読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

不食と呼吸

久しぶりに腹が減って食べた。


俺の場合は太陽凝視をすると空腹がなくなるどころか力が満ちるのだが、今日は太陽凝視をしても腹が減った。






慣れると太陽凝視や素足歩きもいらなくなると思う。

宇宙に繋がる感覚があるとそこから力が流れ込んでくる。


でも、今日はそれでも腹が減った。



何度か書いてますが、俺は動物愛護者ではないので、久しぶりに自主的にチャーシューメンを食べました。




肉には怨念や悲しみを感じます。


死、殺される、といった悲しみは想像を絶するものがあり、その気持ちが間違いなく肉に宿っている。


俺はそれをかなり感じるが食べました。






なぜ食べたかというと、俺の体に染みついた習慣がそうさせる。

俺は大食いだった。週末は外食を良くしていた。

それが趣味のようなものだった。食べるが好きだった。




今は食べるのが苦痛なのだが、今まで好きだったものを簡単にやめることが出来ない。


自分の弱さや、何かしらのストレスが食事に向かわせる。



決して美味しいとは感じず、オエーとなるのだが、犠牲になった命に感謝をして頂く。




不食どころか小食の道は険しいなと思った。



それとこれも何度か書いてますが、俺の呼吸はかなり独特だと思う。


かなり長い時間呼吸が止まっている。


自然にそうなる。



ゆっくり吸って、かなり止まって、息を吐く。


理解できる人は少ないと思うけど、このまま呼吸止めて別の力で生きたい感覚になる。


でも、ここまで行くのは社会生活をしてると無理だと感じる。


人間関係やその他色々な邪魔が多すぎる。



ああ、山に行きたい。


空気が本当にウマイ。空を見れば力が満ちている。


更にその上にピントを合わせれば、この宇宙には愛が無限に降り注いでいる。




俺はその時、感謝の気持ちに包まれ感動している。



今日も何も楽しいことはなく孤独に過ごした。



でも、生きてるだけでも本当に素晴らしい。それは無条件に楽しいことであり、ありがたいことでもある。



俺は幸せ者だ。





クリックして頂けると喜びます。



不食状態メモ  リンク


不食するようになってから起こった不調や変化

 リンク


俺から見たヒトラーの予言リンク