ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

NHK見て!

お花畑の究極系、欧州の人達が今の移民問題を目の当たりにしても



難民は治安を悪くしない。←!?

彼らを救うべき



と言っている。




国民総お花畑の欧州は絶対に国家を保てなくなる。


なぜこいつらはわからないんだ。


ではなく国家を壊しても彼らを助けるべきとさえ思ってる人がいる。



移民に対する善意で自国民を苦しめているのがわからない。



移民に対する危険性を訴える市民が「自国民」に「差別主義者は国から出ていけ」と責められている。



安全はどうやって守るのですか。と政治家に質問すれば、彼らが犯罪を起こすって言いたいのか。彼らは犯罪を起こしません。と言われている。




危機を訴えることが出来ない言論の自由がなくなる世界を善意で作ってしまっている。





この番組を見て自分の思いが間違っていないのを確信した。



善意しか考えられない人は自国にとって最凶の人になる。




彼らは自分の国を守る気がない。


自分の国を壊しかねない人を守る善意が正しいと思っている。




正しいと思っているから他人の意見など聞くわけがない。




自分の国で犯罪が多発し、テロが起きている現状を見ていたとしても。




だいぶ前に書いた俺の記事の内容そのもの↓

善意で国を滅ぼした欧州

※番組名 NHK 激動の世界


番組を見てテロリストよりも慈善者に恐怖したわ。


成功哲学 ブログランキングへ

広告を非表示にする