ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

不食関係

自分の不食状態のメモ

不食を知り太陽凝視を始める。

全てのものがもとは一つであり、宇宙や地球には愛のような感情が降り注いでるのがわかるようになる。

また、何も無いように思われる宇宙には、凄まじいエネルギーが満ちているのを感じるようになる。

それは今も地球に降り注いでいる。

これは言葉ではなく、波動のようなもので感じたメッセージ。

怒ってる人が何も話さなくても、こちらを見なくても、遠くにいたとしても殺気を感じ取れるように、その波動にはメッセージがつまっている。

神を憎み神はいないと思っていた自分が、神は実在すると実感する。

空腹を感じなくなり、体が異様に軽くなり、今までにない程体調が良くなる。

ただし、これは太陽凝視がうまくいっていて、心が濁ってない状態の時にのみ起こる。

心がクリアな時は肉は死体に見え、臭いに異様に敏感になり、ラーメンなどは臭くてたまらない。

しかし、不食が完全にうまくいっていた時は震災の数日のみ。

その時は体が太陽になったような光り輝く感じすらした。

食事はタバコのようなものだと思うようになる。

辞めたいが長年の習慣で辞められない。

食事に誘われたり、めでたい時、ストレスが溜まった時、とにかくあらゆる場面で食事の誘惑がくる。

空腹はほとんど感じなくなっているが、そういった空腹とは別の誘惑に勝てないため不食ができていない。

現在家族の中では一番の小食になっているが、全く痩せない。

昔10キロ近く痩せた事が2回あるが、その時よりも食事量も少なく、運動も毎日60分はしているが体重はほとんど変化なしである。

食事の誘惑に負けない精神力を獲得し、超小食か不食になるしかダイエットの成功はないと感じる。

付き合いで食事に誘われたりも多いので、日常生活をしていては達成は相当難しいと思うようになる。

(2012/2/12)

仕事をしながらでも瞑想状態のような感覚で仕事が出来るようになった。

頭がさえ怒りとは無縁の穏やかな気持ちで仕事が出来る。

今は朝昼は絶対に食べない。夜も本当は食べたくないが、空腹ではなく習慣で食べてしまう。

食べると倒れるように眠る。

体が物凄い疲れてしまうのだ。

しかし食べないと自分が光の感覚?不思議な頭が冴える感覚が強くなりすぎて気持ち悪くなる。

その感覚は食べると消える。

調子が良いとつばに物凄いエネルギーを感じる。

宇宙との一体感どころではなく、自分自身が宇宙や神の一部である気がしてくる。

呼吸が物凄い深くなる。

食べると動くのが億劫になるし、もう食べ物は卒業したいと思ってるが、空腹ではなく習慣で食べてしまう。

そろそろ食事は卒業したい。

(2012/7/28)

広告を非表示にする