ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

拡散希望とあったのでお手伝い

http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E6%97%A5%E5%BC%81%E9%80%A3-%E5%9B%BD%E9%80%A3%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E6%A9%9F%E9%96%A2-%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E6%80%A7%E5%A5%B4%E9%9A%B7-%E3%82%92%E6%8D%8F%E9%80%A0%E3%81%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E5%BC%81%E9%80%A3-%E6%88%B8%E5%A1%9A%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%81%AF%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%81%AB%E9%87%88%E6%98%8E-%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E3%81%9B%E3%82%88?share_id=UcbmNDOjdu&utm_campaign=autopublish&utm_medium=facebook&utm_source=share_petition

拡散希望とあったので再アップです。

捏造強制連行に捏造性奴隷を上乗せし、日韓両政府の善意を悪意に変え、日韓関係を破壊し、日本国民に冤罪をきせ、日本国民の人権を蹂躙したのが、日弁連だ!

 

河野談話」が杜撰な調査に基づいたものであることはすでに指摘されていました。そして強制連行を捏造するための日韓の「談合」であったことも明らかになりました。しかし、この国民を欺いた許しがたい談話にも、問題解決をめざす日韓両政府の一抹の善意が感じられます。もし、慰安婦問題が現在のように世界的な日本中傷の道具になっていなければ、その一抹の善意はいかされていたことでしょう。 

日本弁護士連合会(日弁連)は1992年に戸塚悦朗弁護士をして、「慰安婦性奴隷」の国際的認知を目的に、国連人権機関にロビー活動を開始しました。当時日弁連会長だった土屋氏とともに、国連への働きかけは驚くほど執拗であったと報じられています。その結果、1996年、不公正で偏見に満ちた「クマラスワミ報告書追加文書」が人権委員会に提出されました。慰安婦性奴隷の捏造が完成したのです。

捏造強制連行に捏造性奴隷をうわのせし、日韓両政府の善意を悪意に変え、日韓関係を破壊し、日本国民に冤罪をきせ、日本国民の人権を蹂躙したのが、日弁連なのです。 

 

日弁連とは一体誰のために存在しているのでしょうか。

━─━─━─━─━─
マスコミや自虐史観しか知らない人は、日弁連がこのような働きをしているのを知らない。



日本の平和を守るべき弁護士軍団が、日本を陥れる活動をせっせと頑張っているのである。






GHQ無力化政策のど真ん中にある憲法を守る人達。しかし、今の仕組みでは弁護士を目指すと左派に近くなると言っていた人がいたのだが俺もそう思う。なぜなら、今の平和憲法こそ敵が作った憲法なのだ。これを崇拝するなら当然の流れとも言える。





日本の中心は左派であり、官僚やその他はマルクスレーニン主義に支配されている。
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38853022.html

サヨクはあたりや!辺野古の海でカヌーで突っ込む クリック


白洲次郎 占領を背負った男 平和主義者が平和を壊す番外編クリック


 クリック


すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 クリック


危機に気付いた人はクリックお願いいたします。

  
ニート日記 ブログランキングへ