ナポレオンヒルを読んだ だめ男の日記

不細工ニートだめ男が成長を目指すブログ。

パチンコの辞め方

わたくしだめ男は、だめと名前につくもののギャンブル、酒、タバコをしない。特にパチンコについては嫌悪感を持つほど嫌いである。
こういったお金が動くものをすると時には、頭の片隅に自分が経営者だったらどうだろかなどと考える。
儲かる話し、ビジネス系の話しは数あれど、どうやって儲かってるのか?を少しでも考える事が出来ると、こういった世界には用意に飛びつかなくなる。
また、逆に信頼出来る商売も少しはわかるようになってくる。
私のようなだめ男の考えなので深く考えているわけでもないが、パチンコはビジネス体系としてわかりやすいほどカモれる商売。
出て行く金より入る金が多いから商売が成り立つ。

金儲けを考えるならパチンコはせず他で頑張るべき。


以下、パチンコの辞め方についての記述である。

在日朝鮮人たちの収入源の中でも“2本柱”ともいえる。

『パチンコ』と『サラ金』の不買運動というのはどうしたらいいのか。 
 「パチンコなんかやらなければいい!」 
 「サラ金なんかで金を借りなければいい!」 
正しい。 正しいが、これでは解決しない。 
これはパチンコやサラ金に無縁な人の目線でしか観ていないからである。 
これを読んでいる方が今後もパチンコをないことはそれはそれで素晴らしい。 
だが、本人以外にパチンコやサラ金を利用する知り合い等を辞めさせられなければ 積極的な意味での経済制裁効果はゼロである。 
つまり、「やらない人が、今後もやらない」というのは “制裁には”ならないという意味である。 
日本人ができる朝鮮への対抗策を語るのにパチンコとサラ金の話は避けて通れないので 
『 パチンコを辞めたくなる情報/辞めやすくする知識 』や、 
サラ金の借金を収入を増やさずに早く返せる2つの方法 』などを 
順番にひとつずつ検討してみよう。 
身近にパチンコ・サラ金に手をつけている、または手をつけそうな知人がいたら ぜひ一緒に対策することで朝鮮人が日本に寄生する“旨味”を減少させて頂きたい。 

★パチンコと縁を切れ  
ギャンブル依存症」という言葉がある。 
これはパチンコ(ギャンブル)を辞められない人を揶揄する言葉ではない。 
ギャンブル依存症とは、WHO世界保健機関の国際疾病分類(ICD-10)でも「習慣および衝動の障害」に分類され、病的賭博(Pathological gambling)として広義では疾病の一種とされるものである。 
当然、専門の医療機関においては投薬による治療や精神療法による治療、 
ネットワークセラピーなども行われている。 
だが現実には、依存症とされないまでも、軽度の依存症や重度のパチンコ愛好家などは多数存在し、パチンコというものが常習すると辞めるのが 困難なことが多いとは知られていながら、あまり抑制する動きがないのが実情である。 
その昔、“パチンコ屋の換金所を襲った強盗がその金を持って別のパチンコ屋で玉をはじいていた”などというジョークのような事件が実際にあったという。(犯人は重度のパチンコ依存症の中年女性。もちろん逮捕された) 
とにかくパチンコをしない者が思うほどパチンコ依存症というものは甘くないのである。 
では、いかにしてパチンコと縁を切るか。 
とりあえずよく耳にする対策法をいくつか挙げてみよう。 
◆パチンコに関する記録をつける方法 
自分がいかに負けているか(具体的に“いくら”負けているか)を確認することで 辞める決心を明確にするというもの。自分の状態を認識することはどんなタイプの 依存症の場合でも絶対に必要なことである。これで実際に辞めた者の報告は多い。 
逆にパチンコを辞められない者には収支を「把握していない」ケースが多い。 
また、効果的な方法として、使った金額と一緒に「プレイ時間」をメモすることである。 
最近のパチンコやパチスロは1万円が2~30分程度で消えるため、メモを見返せばどれだけ短時間で結構な額を失ったかを自覚することができる。 
だが、これは重度の依存症の場合は効果が無いことがある。 
なぜなら重症者は「収支がプラスになったら辞めよう」などと甘いことを考えていて、実際に収支がプラスになっても「調子がいいからもう少し続けよう」と考えることが多いとされているからである。これには『“なぜ”パチンコに勝てないか』を はっきりと認識して自制する根拠を頭の片隅に置いておく必要がある。(※後述する) 
◆パチンコ店との関係を“環境や条件”から先に変える方法 
具体的には「ダイレクトメールを受信拒否する」「会員カードを作らない」 
「会員カードを既に作っている場合はカードだけ先に捨てる」などの 
物理的な条件から先に変える行動で大きな実効性が期待できる。 
ちなみに「パチンコ店から遠い所に引っ越したら辞められた」という者もあるという。 
ただ、パチンコのない地域はほとんど無いので現実的ではないので、 
移転する代わりに「帰宅する道順を変える」「余暇で習い事をする」なども方法の一つだろう。 
◆気持ちの置き方に変化をつける方法 
ある者は「ドラクエなどのRPGにはまったらパチンコ屋から足が遠のいた」という。 
また、「自己宣言」するという方法もある。人は自分で決めた事を変更するのを嫌う心理があるので、パチンコを辞める宣言を自分でしてからパチンコを打ってしまった時にかなり自分を責めることになる。パチンコをやらない時間が続けば次第にパチンコへの執着が薄れてくるという方法である。 
これに類似した方法で、「パチンコを辞めたがっている人と一緒に辞めることを誓う」というのもある。ネットでそのような掲示板などを見つけて毎日書き込んで互いに励ましあいながら意志が揺るがないようにするという方法である。 


文字数の関係で
続きはこちら

在日が役所を襲撃して金をせびった事件http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33531813.html

大量の移民を受け入れたスウェーデンの惨状http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33528312.html

日本でも暴動や略奪が起きる日http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33527154.html

国会議員民度の表れ 山本を当選させた国民にも責任がある。http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33683627.html
クリックして頂けると喜びます。


成功哲学 ブログランキングへ

広告を非表示にする