スポンサードリンク

ナポレオンヒル 成功哲学をニートだめ男が試した結果…

元ニートだめ男が自己実現のために始めたブログ。ナポレオンヒルプログラムや成功哲学で実際に人生が変わるのか。実際に試したら人生が変わっていき誰かのためにと思いブログを再開。ニートから超ホワイト企業に就職。オナ猿からオナ禁1000日達成。超大食いから一日一食達成で数年→さらに超小食、不食目指し中。日本や世界に興味を持ってもらいたいので政治や時事がメインになっていますが日常も近々アップしていきます。ブログ内で紹介している商品リンクはAmazonや楽天のリンク先になっております。

スポンサードリンク

戦後朝鮮人が日本で略奪・強姦をしまくった事実

スポンサードリンク

↑「朝鮮進駐軍」の朝鮮総連本部 

なぜ一方的に日本人だけが永遠に謝罪と反省を繰り返さなければならないのか。 
朝鮮人こそが日本に謝罪と反省をしなければならないことが山ほどあるのに。 

韓国でも日本でも歴史教育現場では、 
日本人を「加害者」、朝鮮人を「被害者」という側面でしか教えられていませんが 
実は、戦後に朝鮮人が「戦勝国民」「朝鮮進駐軍」と自称して日本全国で狼藉を働いたこと、 
朝鮮半島でも朝鮮人が多くの日本人に対し虐殺や強姦などしていた加害者としての歴史があるのです。 

日本が敗戦した後、日本国内にいた朝鮮人達は、「我々は戦勝国人であり、連合国人である。」と称し、「われわれは二等国民で、日本国民は四等国民となった。したがってわれわれは日本国の法律に従う義務はない。日本国民より優遇されるのは当然であることを、あらゆる方法で日本人に知らせなければならない。戦争中われわれを虐待した日本人は、戦犯として制裁を加えなければならない」と称し、その通り実行しました。 
彼らは武装解除された日本軍の武器と軍服を着て武装し 
徒党を組み多くの日本人を無差別に殺しました。 
GHQの記録に残ってるだけで4千人以上の日本人が餌食になりました。 
それは、各地における暴行、略奪、窃盗、官公署への横暴な態度と不当な要求、建築物の不法占拠、汽車、電車、バスなどの不法乗車、人民裁判などであり、それは酷いものであったと言います。 
朝鮮人たちはやりたい放題で、駅前の一等地は朝鮮人に占領されました。 
もちろん、そこに住んでいた日本人女性は容赦なく強姦され追放されたのです。 
あまりの横暴ぶりに、GHQは1945年9月30日「朝鮮人連盟発行の鉄道旅行乗車券禁止に関する覚書」で、朝鮮人が「地外法権的地位にないこと」を明らかにする異例の発表を行っています。 

当然、日本人は在日を強く憎むようになりました。 
そのため、在日朝鮮人たちは日本名を名乗るようになりました。 
朝鮮名を名乗ることは自分が犯罪者だと宣言しているようなものだからです。 

朝鮮人たちは共産主義者と組み、マスコミを使って歴史の捏造を始めました。 
「強制連行されて来た」「土地を奪われて仕方なく来た」等々。 そして強姦犯罪を謝罪せず、土地を占拠し続けながら、 
「俺たちは何も悪いことをしていないのに差別される」「不当な差別を受けている」 「謂れなき差別を受けている」等と宣伝しました。 
朝鮮進駐軍を知らない世代の日本人は在日に対して罪悪感を持つようになりました。 

在日たちは占領した一等地で事業を始めました。 それが「パチンコ」です。今でもパチンコ業者の8割は在日です。 
パチンコは30兆円産業。何と自動車産業よりも規模が大きいのです。 
パチンコ業界は脱税と、北朝鮮への送金で知られます。 
「日本のパチンコがある限り、我が国は安泰だ(金正日)」 日本の政治家にもパチンコの金が流れています。 
だから「パチンコ、パチスロはギャンブルではない」等という馬鹿げた論理がまかり通っているのです。 

祖母や曾祖母が朝鮮人に強姦された場所でパチンコやスロットを楽しんだり、 
朝鮮の民族料理である焼肉を食べる・・・ これは「日本人」以前に「人間として」恥ずべき行為ではないでしょうか。 


以下に、朝鮮人狼藉のエピソードを何点か紹介します。 


クリップ「田岡一雄自伝・電撃編」 1982年 徳間文庫 (「韓国のイメージ」鄭大均…P67 より)  
 彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩していた。通りすがりの通行人の目つきが気に入らぬといっては難くせをつけ、無銭飲食をし、白昼の路上で婦女子にいたずらをする。善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。こうした不良分子は旧日本軍の陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風を切って街をのし歩いた。腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器をひっさげた彼らの略奪、暴行には目にあまるものがあった。警官が駆けつけても手も足もでない。「おれたちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人がなにをいうか」。警官は小突きまわされ、サーベルはへシ曲げられ、街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。 


クリップ<和夫一家殺害事件ー敗戦直後の朝鮮の状況> 
当時、現場にいたキム・ソンスの証言より 

 和夫は日帝時代によく見られた、慶尚道地域の日本人地主であった。…普段から人情に厚かった和夫は、小作料を収穫全体の十分の一しかとらず、村人たちを家族のように考え、喜びも悲しみもともにした。…貧しい小作人が食べ物がないと哀訴すると喜んで食べ物を分けてあげ、村で誰かが亡くなると、家族全員がかけつけて食事の用意はもちろん、自ら慟哭までして悲しみを分け合った。 

…また、和夫の家族は周囲に孤児がいると連れて帰って面倒をみていたが、一人、二人と増えていき、1945年にはいつのまにか施設孤児院の規模にまで増えてしまった。中略 

 その日から、マンセーの声とともに大極旗が翻り、ついに朝鮮人の世がやってきた。… 
和夫が実の子のように育て、東京帝国大学にまで留学させたAを中心に、和夫の家で教育を受け成人するまで育ててもらった青年達が、鎌とツルハシ、シャベルをもって、和夫のもとに押しかけた。 

和夫:(優しい目で)なぜこんなことを、お前達。 
 A :チョッパリ!日本へ失せろ。失せろってんだ。 
和夫:私がお前達に何か間違ったことをしたかい?…(涙を流して)本当に悲しいよ…帰ってやろう 
 A :意味深長な目配せをBに送る(財産を全部処分して帰ったら、俺達はどうやって食ってくんだ?) 
 B :死ね、チョッパリ、このくそ野郎! 
 次々にツルハシが和夫の後頭部に振り下ろされ、それと同時にたくさんのシャベルと鎌が体をズタズタに引き裂き始めた。…Cは和夫の妻を見ると、彼女の髪をつかんで庭の片隅まで引きずっていった。そして、なんと13人は、一週間前までお母さんと呼んでいた彼女を強姦し始めた。…彼女はひどい集団強姦の途中で死亡した。Dは普段お母さんと呼んでいた彼女の全身をめった刺しにし、それでも足りずに内蔵を掻き出して撒き散らした。 
 和夫にはひみこという娘がいた。…学校が終わって家に戻り両親に起きた惨状を見ると、気が触れてしまった。…その後、孤児となったひみこは食べもの乞いに村を回ったが、誰一人見向きもせず、知らないふりをした。結局、彼女は9日後、村の橋の下でやせ衰えた死体となって発見された。 

 和夫の財産は「勇猛で愛国心に燃える」朝鮮青年達の手にまるごと渡り、この事件は村人たちの沈黙の中で徐々に忘れ去られていった。 中略 

…日本が戦争に負けるとすぐ、まるで自分達が勝戦国にでもなったかのように日本を呪い、財産奪って虐殺した。…日本人をことごとく追放した後、韓国と北朝鮮の政府は強奪した日本人の財産を「敵産(敵の財産)」と呼び、堂々と分け合った。 


クリップ蔡焜燦『台湾人と日本精神』より抜粋 

心の切り替えができない私は、誰から見ても敗戦で肩を落とした日本人に見えたのだろう。また日本兵の軍服で汽車に乗り込んでいた私は、8月15日をもって急に威張りはじめた連中(注:鮮人のこと)の嫌がらせを受けた。 
座席の中に置いた新品の飯盒を朝鮮人に盗まれ、それを奪い返そうとすると、「なんだお前、朝鮮人をバカにするな!降りて来い!」と、たちまち数人に取り囲まれてしまった。多勢に無勢、勝ち目はない。こうなっては「すみません、私の記憶違いでした」と謝り、難を逃れるしか術はなかった。 
それから佐世保に到着するまでの30時間、連中は執拗に私を含め多くの日本人乗客をいびり続けた。 
若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ、次の駅で窓から降りるよう指示するなど、この連中のあまりにも情けない行状を、私ははらわたが煮え繰り返る思いで眺めていた。ただ黙って見ているしかなかったのである。 
《中略》 
佐世保キャンプで私は面白い場面にも遭遇した。 
あの引き揚げ列車の中で、私を含め敗戦で意気消沈する日本人をいびり続け、肩をいからせていた朝鮮人たちが、「中華民国台湾青年隊」の腕章をつけた我々におべっかを使って擦り寄ってきたのである。それは中華民国が連合軍の一員であったからに他ならない。弱い者には威張りちらし、強い者には媚びへつらう、そんな彼らの極端な習性を目の当たりにした思いがした。 

他にも有りマス「何故「三国人」が差別用語になったのか」 
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/crime.html 

朝鮮進駐軍とは 
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html 

************************ 

むふっこれらの事実は、本当に戦後の情報操作でタブーとされ、半ば消されてしまったようになっているようですが、様々な書籍や証言から知ることが出来ます。断言はしませんが、戦後日本人が不当な「差別」をしたと言うのであれば、このような朝鮮人の”実績”があったのも一因なのではないでしょうか。どちらにせよ、お互いが理解し合う上で、知っておかなければならない事実だと思います。 

韓国では今でも強姦が多い。女子の皆さん、韓国へ行く時は気をつけて。 

10代の性犯罪:韓国の強姦犯は米国の2倍・日本の10倍 | Chosun Online | 朝鮮日報 
http://www.chosunonline.com/article/20070417000045 


韓国の中高生の性を乱す不良軍団 飲酒・集団カンニングもする 
http://www.news-postseven.com/archives/20120201_83870.html 

近年、韓国メディアを騒がせた不名誉な統計がある。 
ひとつは韓国最高検察庁発行の2011年度版『犯罪分析』。同書によれば、2010年に発生した性犯罪は1万9939件あり、ソウルで5671件に達したことだ。新聞は書き立てた。 
「首都ソウルは、10万人あたりの事件数で韓国最悪」 
中には「強姦帝国韓国」との見出しも。さらに、児童性犯罪の再犯率の高さや、この手の犯罪が下校時間に多発している点を指摘し、至急改善策を講じるように訴えている。 
次に韓国国民を驚かせ、嘆かせたのが学生たちの動向だ。 
「韓国は、日本より学生による性犯罪が17倍も多い」 

「韓国は、日本より学生による性犯罪が17倍も多い」 
「韓国は、日本より学生による性犯罪が17倍も多い」 
「韓国は、日本より学生による性犯罪が17倍も多い」… 

メモ合同結婚式参加者はその後どうなったのか? 


メモ生活保護だけじゃない!在日特権 


メモ弱者で居る方が世論誘導工作と権利要求できる 


メモいわゆる従軍慰安婦は単なる売春婦です 


メモ日本の韓国統治は「優しく公平」by韓国元大統領 


メモ対馬についても対策を 

メモ害国人の被害妄想の例( ゚Д゚)ポカーン 



げっそり在日韓国朝鮮人はこのような過去の歴史を反省しないどころか、歴史を捏造歪曲し、日本人だけが加害者で、自分達だけが「聖なる被害者」であるかのように主張しているのです。 
         「アジアの真実」 
        http://ameblo.jp/lancer1/ 

また、こういう日記を書いただけで「こんな過去のことを恨みつらみ書くなんて性格が歪んでいる」などとメールをよこす日本人がいることにも驚きです。 
しかもそういう人は、同時期に行われた日帝支配の朝鮮人の恨みに関してはやけに同情的で「日本人は反省するべき」と主張しているのです。 
日本では、善意から日韓親善や日朝友好を願っている人々もいるが、それらの人にしても隣国の歴史について無知であるから、善意は衝動的なものであって、それを支える深みが全くなく、自分を満足させるものでしかない。 
日本国民の多くが善意を持って世界を眺めているつもりでも、世界の現実を理解しようとする努力を怠れば、そういうところは机上の空論にすぎなくなる。 
そのために、日本の周辺地域の安定や、日本国民自身の安全をも、きわめて危ういものにしている事実を認識するべきである。