スポンサードリンク

元ニート不細工コミュ障だめ男が政治を語るブログ

日常記事は別ブログで書いています。ここは政治用にしました。

スポンサードリンク

パチンコの辞め方2

スポンサードリンク
★パチンコ依存症になるとどうなるか。 
パチンコを辞められずに重度の依存症になった場合にどのような結果を招くか。 
今パチンコを辞められずにいる人は、「他人事」ではない。 
“明日は我が身”と思って読んでみて頂きたい。 
■「病的賭博」借金の原因/一家心中事件 心病みパチンコ依存に 
今年(2005年)4月、静岡市で起きた借金苦による一家心中事件。 
長女(当時13)を殺害した夫(同56)を絞殺した妻(50)は 
自分も死のうとしたが死にきれず、嘱託殺人の罪で懲役3年の 
有罪判決を受けた。パチンコ通いが借金の原因だった。 
ttp://mytown.asahi.com/shizuoka/news02.asp?kiji=12590 
■95歳と87歳姉妹に架空請求 1000万円被害か 
 軽度の認知症(痴呆症)の疑いがある95歳と87歳の姉妹に架空の下水道 
工事費を請求したとして、神奈川県警横須賀署は14日、詐欺未遂の現行犯で 
横浜市瀬谷区橋戸、無職和田章容疑者(34)を逮捕した。 
 姉妹は2人暮らしで、貸家やアパートを持つ資産家。2人は「複数の業者に 
計約1000万円支払った」と話している。通帳の出金記録によるとこの1年間で 
約500万円が引き出されており、同県警は姉妹が同容疑者以外からも現金を 
だまし取られた可能性があるとみて調べている。 
 和田容疑者は容疑を認め「パチンコで金がなく、約2年前にも下水道工事費として 
姉妹から2万9000円をだまし取った」と供述しているという。 
(共同通信) - 7月14日19時42分更新 
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050714-00000209-kyodo-soci 
■教委課長補佐を逮捕 パチンコ玉盗んだ容疑--佐渡/新潟 2005/06/23 
 佐渡市のパチンコ店でパチンコ玉を盗んだとして、佐渡東署は21日、同市夷、同市教委学校教育課課長補佐、金子羊二容疑者(50)を窃盗の疑いで逮捕した。 
 調べでは、金子被告は1月14日午後11時ごろ、同市加茂歌代のパチンコ店で、遊技中の市内の男性会社員(29)がトイレに行ったすきに、パチンコ台の下に箱に入れて積んでいたパチンコ玉約1800個(5400円相当)を盗んだ疑い。 
金子容疑者は玉を換金して、そのまま逃げたが、防犯カメラの映像などから金子 容疑者が浮上、事情を聴いたところ、容疑を認めた。 
 同市の石瀬佳弘教育長は「事実とすれば極めて遺憾。市民や教育関係者に 
おわびするとともに、厳正な対応を検討したい」とのコメントを出した。 
ttp://www.doblog.com/weblog/myblog/34926/1519715#1519715 
■パチンコ負け「強盗」とウソ 信じた妻が通報 
 15日午後9時半ごろ、青森県藤崎町の無職男性(27)から「帰宅途中に 
後ろの車からパッシングされ、車を降りると、2人組の男にいきなり鈍器で頭を殴られた。財布から現金12万円を奪われた」と110番があった。 
 浪岡署は強盗事件として捜査を始めたが、男性にかすり傷ひとつ見当たら 
なかったことや、被害場所があいまいだったことから追及した結果、男性が 
狂言だったことを認めた。 
 男性はパチンコで負けたのが家族にばれるのを恐れ、妻に「強盗に遭った」と話したところ、警察に通報するはめになったという。同署は軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで男性を書類送検する方針。(2005年09月16日金曜日) 
ttp://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2005/09/20050917t23021.htm 

パチンコでの借金苦で一家心中したり、 
パチンコで金がなくなってお年寄りから金を巻き上げたり、 
教委学校教育課課長補佐などの地位ある人がパチンコ玉を盗んだり、 
パチンコの負けを妻に隠すために珍騒動を巻き起こして送検されたり、と 
パチンコには負の魔力がある。 
その魔力に勝ってパチンコと縁を切ることは、 
自分だけでなく他人のためにもなると認識して頂きたい。


★パチンコを辞めよう ≪まとめ≫ 
パチンコをやらない人にも、ごく一部にパチンコ肯定派がいる。 
彼らは「貧乏人が共産主義に走らないために新興宗教とギャンブルは必要だ」などと資本主義の欠点を拡大解釈してパチンコを擁護する。(多くは富裕層の意見だろう)確かにそんな方便も完全には否定できない。 
だが、これを論ずる者はいつも肝心な部分が抜けている。 
要するにこの論理でいけばパチンコでなくてもいいのだ。 
そのような考え方を持つ人は公営ギャンブルで日本に貢献して頂きたい。 
このサイト以外にも数多く存在する「朝鮮に関するサイト」をよく読んで、 
朝鮮人に金を送ることがいかに日本を不利にしているかを理解するのも 
パチンコを辞めるための一つの契機になるかもしれない。 
群馬県にある某パチンコメーカーの社長は豪邸に住み、自家用ヘリコプターで 
優雅にゴルフに行く。その息子もフェラーリを乗り回している。 
日本国民が働いて稼いだ金はパチンコ台を経由して 
フェラーリのガソリン代になり、車の尻から吐き出されているのである。 

※本人・家族を問わず、“重度のパチンコ依存症”と本気で戦いたいと思う方は日本唯一のギャンブル依存回復施設『ワンデーポート』に相談してみるのも一つの方法。 
 決して自棄になって自殺や犯罪に走ったりしないこと。探せば必ず何か方法があります。 

さて、パチンコも深刻ではあるが、それに輪をかけて深刻なのがサラ金の問題だ。 パチンコと違って気持ちだけでは解決しないのでより根が深い社会問題といえる。 
しかもニュースなどでよく見る通り、 
いわゆる“パチンコ依存症の合併症”によってサラ金の世話になる者も多い。 
これでは朝鮮の思う壺である。 
自分や自分の家族がサラ金に無縁だったとしても、莫大な日本の富が 
どんどん朝鮮人に搾取されているのは由々しき問題であり、看過できない。 
日本人が消費者として朝鮮と対峙する不買運動を行う時、パチンコと同様に 
無視して語ることができない「朝鮮にとってのオイシイ財源」が、サラ金なのである。

★サラ金と縁を切れ 
 「サラ金で金を借りるような奴はだらしない奴だ!」 
 「返済に困ろうが貧窮しようが自業自得だ!」 
 「借りるなら日本の銀行系消費者金融から借りればいいじゃないか!」 
このような意見は一面においては確かに正しい部分もある。 
だが、その言葉だけでは誰も救われず、何も解決しない。 
ここで改めて挙げるまでもなく「サラ金により不幸になった事例」は 
数多く報道されているので、恐らくはサラ金利用者たち自身も 
それらの恐ろしさを見聞きして知っているはずだ。 
借りたくて借りた人ばかりではないだろう。 
事故などで止むに止まれず借りた者もいるだろう。 
銀行系から借りられない事情がある者もいるのだろう。 
だが、様々な経緯があっても「サラ金の借金を返すために別のサラ金から借りる」 
などという絵に描いたような悪循環に陥る日本人が、現実のものとして 
ここ何年もの間、加速するように増加し続けているのは紛れも無い事実なのである。 
では、サラ金が恐いと知っていながら 
たくさんの人たちが“なぜ”そこまで酷い状況になってしまうのか。 
その答えの一つは、 
 「多くのサラ金業者が法律に違反した金利で貸しているから」 である。 
(この事実が「なぜあまり知られていないか」はもう説明不要だと思われるので省略する) 
まず、テレビCMでよくみかける有名なサラ金(武富士やアイフルなど)の場合、どこの業者でもおおよそ26~27%くらい(またはそれ以上)の金利をとって儲けている。(※詳しくは後述する) 
だが、日本の『利息制限法』における利率は、 
元本が10万円以上100万円未満の場合、「年率18%以下」と定められており、 
「それを超えて支払った部分は無効」だと定めている。(同法1条1項) 
(同様に10万円未満は20%以下、100万円以上は15%以下と定められている) 
つまり、“法律に反した商売”が堂々と行われているのである。 
では、“なぜ”そんな行為がまかり通るか。 
それは『罰則がないから』である。 
もちろん、利息制限法とは別に『出資法』という法律には罰則規定があるのだが、そこには、年29.2%を超える貸付を業として行った場合には3年以下の懲役、 
もしくは300万円以下の罰金に処す、と定められているだけなのである。 
つまり、このような形である。 

    0% 
     ↓ 
    合法 
     ↓ 
 15%~20% 
     ↓ 
  利息制限法違反(罰則なし) 
     ↓ 
   29.2% 
     ↓ 
   出資法違反(罰則あり)
それゆえ、サラ金業者は「利息制限法」に違反するが、「出資法」には反しない(処罰されない)という金利(これをグレーゾーン金利という)で 
図々しく商売をしているのである。 
サラ金業者は、利用者に「利息制限法に定める超過部分は無効であること」を 
認めさせられない限りは違法金利をそのまま儲けにできるのである。 
さて、この法律的にも灰色の商売をみて 
“パチンコの時のケースて似ている”と感じないだろうか。 
 「ギャンブルを禁止する法律」があってもパチンコは堂々と繁盛し、大儲け。 
 「違法金利を禁止する法律」があってもサラ金は堂々と暴利を取り、大儲け。 
日本の法律は誰のためのものなのか疑いたくなるありさまである。 
朝鮮人が日本の国政に食い込むことを許容することは、 
これらの「世の中に潜む理不尽」を放置することに他ならないのである。 
では、どのようにすれば日本の富を朝鮮から守れるか。 
サラ金の場合は「返済が長引くこと」が業者にとっての利益になるので、 
『 短期間で完済 』して『 二度と借りないこと 』が不買運動と同等の効果を生む。 
漫然と返済するよりも早い期間で解決するヒントになることを期待して 
その方法をいくつかみてみよう。 

★収入を増やせなくても解決に近づける2つの方法 
まず収入を今より増やす方法がある人は、それそのものが借金から脱出する 
最も単純な近道である。よってここではそれ以外の方法を紹介する。 
そもそもサラ金問題の場合、パチンコ依存症と大きく違うのは 
ほとんどの者が好き好んでその状態に身を置いているわけではないから 
“本人自身が解決に向けて積極的に行動できる”という部分だろう。 
その意味でサラ金問題の解決への過程はシンプルなものになる。 
気持ちの問題ではなく、行動するかしないかの違いでしかない。 
ここで紹介する2つの方法とは『法的な手続きによる債務整理』と 
『法的手段を使わずに元本返済率を高める効率のよい返済法』である。 
(※現時点での当サイトの内容が最新・正確であるとは限らないので 
  実行は「自己責任で最新の情報を自ら確認して」行うこと。) 

■法的な手続きによる債務整理 
まず、法的手段からみてみよう。 
これはすでに多重債務者になっている場合の選択肢のひとつである。 
債務整理には大まかにわけて4つの道がある。 
1.自己破産 
 最もその名が知られる債務整理方法。 
 簡単にいえば、支払い不能の状態の者に立ち直るチャンスを与えるために 
 政府が作った制度。もっと極端に簡単にいえば「借金を全て帳消しにする 
 手続き」のことである。処分可能な財産がない場合に適している。 
2.任意整理 
 簡単にいえば、弁護士、行政書士、司法書士などの専門家が借金のある人と 
 サラ金会社の間に入って話し合い、法定利息を超えて支払った利息を元金から差し引いて、その残りを利息なしで返済するという方法。もっと極端に簡単にいうならば「借金をまけてもらう手続き」のこと。借り入れから長期間ずっと利息を払い続けている場合には特に有効な手段である。 
3.特定調停 
 簡単にいえば、上記の任意整理を裁判所の調停委員が間に入って行うもの。 
 自己破産と違って特定のサラ金会社のみを選択して整理することができる上に財産を処分する必要がないのでケースに応じて柔軟に対応できる自由度の高い方法といえるだろう。債務の総額がそれほど大きくない場合に有効。 
4.小規模個人再生(民事再生) 
 簡単にいえば、住宅ローンを返済しながら他の借金を大幅に圧縮する方法。 
 自己破産のように借金がなくなるわけではないが、マイホームなどの財産を 
 手放さずに他の借金を減額できる。ただし、他の債務整理よりも手続きが 
 複雑で期間もかかるため、住宅ローンがある場合に有効な場合が多い。 

いずれの選択肢も「借金そのものを法的手段で減額する」というものである。 
特定調停や任意整理は、たとえば100万しか借りてないのに返済が長引いた 
ことにより利息の支払いで元本が100万のまま減らずに、法定利息よりも 
80万余分に支払っている場合には、元本から法定利息超過分を差し引いて、 
残りの20万を無利息で返済することで決着させるという交渉をプロに任せる、という方法である。(※もちろん自分で交渉することも可能だがお薦めしない) 
自己破産によりサラ金と決別する者は1年間に約25万人に及ぶという。 
延々と支払い続けることで日本の将来を危うくするくらいなら 
思い切って専門家に相談して解決するというのも方法の一つなのである。  

 
なぜ韓国はパチンコを全廃できたのか