読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

安倍無双!!

財務省「もう増税できない。事実上の凍結だ」官邸主導に無力...サミットのリーマン資料も食い止められず

http://www.honmotakeshi.com/archives/48750550.html

 

官邸主導、財務省に無力感=増税「見守り作戦」不発-消費税

安倍晋三首相の消費税増税再延期の決断に、財務省では無力感が漂う。
前回、消費税率10%への引き上げを2015年10月から17年4月へ先送りした際に、
経済情勢が悪ければ増税を先送りできる「景気条項」を削除し、再延期を封じたはずだった。
麻生太郎財務相財務相経験者の谷垣禎一自民党幹事長らも増税先送りに反対したが、首相に押し切られた。

官邸主導で政策を決める安倍政権の前に、財務省はなすすべがなく、「最強官庁」と呼ばれた面影はない。
財務省にとって、消費税増税は先進国で最悪の状況にある財政を再建するため、是が非でも成し遂げたい政策だ。
だが、今回は増税実施に向け、与党幹部らに積極的な働き掛けをしないことを内々に申し合わせ、首相の決断を見守る作戦をとったという。

消費税の軽減税率をめぐる議論で、財源の大幅捻出を避けるため、自民党税制調査会幹部らと連携し、軽減の対象範囲を狭めようとしたことが首相官邸の逆鱗(げきりん)に触れ、財務省は苦杯をなめた。
それを教訓に官邸との無用の摩擦を避ける「見守り作戦」だったが、失敗に終わった。
首相が主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で触れたリーマン・ショック級の世界危機を想起させる資料も、財務省は使用に猛反対したが、押し返せなかった。財務省幹部は「官邸に近い経済産業省を中心に作成した資料だ」と語る。
消費税の再増税は19年10月へ2年半延期されるが、財務省内では「この経済状況で延期なら、もう増税できない。事実上の凍結だ」(中堅幹部)との声も出る。

首相の経済ブレーンの本田悦朗内閣官房参与はBSフジの番組で
「2年半で大丈夫か正直誰も分からない。100%確実かというとそうでもない」と指摘した。
財務省幹部は「財政健全化目標の達成は崩壊したも同然だ」と肩を落とした。

20160601-00000553-san-000-2-view
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060100587&;g=eco

 

 

 

88 :シューティングスタープレス(大阪府)@\(^o^)/ :2016/06/02(木) 15:25:11.14

安倍vs自民党、マスコミ、財務省、学者、野党

この敵だらけの構図でよく勝てたな。やっぱ安倍ぴょんってすごいんじゃないの?味方は支持者の日本国民と外国人学者くらいでしょ



96 :ジャストフェイスロック(東京都)@\(^o^)/ :2016/06/02(木) 15:28:54.62

8%の時は社会福祉を名目に増税したのに実態は各省庁の予算取り合戦が起きただけだろ。
10%にしても利権ズブズブで何も変わらんし日本も良くなるわけ無いだろ。



105 :ニーリフト(関東・甲信越)@\(^o^)/ :2016/06/02(木) 15:33:06.98

>>1
財務省にとって、消費税増税は先進国で最悪の状況にある財政を再建するため

ウソつき。
日本の債務は世界一厳しい基準のもとGDP比205%と発表しているが
ドイツみたいに特殊法人道路公団、年金の債務を除外すると
あら不思議、ドイツの80%に対して日本は90%でしかあ~りませんか!!
経済詳しい人たちは理解しているよ。
為替レートは財務省に騙されないから円高のままだよね(笑)

 

 

20160601-00000553-san-000-2-view

【動画】青山繁晴氏「安倍総理は当初、消費税“減税”を検討」「財務省・外務省とこれほどまで闘っている内閣は明治維新以来初。人事にまで突っ込んでいる」

 

虎8 青山繁晴さん

安倍総理は消費税増税延期ではなく、減税を検討していた
巨大財務省、外務省の二つと闘う、明治維新以来の初めての内閣だ
物凄い抵抗と嫌がらせの中で戦っている

消費税とはなんぞやのそもそも論が置き去られてしまった
直間比率の是正
目的税にすべきではない
社会保障財源とすべきではなかった
(私が時折レスしている消費税の歪められた変貌)


【動画】6/2(木)~青山繁晴×居島一平~【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】

https://youtu.be/yBgC7t-Qe1Y

 

 

760 :以下、VIPがお送りします :2016/06/02(木) 08:48:04.62

>>757
んー、聴き漏らしで、何故減税にならず再延期になったのかの、攻防戦がわからなかった

いろいろ検討された
7%に下げる
5%まで戻す
軽減税率を下げて適用

減税、凍結、延期、増税
この財務省とのせめぎ合いで、延期にするしかなかったという事か



761 :以下、VIPがお送りします :2016/06/02(木) 08:48:23.84

>>757
「消費税導入すれば、所得税などが緩和され国民の負担が減ります」
というのが一番初めの導入時のアピールだった(たぶん財務省の騙し?)

いざ導入後、所得税市町民税保険税などなど上がる上がる…特に民主党時代には子ども手当名目に沢山の見えない税が値上がりダッシュ
よーく覚えております!!
つまりは財務省の消費税詐欺!
ということは消費税は上げるのではなくて、無くすものですよね!



763 :以下、VIPがお送りします :2016/06/02(木) 09:17:38.43

>>761
所得税累進課税、日本は取れるところから取れと極端だった
金持ちが逃げる、世界標準まで累進課税を是正していく
また、日本の非課税が高すぎて、税金を全く納税していない人が多かった
この2点からの、直間比率の見直し。広く浅く国民の義務たる納税をしてもらう

しかしそこに社会主義的なものがどんどん流れ込み、直間比率是正が置き去りにされての目的税
金持ちから取れ、働けるのに働かない人にも生活保障をと、ばら撒きへと社会が変わり、
消費税が目的税化し、直接税すらもが増税しろ圧力になってきてる

日本は成功した社会主義国とは良く言われる
成功した?そうかいな?の流れ
クレクレとばら撒きの流れのような



762 :以下、VIPがお送りします :2016/06/02(木) 09:15:55.35

>>757
財務省の言う「国の借金1000兆」について、財務省の人間が「実は100兆」と漏らした、と
首相補佐官がメディアのいる公開の場で話したのにメディアがスルーとか。
んで財務省の人はあとから「そんなこと言ってない」と否定に走って、つまりマスコミとグルで
官邸を嵌めた形になり、凍結とか減税とか軽減税率先行とかの表現が消えた

みたいな事言ってたな。

先日の不信任案の討論?で民進党江田憲司の発言に
「予算付けても使わずに余るのが無駄だから増税しろ」みたいな事が聞こえて頭が混乱したが。

 

 

 

外務次官に杉山氏起用へ
2016年6月2日
http://www.daily.co.jp/society/main/2016/06/02/0009143492.shtml

政府は外務省の斎木昭隆事務次官(63)を退任させ、後任に、
元アジア大洋州局長の杉山晋輔外務審議官(63)を昇格させる人事を固めた。
後任の外務審議官には秋葉剛男総合外交政策局長(57)が昇格する方向だ。
近く発令する。政府関係者が2日、明らかにした。

杉山氏は早大中退。戦後の歴代次官は東大など国立大出身者が占めており、私大からは初めて。

主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や、広島での先進7カ国(G7)外相会合の
政治・外交分野の事務責任者として各国との調整を担った。
国際法に精通しているほか、高い交渉能力が評価された。

 

 

 

霞が関人事 財務次官に佐藤主税局長、外務次官は杉山審議官が昇格

政府は1日、今年夏の中央省庁幹部人事で、財務省と外務省の事務次官人事を固めた。財務省は田中一穂事務次官(60)が退任し、後任に佐藤慎一主税局長(59)が、外務省は斎木昭隆事務次官(63)が退任し、杉山晋輔外務審議官(63)=政務担当=がそれぞれ昇格する。 

田中氏は平成18年の第1次安倍晋三政権で首相秘書官に就任、安倍首相の信頼が厚かった。佐藤氏は秘書課長や総括審議官、官房長などを歴任。26年7月から主税局長を

http://www.sankei.com/economy/news/160602/ecn1606020010-n1.html