読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

安倍「壊憲」政権に異議あり: 保守からの発言

引用許可貰ったものを張り付け。保守からの発言ってタイトルが凄まじい。どこが保守だ。逆過ぎる。以下引用。


━─━─━─━─━─
保守も反対するほどいかに安倍政権が極右かを強調したいんだろうけど、タイトルに騙されてはいけません。 


自虐史観な連中ばっかり。 


「戦前の日本は北朝鮮みたいなもん。日本は朝鮮に酷いことをした。だから北朝鮮の気持ちも考えてあげるべき。南京で大虐殺し慰安婦を連行した。数は関係ない。被害者一人でも許されない。日本が戦争を起こした。日本人がクレイジーだったのでアメリカ人に憲法を作ってもらった。日本人はまだ反省が足りない」 
←小林も山崎も亀井も鈴木もこんな歴史観。歴史知らなすぎ! 





だから「日本が戦前の軍事国家に戻ってしまう」と騒いでいるのだ。 





安倍政権に反対している連中は歴史観が歪んでいる、ということがこの本で判明した。この歴史観が弱腰外交や謝罪外交に繋がるかと思うとぞっとする。 



安倍政権を完全論破」と息巻いてるけど、中身は発狂しながらの曲解。 


座談会で「今日は拓さんの体から湯気が立っているような感じがします」って。 



まずその頭冷やしてこいよ(笑) 



そんな感情的なレベルなんで、この本では「殺し殺されることになるのか?」が論点になったりする。 




そもそも地球にいる限り、戦争とは無縁でいられないんですよ。日本が良い国だろうと戦争したくなかろうと関係なく、一方的に戦争を仕掛けられる時があるし、巻き込まれる時は巻き込まれる。 




特に日本は、キ○ガイ国、乞食国、ヤクザ国に囲まれているんで、自国を守るための策が必須。武力なしの外交相手なんか蹂躙されるだけ。そうやって滅亡した文明が過去にあった。 




憲法9条みたいな丸腰宣言は襲ってくれと誘っているようなもん。 



本来、戦争をさせる口実を与えないためにも隙を見せるような事があってはならない。 




彼らはこう言う。「防衛したらますます危険になる!」 
つまり「軍隊を強くすると敵視され戦争になる」という理屈らしい。 




しかし過去の歴史は「弱いから攻めてこられる」というケースの方が圧倒的に多い。 



国は領土を広げるために行けるとこまで攻めていく。強い抵抗があってやっと止める。相手が弱くなったらまた攻める。歴史はその繰り返し。 



弱ければ襲い強ければ退く。弱肉強食の世界。 



強い国を敵視することはあっても、攻めようとは思わない。 
日本もあらゆる面で強くなるべき。 



「日本は平和主義に徹してきたことを誇るべき」 
↑これもとんでもないウソ。中国が日本に核を向け恫喝し北朝鮮もミサイルを飛ばす。その脅威に対して見て見ぬフリしてきただけ。国民が拉致されようと竹島という領土が奪われようと何もできなかっただけ。 



弱くて逃げ回る卑怯者。それを「誇り」だぁ? 


「何が正しくて何が悪いかがわからないところになぜ自衛隊を送らなければならないのか」 


↑それが日本の得になるのであれば送るだけ。 


どっちが正義かは関係ない。だって世界共通の正義なんか存在しないから。北朝鮮から見れば日本やアメリカは悪そのものですよ? 



だからその時々情勢に応じて自国が得になる方につけばいい。嫌いな相手でも強そうな方につく。他の国はみんなそうしてます。日本も見習えばいい。 



自民党自衛隊を外交のツールに使おうとしている。それは平和国家の理念と実績を放り投げようとしているということ」 
↑どこの国も、外交のために軍隊を使うんだから、日本もそれに習えばいいじゃないですか。なぜ日本だけがダメなの? 




「その代わり他の国際貢献をすればいい」といいますが、「ずるい。金だけじゃなくて身体も出せ」ってなりますよ。 




どこの国も軍隊を外交のツールとした上で、自国を「平和国家の理念と実績がある」と標榜するだろうし、 
この本が主張する「日本の平和国家の理念と実績」は、他国からみれば「ただ逃げ回る卑怯者」にしか映らない。 



「戦争を知らないから戦争をしたがるのだ」 
↑逆に「戦争を知ってるから戦争をしたがる」という人もいる。 




「戦いのない社会を作り出すのが政治」 
↑歴史を知らない政治家が政治を行えばもっとろくな結果にならない。 


もちろん理想は改憲が先だが、改憲するにはハードルが高すぎる。 



「でも目の前の現実に対処しなくちゃいけない」と考える安倍政権。 
「現実には対処しなくていい。戦後体制のままでいい」と抵抗する反安倍。 
どっち側も改憲なんか無理だとわかってる。 
結局、こういう構図だ。 
安倍政権「どうせ改憲なんか無理だから、解釈で先に進めちゃおうぜ」 
反安倍「どうせ改憲なんか無理だから、改憲が先だと主張して足ひっぱってやろうぜ」 
どっちがマシ? 
私には安倍政権の方が前進する分だけ少しマシに見える。 





そもそも日本のこの程度で右傾化なんて大げさ。それだったら他国は全部極右に該当する。 



右傾化は世界の潮流。日本もいろいろ改革が進んだとはいえ、総じてまだまだ左に寄りすぎており、普通の国ですらないと思う。




安倍「壊憲」政権に異議あり: 保守からの発言/河出書房新社
¥1,620
Amazon.co.jp
━─━─━─━─━─


無防備宣言都市が攻撃された事実 ←クリック





お花畑から脱出した方はクリックを


成功哲学 ブログランキングへ