読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

だめ男がナポレオンヒルの成功哲学を読みました。成長過程。ニート数年→ホワイト企業に就職。超オナ猿→オナ禁完全習慣化500日以上。大食い→一日一食。もっと減らせるけど周りが許さない。これからの目標。書籍化。不食。運動器具の商品化。信頼することも大事だけど信頼される人になるように自分を成長させていこう。辛いことがあっても環境のせい、誰かのせいにせず、試練と考え自分を成長させていくように。辛いに線が一本入れば幸せに。困難が有っても発想を変え乗り越えれば有難うに。その精神を基礎に自分を磨き感謝の日々を忘れないよう

死刑が殺人を防ぐという研究結果が出ました

日本弁護士連合会(日弁連)、「死刑制度の廃止」を宣言へ…冤罪事件や世界的潮流受け

クリック


日本の弁護士達が死刑廃止を宣言した。

 



ここ最近、先進国では次々と死刑を廃止しようという動きがさかんである。 



イギリスを筆頭にヨーロッパのほとんどは廃止しており、ロシアやオーストラリアなど、死刑廃止論者たちの声は確実に世界に広がりつつある。 



しかし、死刑が犯罪を防ぐといった研究結果が多数出ていることはどこのメディアも報道しない。




実際に殺人者を死刑にすることは、殺人を減らす働きがあるのかどうかという研究もなされていた。 



そしてその答えは「YES」と出たそうだ。 



一人の殺人者を死刑にすることによって、3~18人の命を助けることができたかもしれないという結果が出ている。 




当然この結果に反論者たちは少なからずショックを受け、データそのものに懐疑的ではある。 






しかしながら、おもしろいのは、このデータを出した教授も死刑反論者だったようで、彼のセリフが非常に印象的であった。 





「死刑にはそりゃ反対さ。だが結果は、死刑が殺人を予防すると出ている。これをどうしたらいいのかね?隠すのかね?」 





当然同様の研究は今までにもなされていて、多少の数の差はあるものの、同じく死刑による別の殺人の減少の効果をあげている。 




今までに出た結果として以下の例がある。 



・一つに死刑に対し、平均18の殺人を妨げる効果があがる(全国を対象にしたエモリー大学の教授による2003年の研究) 


・イリノイ州での2000年の死刑一時廃止により、4年で150の殺人を誘発したとヒューストン大学の教授が2006年発表

 
・死刑を早期に執行することは、殺人を減少させる効果を強固なものにする。2.75年早めることによって、殺人を一つ防ぐことができる。(2004年のエモリー大学の教授の研究による) 
2005年には米国では16,692もの過失でない殺人事件があり、そのうち死刑執行されたのは60件だそうだ。 



人命を尊重するという道徳的な理由で死刑を反論する人が多いが、この研究結果が正しいということになれば、この道徳そのものが揺り動かされてくるのではないだろうか。 




殺人犯を一人救ってやるために、数人死ぬという結果が出るとなると・・・ 
___________________________________ 

以上、許可得たものをコピペ。


このような報道は日本では聞いたことがない。 たぶん多くの国でも同じはず。



死刑は犯罪者を減らさない。データとしては云々~。



この意見ばかりを耳にする。詳しく書かないけどこれを盲目的に信じてはいけない。



移民にも大量殺人鬼にも寛容な国にノルウェーがある。 



93人も殺したテロリストがたったの禁錮21年。 しかもノルウェーの刑務所は、個室に薄型テレビや冷蔵庫、シャワーも完備した普通の暮らしよりも住みやすそうな刑務所 。
http://gigazine.net/news/20100512_luxurious_prison/ 



被害者遺族にしてみれば、自分達の税金で犯人が豪華刑務所で暮すなんてたまらないはず。



犯罪者に優しいこの仕組みは、非常に高い更生率をあげているそうだ。



しかし俺は予言しておく。犯罪者に「異常に優しい」仕組みを作ったこの国は、近い将来移民に苦しめられるはず。



公式

死刑反対の動きが強くなった国や犯罪者に優しくなった国は、治安が悪化し移民も増え国が崩壊していく。



公式と書きましたが誰かが発表したわけではなく自分の考えで書きました。





なぜそうなるか。



「人権を踏みにじる行為をした側」に人権を与えることは、その国の人達が敵と味方がわからない状態。



全てが善意で解決すると思う妄想平和主義に染まっている状態。



人権が人々の安全よりも重くなった状態になっていることを示している。




人権主義者は平等主義者にもなる。



平等を平和の言葉だと思う愚か者共は、「適材適所」の概念を壊し、敵にも殺人者にも平等を与え、人権を与え、財を与え、しまいにはその国の善良な市民達の犠牲も与えてしまう。



彼らは犯罪を止めようとするよりは自分達の善性を信じる。




困った人を救いましょうの言葉と共に「困らせている側を救い」国家は破たんしていくのである。






日本はなぜキチガイに優しい国になってしまったのかクリック





優れた人工知能が治安維持をしたらどうなるだろうか。

http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11961174157.html

 





人気ブログランキングへ
クリックありがとうございます。