼ぶ。それは欧州の移民問題にも表れている。




これらは更に拍車がかかり世界は混沌と化していく。





俺の目標の一つはこういった価値観に対抗できるものを本にすることなんだけど、文章が得意じゃないし何の実績もないから相手にもされない。



でも、いつか叶うと思うんだよなあ。








話しが変わりますが、そろそろニートランクから他のカテゴリに移動しようと思います。


仕事を始めて一年近くになるし、父が亡くなったことで一家の大黒柱になったのでカテゴリを変えてみよう。



でも、何にするかまだ決めてないので、今日はとりあえずいつものバナー貼っときます。




まとまりのない文章になりましたが、ブログを書くのを本格的に復活させますので、これからもよろしくお願いします。




偉人が環境のせいに警告を鳴らすクリック



俺から見たヒトラーの予言クリック



【携帯版】思考は現実化する/きこ書房
¥1,512
Amazon.co.jp

クリックして頂けると喜びます。

  
ニート日記 ブログランキングへ