読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

遺伝子で大発見。国民性は遺伝子でも作られる。

http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/46906706.html

  
(これがデッドボール)

「韓国人固有のDNA220万個を発見」ソウル大学研究所。人格障害があると疑われる人が71.2%

(その中でキチガイ遺伝子を発見)

韓国人18人のDNA、RNAを分析した結果、220万個以上の新しいゲノム変異が見つかったと、
ソウル大学医科大学遺伝体医学研究所とマクローゼン生命科学研究所が3日、
世界的な学術誌ネイチャージェネティクス(電子版)で発表した。複数の韓国メディアが報じた。

 研究グループは2008年から「アジア人の遺伝体多様性プロジェクト」を実施しており、
今回の研究は3番目の研究として、遺伝疾患のない韓国人18人(男性11人、女性7人)のゲノム(全遺伝情報)を分析した。

 報道によると、既存の研究ではDNA配列の分析を通じ、特定の病気の発見や、人間の特性や疾患などを特定してきたが、今回の研究ではDNA配列とRNA配列を同時に分析。

DNAに存在しない変異がRNAに存在していたり、その逆のケースがあることを明らかにした。

 韓国人18人からは、950万個以上の変異(遺伝子を構成する塩基配列の違い)が確認され、
うち220万個は今回始めて発見された。

さらにこのうちの約120万個は、韓国人の10%以上が有していることが分かった。

 ソウル大学医科大学遺伝体医学研究所のソ・ジョンソン教授は、「民族はそれぞれ生きてきた環境に適応するため、固有の遺伝子変異を持っている」とし、「今回の論文はヨーロッパ人とは違う韓民族の遺伝体変異を体系的に整理し、ヨーロッパ人が中心だったこれまでの遺伝子研究の限界を指摘した点で意味がある」と話した。

 韓国メディアは、韓国人のゲノム分析を通じ、人種間の多様性が予想よりも大きいことが分かったとし、韓国人をはじめとするアジア人のゲノム情報を集め、アジア人に的を絞った医学研究が必要との見方を示した。(編集担当:新川悠)

 http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003021117138 

wor1503070033-p1


韓国人にだけ存在する6万個のDNA、クラウド利用で発見

2011年09月08日10時29分 
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 

 韓国人に特徴的に現れる遺伝子変異がクラウドコンピューティング技術で明らかになった

 KTは非営利研究法人のゲノム研究財団、バイオ企業のテラジェンイーテックスと共同で、韓国人20人の遺伝子解読と分析に成功したと7日に明らかにした。

 ゲノム研究財団とテラジェンイーテックスが進める「韓国人個人ゲノムプロジェクト(KPGP)」の一環として20人の韓国人ゲノムを分析するのにKTがクラウドコンピューティング技術を提供した結果だ。 

 人間の遺伝子は30億個の塩基で構成されており、今回のプロジェクトを通じて876万個の遺伝子変異を発見した。このうち184万個は既に発見されたものと違い今回新たに発見された変異だった。

 その中でも6万3000個余りの変異は20人のうち13人から共通して発見されたもので、韓国人特有の遺伝子変異と解釈される。  

 こうしてわかった韓国人特有の変異は、病気に関連した遺伝子から身体特性に関するものまで多様だった。代表的なものが辛い味を好む韓国人の特異的変異だ。

 20人中6人から共通で発見された変異で、唐辛子の辛さの成分のカプサイシンによって活性化するたんぱく質と関連があることが明らかになった。

 この変異によって機能が変わったたんぱく質が辛い味を好む韓国人の食生活習慣を説明する端緒になると予想される。

 また、味噌・キムチのように醗酵食品が好きな韓国人の特異な趣向遺伝子も出てきた。

   テラジェンイーテックスのパク・ジョンファ博士は、「世界的に300件余りのヒトゲノム解読結果が公開されているが、大部分が西洋人やアフリカ人、一部東洋人のもので、韓国人に対する遺伝情報は不備だった。今回6万個余りの韓国人共通変異を発見したことにより韓国人のためのゲノム解読が可能になった」と説明した。

    韓国人に対するゲノム分析結果は2008年12月から始まった。嘉泉医大のキム・ソンジン教授が韓国人ゲノムを初めて完全解読し、7月にはマクロジェンが韓国人18人のゲノムを分析して英国の著名学術誌の「ネイチャージェネティクス」に発表した。

 今回行われた韓国人20人のゲノム分析はこれまでに行われたプロジェクトで最多人員だ。  今回のプロジェクトの特徴は韓国人遺伝子変異を明らかにするのにクラウドコンピューティング技術を初めて導入した点だ。ヒトゲノムに存在する30億個の塩基配列情報量は120ギガバイトに達するが、通常1人の塩基配列情報を分析し結果を保存するのに8コア級サーバー10台を1週間稼働させなければならない。しかしクラウドコンピューティングサービスを活用すればハードウェアを増設しなくても大規模コンピューティング資源をいつでも必要なだけ利用することができる。2008年に6カ月かかった作業を今回は40日で終わらせたのが目立った成果だ。

   KTとテラジェンイーテックスはさらに多くの韓国人ゲノム分析のため現在70人の血液サンプルを確保した状態だ。KTのオ・セヒョン新事業戦略担当常務は、「多数のゲノムデータが集まってこそ個人オーダーメード型医療に必要な情報を知ることができ、
 これを調べるのにクラウドコンピューティングのようなシステムは重要な道具だ」と話した。

  ◆クラウドコンピューティング=多様なソフトウェアやデータを個人や会社のコンピュータ保存装置に入れずウェブ空間に置いたまま必要な時に呼び出すインターネットコンピューター環境。費用を節約し業務の効率を上げることができる。
http://news.livedoor.com/article/detail/5683330/

hqdefaulthttps://youtu.be/sznda1n9zxs
 
 
遺伝子の人間との一致率 
 
  チンパンジー 98.8% 
  アカゲザル  97.5% 
 
  ウニ     70% 
   朝鮮人    70% ←new!  
 
  メダカ    60% 
  ハエ     40% 


y_chromosome

 補足だが、そのマップの出典はD系統のYAP+保有率を表すグラフで下記の考察ができる。 

これは、アメリカの形質人類学誌(American Journal of Physical Anthropology)に、1977年に掲載された 
Y染色体指標とベーリング海峡からの分散(Y Chromosome Markers and Trans-Bering Strait Dispersals)」 
 
という、ネイティブアメリカンの起源を調べた論文の7ページ目に添付されていた図です。
なかなか興味深い 
ものがあります。 

図は、「YAP+」という特殊な塩基配列を持つ人の割合を黒で表しています。
直感的に判るのは、チベット人 
・日本人・エスキモーとネイティブ・アメリカンは共通した何かがあるということです。宝来聡教授(アリゾナ大学) 
 
最近のの研究でも、韓国を含めユーラシアでこの遺伝子はほとんど見つからず、日本以外で唯一見つかるのはチベットだけだそうです。
「YAP+」は古代血統であり世界的に見ても変わった遺伝子型です。

この図の範囲外
ではアンデスの先住民が「YAP+」を持っています。日本人男性では42%が「YAP+」を保持しており、「YAP+」が あるのが縄文系男性、無いのが弥生系男性と判断できるという事です。 

先ずいえるのは「YAP+」のような古代血統が現在でも残っている地域は、他民族との交配が非常に少なかった地域という事です。日本は四方を海に囲まれています。チベットは秘境といわれる山岳地帯です。北アメリカはコロンブスの時代まで他民族が入ってくる事がありませんでした。(現在でもネイティブアメリカンは居住区で血統を守っています)。他民族が簡単に入ってこれない要素があったのです。 

一方、中国・韓国に「YAP+」を保持している男性がほとんど居ないのは、その後に入ってきた民族(新モンゴロイド)による交雑もしくは殺戮により古代血統である「YAP+」が消滅したからです。 
 
単純にいえば「YAP+」が多いほど先住民族の遺伝子が多く残っているといえます。
アイヌ人は縄文人(古モンゴ
ロイド)の特徴がそのまま残った民族といわれており、宝来聡教授の研究ではアイヌ人男性の88%が「YAP+」 を保有している事が判りました。

また、沖縄人も保有率が高く、都市部より山間部の住人の方が保有率が
高い事が判っています。 

ここで、古モンゴロイドと新モンゴロイドの関係が重要になります。琉球列島を含む日本列島に到達した縄文人は古モンゴロイドとされており、渡来系弥生人は新モンゴロイドに分類されます。稲作と共に中国江南地方から来た渡来系弥生人は、緩やかに日本列島全体に広がり、稲作(陸稲)の北限とされる青森まで到達しました 
 
縄文時代晩期にあたる三千年ほど前の炭化米が八戸市の風張1遺跡から見つかっている)。この間の縄文人と渡来系弥生人との交雑が現在の民族としての日本人を固定化しました。先住民族である縄文人と渡来系弥生人とその他の集数集団は平和的に混ざり合い、日本人が形成されたといっていいでしょう。 
先住民を駆逐する形で渡来人がやってきたとしたら「YAP+」の保有率42%という結果にはならないからです。 

最後に、Y染色体ミトコンドリア遺伝子、どちらを優先するかという点に触れておきます。 
 
韓国人がそのルーツを語るとき、
なぜかY染色体にはふれず
ミトコンドリア遺伝子だけで語ります。


しかしその
ミトコンドリア遺伝子のアジアでみられる起源はすべて2万年以上前のため、
それより以降の新モンゴロイド
発生移動と増加は全く考慮できません。

つまり東アジアではどの国も多少の差はあれどほとんど同じ構成に
なってしまいます。

系統分類に適さない母系のミトコンドリア遺伝子よりも、

系統分類し易い父系のY染色体
分類法を優先すべきなのです。

もしくは各々の系統分析を組み合わせて考察すべきです。 

朝鮮人と日本人が遺伝的に近いという学説は全くの誤りである事がお分かり頂けたと思います。

 
紀元前から朝鮮南部に住んでいた原住民「中国の言う倭人」は、 
日本から水稲を携え渡ってきた長江文明人の末裔(いわゆる弥生人)であることがわかってきました。 
古代朝鮮南部は「中国の言う倭人の国」すなわち「弥生人の国」だったのです。 

<文化的社会> 
楽浪郡以前の北朝鮮は中国起源。 
・辰国→三韓任那百済新羅は全て日本起源。日本と血脈を交わし文化も交流。 
朝鮮人のいない素晴らしい文明社会) 

10C後半、長白山大噴火(明らかな文明断裂) 

朝鮮人支配による千年の暗黒社会> 
・異民族高麗(穢系高麗族「コリョ族、東胡ツングース系」)の侵略、王氏高麗建国。 
・北の蛮族高麗の不徳の証、「大噴火・大凶作・社会混乱の記憶」を抹消するために大民衆弾圧が行われたのではないか? 
・この高麗から新羅以前の素晴らしい文化、民衆文化が失われている。焚書坑儒文革のようなものが延々と行われたと考えればいいだろう。 
李氏朝鮮建国(同族同士の身内争い、貴族武将のクーデター)、仏教、寺、経典、墓、信者を抹殺。全国民の9割を奴隷化、文盲化。 
(日本が清を破り朝鮮に入ってみると、半島には原始時代のような暗黒社会が広がっていた) 

この説が実証されると「日本人は誇りを取り戻し、うるさい朝鮮人とサヨナラできる」

ダウンロード

 良心を持たない人達 25人に1人という恐怖

http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11932469416.html




思いやりのある人は脳の構造が違う。遺伝子構造も違う。
http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11934835535.html


成功哲学 ブログランキングへ