読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

北朝鮮スパイによる日本侵略の実態

政治関係

http://www.news-us.jp/article/430586825.html

 北朝鮮工作員の“衝撃告白” ちょっと日本へ…「密入国は容易」 政府に警鐘
2015.12.01

北朝鮮工作員が来日し、日本人拉致の実態や同国の工作活動について激白した。元工作員によると、日本は密入国が容易で現在も多数の工作員が潜入しているという。過激派組織「イスラム国」(IS)が危険視されているが、北朝鮮の脅威も忘れてはならない。

証言した元工作員は、朝鮮労働党作戦部(現・偵察総局)の元山(ウォンサン)連絡所で戦闘員だった李相哲(イ・サンチョル)氏=仮名。山口県岩国市で11月29日、拉致問題の早期解決を求める集会が開かれ、特定失踪者問題調査会の荒木和博代表と演壇に立った。

李氏は20代前半だった1983年、金正日キム・ジョンイル総書記の命令で韓国に潜入・活動中に逮捕された。転向した現在は、ソウルの政府系研究機関に勤務している。

300人の来場者を前に、李氏は「私は82年6月、山口県長門市へ浸透した」と、日本上陸(=密入国)から告白を始めた。

闇夜に紛れて日本漁船に偽装した工作母船で沿岸まで近づき、積んであった小型のボートで、同市・青海(おうみ)島に着岸したという。

「母船には『山口県』という日本語の標識を掲げた。別の地域を航行する際は、最寄りの地域の標識に掛け替えた。多くの日本漁船がいたが不審に思われることはなく、海上保安庁に見つかっても『領海の外へ出ていけ!』と注意されるだけだったと振り返る。

北朝鮮工作員にとって、日本上陸は簡単なミッションで、「みんな、『ちょっと日本へ行ってくる』ぐらいの気持ちだった。韓国は海岸警備が厳しいので、日本を経由して浸透させたことがある」と語った。

李氏は上陸後、長門市内から若い男1人を母船まで運んだという。

「日本で暮らした工作員を本国に戻す任務だった。北朝鮮工作員を日本人化するためで、言葉や風習を学んだ工作員北朝鮮に戻していた」

北朝鮮工作員は公然と日本に“留学”して、工作活動の準備をしていたことになる。

最も関心の高い日本人拉致についても、以下のように明かした。

李氏は「60年代半ばから80年代末にかけて、北朝鮮が日本人拉致をやっていたのを確認している。大部分は、北朝鮮から『こういう人物がほしい』という依頼があり、ターゲットになった人物を誘引して海岸に連れ出すものだった。日本国内の固定スパイが動いたと証言した。

固定スパイとは、日本社会に溶け込んだスパイのことで、彼らは北朝鮮本国と連絡を取り合いながら、非合法活動を続けている。日本人の生命と財産が脅かされ、国益が危険にさらされている実態が分かった。

李氏は最後に「今も多数の工作員が日本にいる。日本政府は(工作員一掃に)真剣に動くべきだ」と警鐘を鳴らした。


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151201/dms1512011900016-n1.htm 
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20151201/dms1512011900016-p1.jpg 
「暗殺の危険がある」と顔を隠して証言した李氏(左)と、特定失踪者問題調査会の荒木代表=11月29日、山口県岩国市


「元北朝鮮工作員が来日し、日本人拉致の実態や同国の工作活動について激白」
北朝鮮工作員にとって、日本上陸は簡単なミッション」
「韓国は海岸警備が厳しいので、日本を経由して浸透させたことがある」
「今も多数の工作員が日本にいる。日本政府は真剣に動くべきだ」

5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/12/02(水) 08:05:41.87 id:vThttGLe.net 
>>4 
拉致にも二種類あって、この拉致は技術者の拉致。 
朝鮮人は人種的に朝鮮人を一番信用していないので、
人種的信頼性のある日本人を拉致した。

47 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/12/02(水) 08:27:10.91 ID:0Da4WxW2.net 
>>40 
異常だよね。
行政は総連を締め上げているようだが警察がねえ・・・。 
日本は警察内部に北朝鮮工作員

浸透してるんだろうね。
日本に帰化して警察内部に潜入してる奴もいるだろうし 
金を貰って北朝鮮に協力してるたくさんいるだろうね。 
ニートラップで一番簡単に落とせるのが

警察らしいし。

67 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/12/02(水) 08:58:10.75 id:kXkzfzov.net 
北朝鮮から『こういう人物がほしい』という依頼があり
日本人拉致も以前のように大規模にできないだけで 
絶対欲しいような人材は、今でも入手可能なんだろうなぁ 
差別っていえば、日本国内でかく乱工作もやりたい放題だし

(沿岸警備を強化しただけでは片手落ち)


50 :
<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/12/02(水) 08:30:53.51 id:Of4TebbY.net 
>>1 
肝心な問題の指摘がなされてないよな。

つまり、日本の「沿岸警備」が

ダーダーのザルってことだ。 
海上保安庁の存在が

「あって無きがごと」しってことだな。
一体、政府は何考えて、

日本の沿岸国境線を維持しているのだ?


54 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/12/02(水) 08:37:34.63 ID:0Da4WxW2.net 
>>50 
見つけても保護して送還するだけだから 
何度でもチャレンジできる・・・。 
密入国者を日本は殺さないからね・・・。

密入国者は見つけ次第射殺しないと

警備にはならないということだ・・・。 
失敗しても何度でもチャレンジできたら 
見つけても意味がないんだよね、マジで。


 さースパイ防止法作ろうか





クリック




クリック




クリック





成功哲学 ブログランキングへ