ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

善意で国を滅ぼした欧州

イスラム系難民に侵略されたヨーロッパ各地で、彼らは暴れ回り、地元住民を殺傷し、女性を強姦し、暴動や破壊行為が横行しています。



地元の人々は外出することもできなくなっています。学校ではイスラム系の子供たちが集団で地元の子供達に暴力をふるっています。



テロもこれから多発するはずです。



スウェーデンではイスラム系の移民が急増し、15年後にはリビアよりも後進国になると言われています。



地元の人々(ネイティブ)が既にマイノリティとなっています。イスラム系偽難民は、近い将来、ドイツや他のヨーロッパの国々の白系ヨーロッパ人をヨーロッパから追い出すでしょう。




移民問題は本当に怖いです。



しかし、この問題を怖いと思えないお花畑達は、テロリストと同じくらい怖いと思うのは私だけだろうか。



彼らは善意で国に混沌を呼び込むのである。


たとえこちらが警戒を呼びかけたとしても、それはただの悪口にしか思われないのです。



多文化共生でめちゃくちゃになったイギリスが政策転換するクリック


可愛そうな人と怠け者の区別も出来ない人達クリック



クリック有難うございます。

働くヒト ブログランキングへ




広告を非表示にする