スポンサードリンク

元ニート不細工コミュ障だめ男が政治を語るブログ

日常記事は別ブログで書いています。ここは政治用にしました。

スポンサードリンク

無防備宣言都市が攻撃された事実。黙って殺されちゃえばいい

スポンサードリンク

わーい(嬉しい顔)「北朝鮮ミサイル、間近に落ちた方が日本人の目が覚める」と石原都知事が言いました。
私は意図がよくわかります。
なぜなら憲法9条支持者は、自国を守ることにはあまり関心がないからです。
「北朝鮮は日本を侵略しないから防衛する必要も無い」
「軌道がずれて日本本土に落ちる可能性は殆どない」で思考停止していて、
まったく危機管理意識がありません。
その上、北朝鮮を非難せずに、「外交努力が足りない」「対話で解決しろ」「右翼みたいなのが存在して敵視するから攻撃されるんだ」等と日本政府や日本人を非難しているのです。

ボケーっとした顔 9条信者による驚きの発言内容はこちら…↓

チューリップ「見事に成功したら 「ナイスショット!」と言ってあげましょう 」

チューリップ「<北の脅威>は幻想で 日米軍産共同体の利益誘導でしかない」

チューリップ「憲法改悪をもくろんでいるのです 」

チューリップ「「9条の精神」とはそういうことでしょ?
僕は覚悟してますよ。 襟首掴まれて、頭突きかまされて、
腹に膝入れられて、壁に押し付けられても、
僕は、鼻血流しながら、へらへら笑いながらこう言いますよ。
「まあまあまあ、飯でも食いながらゆっくり話そうよ。」
ドスであろうが、ピストルであろうが、戦車であろうが、ミサイルであろうが、 丸腰で両手を広げて抱きしめる。 それが「9条の精神」でしょうが?
そんじゃそこらの「腰抜け平和主義」と一緒にされちゃ困るのよ。
WBCやら(笑)、ミサイルやら、 しょうもないもんに浮き足立ってないで、
今夜の夕食のことでも考えようぜ!!!」

チューリップ「そもそも、僕の中では「9条」とは「非武装中立」です。
自衛隊などいらないという考えです。
もっというと、人の中に人を殺したい本能があるのなら、
それはもう「殺すな!」とは言えないと思うし、
僕は殺人も、窃盗も裁く気も罰する気もありません。
通り魔に殺されるのとかも、別に嫌でもなければ怖くもありません。
何故なら、人が生まれた目的は死ぬためだからです。
それよりも、自分の安全を守るために、
疑わしいものや、好ましくないものを、事前に排除しようと言う考えが、
どうも好きじゃありません。
だから、正当防衛や緊急避難ていう法律も嫌いだし。
誰かの死を待つ「臓器移植」も嫌悪します。
ただ、嫌なのは、死刑や戦争のように、
国やシステムによって命をコントロールされることです。
サバンナに生きる草食動物が、肉食動物の襲来を受け入れるように、
僕は殺人者の存在は大して恐れてません。
ただ、草食動物が環境破壊には納得がいかないように、
戦争や死刑が納得いかないだけです。
サバンナに法律はありません。
しかし、食物連鎖の他には、
殺戮や、ましてや同種間の殺し合いなど皆無なのではないでしょうか?
人類って進歩したんじゃないの?
殺すのも奪うのも自由。 だけどそれを誰もしない世界。
それが僕の理想の世界です。
誰でも刺しに来て下さい。笑って刺されましょう。 」

チューリップ「同胞であろうと、家族であろうと、
殺されたら泣きますが、 殺した相手も抱きしめたい。 それだけです。
あったことのない何処かの国の人殺しも、 僕の家族も、命の価値はまったく一緒です。 殺されても殺さない。 それだけです。」

チューリップ「100万人殺されても、一人も殺さない。」

チューリップ「戦争出来るための準備なのが見え見えでしょ?
迎撃して落ちた破片で人が死ぬ可能性だってある。
逆に言うと、 今回のミサイル(衛星だと言ってますし)が、日本に落ちる可能性は、 完璧に0%なわけですよね。
何故、そんなものに一発何十億もするミサイルを撃たなきゃならんの?
いいですか、僕が今回書いてるのは、 「護憲派」の人達に、
「9条」を支持するなら、何があっても武力による抵抗をしないという、
覚悟を持って、ガタガタせずにどんと構えましょう! って言ってるのです。」

チューリップ「北朝鮮は「北朝鮮はここにいるよ。みんなー忘れやんといてー。」
て、言ってるように思います。 」

チューリップ「僕は先日あるセミナーで
「世界が平和になり、環境問題も含めて色々な問題が解決に向かう」
おまじないを教えて頂きました。
とても簡単な事です。子供でも出来る。僕は泣きました。 」



ボケーっとした顔…脳内お花畑が咲き乱れて倒錯してます。ほとんど宗教です。


チューリップ「北朝鮮にだって衛星を打ち上げる権利がある」
by朝鮮祖国平和統一委員会の報道官

ボケーっとした顔衛星だと偽って、実は中東へ兵器を売るためのデモンストレーションだという意見も聞きました。だから撃ち落とされると北朝鮮は兵器が売れなくなり困るとか。


チューリップ「北朝鮮の人工衛星の打ち上げは、9月から開催される最高人民会議への祝賀であり、国威発揚を目的としたものなのだから静かに見守ろう」
by野中弘務・元官房長官

ボケーっとした顔議員の癖に国を守る気概は全くないようです。
そんな事より「アジアに残している戦後処理案件を解決したい」と日本の戦争責任を追求したがっている様子(3月25日、日朝友好京都ネット)


チューリップ「自衛隊なんかいらない、どこかが攻めてきたら、黙って殺されちゃえばいい」by森本卓郎

ボケーっとした顔殺されれば同情されて国際社会から助けてもらえるとでも?
自分を守る気概がなかったよねと諭されるんじゃないでしょうか?
さらに彼は「日本が戦争になったらアメリカに逃げる」と発言してます。


チューリップ「日本人は殺されても殺さない覚悟を持て」by辛淑玉
ボケーっとした顔要するに見殺しです。

パソコン国防なんて日本には不要座談会←日本を滅ぼしたいんですか?
http://www.youtube.com/watch?v=2HahQT74WMg



わーい(嬉しい顔)彼女らは「殺されても殺さないという徹底した意思表示とその覚悟がないと平和を守れない」
「絶対に暴力を振るいませんと宣言すれば、攻撃されない」
「自衛権も放棄するべき」
と主張します。
攻撃されたとしても「右翼が日本にいるせいで」「平和を訴える力が弱かった」とか日本のせいにしそう…。
あんたらの考えでいくと平和主義者は滅亡するしかないということだよ!!
チベットがその例でしょう。
世界には話し合いの通じない人達がいるのです。
「異教徒は皆殺しにしろ」「神の下へ行けるから戦争になってほしい」と本気で信じている人達もいるのです。
「言う事聞かないと爆弾落とすぞ」という相手に「言う事聞かないと話し合いするぞ」と対抗すれば、負けるのは後者です。
チンピラ相手に話し合いが成り立つわけがないのです。

「暴力はいけない。私は暴力はふるわない平和主義者です」
そう言う人は、実際暴力をふるってくる人がいたら、どうするの?
以前、電車の中で繰り返し強姦してやっと捕まった暴力団風の男がいた。
ずいぶん多くの乗客が見て見ぬフリをしてきたということだ。
偽平和主義者とは見て見ぬフリをする卑怯な人達なのです。

チューリップ「社民・福島氏、北ミサイル迎撃批判を延々と 野党席からも失笑 」
3月26日18時55分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000562-san-pol
 社民党の福島瑞穂党首は26日の参院予算委員会で、北朝鮮の弾道ミサイルが日本領内に落下した場合、迎撃する日本政府の方針について、「迎撃ミサイルが目標に当たったら残骸(ざんがい)が落ちる。当たらなくともミサイルは向こう(国外)へ行ってしまう。国内外の市民に被害はないといえるのか」と激しい批判を展開した。
 中曽根弘文外相は「わが国民の生命財産に被害が及ぶ恐れがあるならば迎撃は当然だ」と答弁。浜田靖一防衛相も「そのまま落ちてきた方が被害は大きい。宇宙空間で当たれば燃え尽きてほとんど落ちてこない。まず破壊することで規模を小さくするのが重要だ」と強調し、理解を求めた。
 しかし、福島氏は、「当たらない場合は国益を侵害し、当たった場合でも単なる人工衛星だったらどうなるのか」などと迎撃批判を延々と続け、野党席からも失笑が漏れた。

チューリップミサイル破壊命令を批判 志位共産党委員長 
2009/03/26 17:15
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/235828/
共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で、北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するため自衛隊に破壊措置命令を出す政府方針について「発射自制を強く求める外交努力をやらないまま軍事で身構えるのは、外交的解決を台無しにする」と批判した。
与党が発射の自制を求める国会決議の採択を目指していることには「文案をよく見て検討したい」と述べるにとどめた。



ボケーっとした顔ところで「発射自制を強く求める外交努力」って具体的に何?
この人らは北朝鮮に対する働きかけを何かしたのか??

「無防備マンが行く!」というトンデモ漫画があります。
1
この漫画の主張はこうです。
・現在の自衛隊は憲法9条に反する存在なので軍事機能をなくすべきである。
・無防備宣言された地域と軍備のある地域では後者の方が攻撃されやすい。
・無防備を宣言すれば、安全である 。

本当にそうなのでしょうか?
実際、外国軍に侵略されてしまえば、住民の安全は保障されません。

以下のような藤沢市の平和無防備条例なんて世界に対してなんの信用も効力もないんです。
無防備都市というのは、有事の時に自衛隊を入れさせないということです。
自分達を守ることを放棄すると宣言しているのです。
1
上記のモノクロ写真は、無防備都市宣言を出していたにもかかわらず爆撃され3万人の犠牲者を出した都市です。
このように、軍備を持っているかどうかではなくて、戦略的に重要な地域であれば敵の軍隊に攻撃されるんです。
反撃されない所と、反撃される所があれば、反撃されない場所をまず始めに攻撃するのは当たり前じゃないですか。
「うちの家は鍵をかけてません」と宣言すれば泥棒に入られるのは当然です。
1
無防備であれば攻撃されないというのは妄想です 。
命の大切さや平和を願うだけでは、自分の身を守ることはできません。
以下は、平和憲法さえあれば戦争は回避できると信じ込んでいる平和ボケ日本人を憂う、良心的台湾人のお言葉です。

台湾人医師の直言      (転送転載自由) 林 建良

第2章 台湾から見た日本および日本人  
   争いを避けたがる日本人に平和は守れない
6、博学にして無知な日本人

●被害者に命の尊さを説教する?

 日本に来て一番感心したのは、日本人の知識の高さであり豊かさである。日本の一般庶民が、台湾の庶民に比べて豊富な知識を持っていることに驚かされた。ごく普通のおじさんやおばさんでもかなりの教養を持っていて、文化、芸術、文学など、いろいろなことについて知っている人が少なくない。
 私は栃木県の片田舎で生活しているので、まわりには農家の人が多い。そこには俳句や短歌を作っているおじいちゃんやおばあちゃんたちがいて、彼らはよくその作品を私に見せてくれる。なかには、絵を描いているお年寄りもいて、その絵をもらったりもする。話をしてみると、国の経済状況にしろ社会状況にしろ、それなりの知識を持っていて、私の知らない話をよく聞かせてくれる。
 日本に来る前から、日本人は本を読むのが大好きだと聞いていた。実際、日本に来て本屋をのぞいてみると、思っていた以上に出版されている数が多いのに驚かされた。あらゆる分野を網羅し、手に入らないものはないのではないかと思い、日本人は出版物には恵まれていると感心した。
 おそらく日本人は、世界のどの民族と比べても知識の点では最高水準にあるのではないかと思われる。しかし、なぜか非常に幼稚とも見えるところがある。無知に近い、あるいは無知と言っていいような現象を見聞きすることが多い。

 私がよく予防注射に行く栃木県今市市(現日光市)内の小学校で、一年生の女の子が殺害されるという事件が起こった。何とも酷い事件である。
 このような事件が起こると、学校では決まって全校集会を開き、子供たちに命の尊さを説教する。しかし、これは異様な光景だ。被害者になっていたかもしれない子供たちに、命の尊さを説教するということにどういう意味があるのだろう。子供たちに命の尊さを説教するのは滑稽としか言いようがない。命の尊さを説教するなら、犯人にすべきなのである。子供たちに教えるのは、いかに自分の身の安全を守るか、それだけだ。

●人間の善の面ばかりを強調しすぎる日本の教育

 日本の戦後教育を見ていると、人間の善の面ばかりを強調して、悪の部分には触れたがらない傾向が強い。まるで童話の世界を見ているようだ。しかも、それは幼い者に対するほど顕著で、制約を極力なくして、本能的な部分を尊重しているようだ。かつて小児科も担当していた私から見れば、これは子供の動物的部分を放置するようなもので、教育の放棄でしかない。

 たとえば、個性の尊重を強調する。しかし、人間はそもそも自己中心的なので、教えずとも本能として個性を発揮する。学校教育というのは、自分の個性だけではなく他人の個性を尊重し、社会のルールを守ることを教える場だ。それを、個性や自由といった本能に類することを教えるというのだから、これが学校教育と言えるのかどうかはなはだ疑問だ。

 また、幻の平和と反戦を吹聴する一方で、正義感と冒険心を意図的に子供たちから取り除こうとしている。そして、決まって命の尊さを説教する。子供の悪に相当する動物的部分を放置しながら、正義感と冒険心を抹消しようとするこのような日本の学校教育は、偽善的で偏っているとしか言いようがない。

 そもそも、子供が善の存在だというのは幻想にすぎない。子供にも悪の部分はある。だからこそ躾が必要なのであり、さらにこの世には善もあれば悪もあるという現実を子供に教えるべきなのである。悪の存在を教えないような教育であれば、当然ながら悪に向かっていく正義感も育たない。また、我が身を守る心構えも育たないのである。

 このような教育はつまるところ、子供に迎合して教育しているのである。知恵のある者が知恵のない者に合わせて教育しているということである。こういう教育の現状を見てしまうと、これは無知に基づいてやっているとしか思えないのである。

 私は地域診療のかたわら、地元の小学校と中学校の学校医も務めている。日本の教育は子供に媚びる傾向が異様に強いように感じている。

 子供を無垢で善な存在と考え、それに基づいておこなわれる個性尊重の教育は、結局、教育現場の崩壊をもたらしているが、これは教育責任の放棄以外のなにものでもない。なぜなら、それは人間は本来、善と悪を兼ね備えている存在であることを無視しておこなっている教育だからである。結果として、人間の悪の部分を矯正することを放棄し、善を伸ばすこともできないのだ。

 子供を善の存在とする教育思想は、子供の悪の部分を放置して助長してしまう。実際、私の診療室に、親に対して命令形で話をしたり、バカと怒鳴りつけたりする子供を多く見かける。このような子供たちがどのような大人になるのかは、成人式での新成人の悪ふざけを見れば想像がつく。

 なぜ賢いはずの日本の大人はわからないのか、台湾人の私は理解に苦しむ。いや、わからないはずがない。戦前の日本人は子供に媚びるような真似はしなかったという。しかし、現代の親や教師にとっては、個性の尊重を楯に、子供に媚びる方が楽だからだろう。

●知識やデータは蓄積できても、発言は許されない?

 ところで、国家レベルから見れば、日本はありとあらゆる世界情勢に関するデータを持っている。日本の繁栄はこれらのデータによるところが少なくない。

 先にも触れたように、二〇〇五年一二月八日、民主党の前原誠司代表(当時)がアメリカで中国の軍備増強について脅威だと発言したことがあった。当たり前のことを指摘したにもかかわらず、民主党内からは鳩山由紀夫幹事長をはじめ前原発言を非難する声が相次いだ。

 一二月二二日、今度は麻生太郎外務大臣が閣議後の記者会見で、中国の軍備増強について「軍事費が一七年間、一〇パーセント以上伸びている。その内容はきわめて不透明だ。かなり脅威になりつつある。前原氏の『脅威、不安をあおっている』という言い分は確かだ」と発言したところ、山崎拓元自民党幹事長が「脅威と言ってしまうと、対処しなければならなくなる」と批判した。

 もちろん中国は、前原発言にも麻生発言にも、根拠のない中国脅威論であり、「中国の発展が、日本を含むアジア各国に大きな発展のチャンスをもたらすなど、地域や世界の平和に貢献してきた」と、中国の軍備増強は日本の発展にも貢献したと嘯いて反発した。

 この前原代表や麻生外相のケースに現れているように、日本では、いろいろなデータをそろえ、いろいろな知識を蓄積することは許されているが、その知識やデータに基づいて発言することや行動を起こすことは許されていないようだ。つまり日本では、研究するのはいいが、行動を起こしてはいけないことになっているようなのである。

 世界では殺人、戦争、権謀術数、裏切り、闘争、資源の争奪などさまざまなことが起こっている。しかし日本では、このようなことは映画やドラマの世界の出来事と片づけ、まるで存在しないかのように考えて「臭いものにフタ」をしているように思われる。日本人を見ていると、そのようなことが世界で起こっているとは考えたくもないというふうだ。

 これは、ある外交官から聞いた話である。

 外国人新聞記者が外務省の高官に「もし万が一、台湾と中国が戦争になったら、日本の外務省はどのような対策をとるのか?」と質問した。これはきわめて現実性の高い想定で、当然、対策はあるものと思って聞いたのだそうだ。すると高官は「われわれはそのような事態を発生させないように努めている」とだけ答えたという。

 それだけだったので、その記者はもう一度「もし発生したらどうするのか?」と聞き直した。すると高官は「われわれはそのようなことは考えたくない」と答えたというのである。

 確かに、外交官としては事態が発生する前にその芽を摘み取っておくのが役目と考えての発言だったのかもしれない。もちろん、それが外交官としての役割なのだから理解できなくもない。しかし、「考えたくない」とはどういうことだろう。発言の影響力を考えて「仮定の話には答えられない」と言うのならまだわかる。しかし、外交の最先端にいる外交官が考えなくて誰が考えるというのだ。

 実はここに今の日本が透けて見えるのである。日本人には、世界で現実に起こっている戦争も殺人も暴動も略奪も「考えたくない」対象であって、映画やドラマという虚構の世界に押し込めてしまいたいのであろう。

●戦争の想定すらできない日本人

 では、日本人は軍事学や世界情勢について無知であるかというと、決してそうではない。私が知っている自衛官にしても軍事マニアにしても、恐ろしいほどの軍事知識を持ち、世界情勢の分析も的確で、私はいつも感心しながら拝聴している。しかし、この知識を行動としてどのように活用するかについてはほとんど考えていないようだ。

 たとえば、中国と日本の兵器などの戦力をよく知っている日本人に、「万が一、中国と日本が戦うときはどうするのか?」と問うと、途端に口が重くなって、まるで貝のように口をつぐんでしまうのだ。

 このように、知識に基づいて事態を分析・予測して行動に移すということが日本ではタブーとなっている。そこで思考を停止してしまうのである。それゆえ、起こっていても、見て見ぬふりをし、起こりうると予測される事態であっても、非現実として考えないようにしているのが今の日本だと言ってもあながち間違いではあるまい。

 それが冒頭に述べたような教育にも現れ、殺人事件があるたびに、学校は身を守るための行動については教えず、命の尊さを説教するだけに終始してしまうのである。また、自国の将来に関わる防衛をどうするかという問題では、戦争の想定すらできない日本人が増えつつあるのである。

 おそらく大方の日本人は、日本が核兵器の脅威にさらされたとしても、かたくなに「非核三原則」を守るつもりなのかもしれない。しかし、前原誠司氏も指摘したように、すでに中国の核ミサイルは日本に向けて配備されているのである。これも「非現実」の事態だというのだろうか。

●いつまでも学生気分に浸っている日本人

 日本に長くいればいるほど、日本人全員がずっと学生でいるのではないかという感じが強くなってきている。日本人全員が毎日、一所懸命に勉強しながら学校生活を送っているような思いにとらわれるのである。学校のキャンパスにいれば、学内で多少のいざこざがあっても、学外で起こっている陰謀や殺人や戦争からは保護され、仲間や先生に認められればそれでよしとして満足しているのである。

 その点で、今の日本人は殺害された小学校一年生の女の子のようにも思えてくる。学校では一所懸命に勉強しているが、自分をどう守るのかを学校では教えてくれないし、自分もその術を身につけていない。学校のなかなら先生や仲間に守られているが、一歩、学校から出れば守ってくれる人はいない。

 今の日本はアメリカに守られているが、アメリカが手を引いてしまえば、学校から一歩出た女の子と同じような立場に立つ。しかし、日本はどのようにしたら自立できるのかといった議論は、すぐに封じられてしまう。実行はおろか議論さえもまともにできない国なのだ。

 日本をどう守るか、日本の置かれている状態はどうなのかなどについて、日本人はよく知っている。しかし、有事の際はどうするのか、どのように対処するのか、そのようなことについては立ち上がろうとしない。日本が集団的自衛権を実行できないでいるのも、これが原因していると言ってよい。

 日本人は知識を持っている。しかし、学校で学んだ知識のように実際には役に立たない知識かもしれないし、そうでなかったとしても、使おうとしない知識であれば、いくら博学でも無知に等しいのである。



スイスは周辺各国とうまくやっているのに、個人レベルまで徹底して自国を守る意識が高いのです。
平和を守るってこういうことでしょ。

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる


スイス政府自らが編集し、全スイス国民に配布したそうです。
「これは戦争準備の本だ!」などとバカなことを言う人はスイスにいません。
現在の日本は平和でしょうか?
たしかに武力を伴った戦争はしていません。だからといって平和ということではないようです。
武力による攻撃がなくても、他国から攻撃され侵略されてしまうことがあるのです。経済戦、情報戦、心理戦など…。
その場合、多くの日本国民は攻撃されていることに気付きません。
スイスはそこまでちゃんと想定しています。