ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

オナ禁1000日でリセット オナ禁にはとんでもない害があった

オナ猿時代は連発可能。

 

一日も休まず皆勤賞でシコリ続ける。  

 

 

あそこの硬さもすさまじく長時間持続可能でした。

 

さらに女っけが多くオナ禁時代の非モテに比べたら真逆だったのです。

 

 

 

 

 

 

オナ猿時代にほうが明らかに女っけがありあそこが強かった。

 

で、1000日近くになって初のセクリセをしました。

 

 

 

セックスはリセットではないって書き込みをよく見ますが俺はリセット扱いにします。

 

 

 

だって世の中の遊び人、モテ男、やりチン、AV男優がオナ禁戦士かって言ったら絶対に違うと思うし、我慢することで得るものがオナ禁にはあると思うけど、その効果が遊び人とかにあるとは思えないのです。

 

 

 

昔はセックスをそれなりにしてきたけど、絶対にオナ禁効果のような効果はないと言い切れます。

 

 

 

 

彼女を抱く、セフレを抱くのがオナ禁と同じになっていたら達成はとても簡単になると思うし効果は全然違うものになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

話しがそれましたがセクリセをして一発出したあと、アソコが復活しませんでした。

 

 

連発可能だと思っていたのですが一発出したら終わり。

 

 

 

どうやっても復活しない。自分でびっくりしました。

 

 

今までノータイムで復活していたのに。

 

 

 

さらにサイズがでかかったのですが明らかに縮んでいる。

 

 

ラージサイズしか入らなかったのがノーマルサイズが簡単に入るし。

 

 

 

 

硬さもなくなってました。

 

 

 

オナ猿時代に鍛えたものは全て失ったことを1000日目にして初めて知りました。

 

 

しかもセクリセした人は特に好みってわけでもなかったし。

 

 

 

あまりに女っ気がないから『もう我慢しても仕方ない』って気持ちでした。

 

 

 

使わない機能は衰える。

 

 

これは間違いない。

 

 

オナ禁を通して俺は明確、確実な下半身の衰えを感じました。

 

 

 

 

ここまで読んだ人は俺がオナ禁を辞めると思うでしょうが実は気持ちは真逆です。

 

 

 

オナ禁をしていた時に思ったのが『女はどうでもいい』でした。

 

 

女にうつつを抜かすのではなく『自分のやるべき使命を優先すべき』ってのが頭にありました。

 

 

 

女性関係に強烈なトラウマがあるしオナ禁ではなく女禁をこれからしていこうと思います。

 

 

 

 

オナ禁の明確な良い効果は今まで使っていた時間と紙の無駄使いが減ったくらいですが、俺の場合は無駄な時間がとんでもなく多かったのでそれはそれで良しとします。

 

 

 

高僧や聖人が女人禁制になる意味も今なら納得できます。

 

 

何かを極めようとすると異性との関りすら邪魔になる。

 

 

それを応援してくれる人を見つけるか、もしくは目標を達成するまで女禁をしていこうと思います。

 

 

 

ってこれが一番のオナ禁の害かも。

 

女に興味がなくなる。

 

 

 

女に興味がなくなってくるなんてオナ禁の害のどこにも書いてないけど、理論としては至極全うだと思う。

 

 

ずっとエロを封印していたら脳は性欲や繁殖能力はいらないものだと判断するだろう。

 

 

でも、目標を叶えるためには集中する時間が増えていいのかもしれない。

 

 

 

理想の女性など現れなかったし生殖機能が著しく落ちたオナ禁1000日でした。

 

 

とりあえず一旦リセットで今日から再スタートです。

 

 

ブログ引っ越し先

onakinfusyokudameo.blog.jp